見えないけど見られている男性の背中毛の処理

あなたは背中を鏡で確かめることなどはあるでしょうか。背中という部分は自分で見る機会はなかなかないかもしれません。よって、あまりムダ毛などについては気にする人も多くないのかもしれません。

しかし、自分には見えにくい部分もケアをきちんとしなければ、周囲には少々清潔感に欠けると思われてしまうこともないとは言い切れません。見えない部分にも気を配ることこそ、男性の身だしなみなのです。

背中の毛はなぜ生える?

最初に、背中に毛が生えてしまう原因について探ってみましょう。まずは保護機能のためと言う点が考えられます。背中の毛というのは、皮膚や血管を守ることで、風や紫外線などといった外からの刺激を防いでくれています。人の毛は細くて産毛のようになっているものですが、そうした保護機能があることで、刺激のある箇所は摩擦により毛が濃くなってしまうことがあるのです。

また、背中の毛には保温や断熱といった温度を調節してくれる機能も持ち合わせています。この温度調節機能が十分に働かないことで、毛が増加してしまうことがあります。それに、背中の毛が何かの触れることで、状況を把握し筋肉より脳へ信号が送られるのです。僅かに変わったことさえも触れることで感じ取るという機能も持っているということです。

背中の毛をレーザー脱毛で処理

背中を脱毛するなら脱毛サロンの光脱毛もありますが、クリニックで医療レーザー脱毛を受けることも一案です。レーザー脱毛機には、濃い毛に反応を示すものと薄い毛に効果がある種類があることをご存知でしょうか。

アレキサンドライトレーザーでは、背中の毛が濃い人向けとなっていて、産毛には効果が期待できない可能性があります。ダイオードレーザーの場合には、背中の毛が濃い人に適していますが、通常の濃さのケースでも問題ないでしょう。産毛に効果が得られるものの、多少時間を要してしまうのはヤグレーザーです。そういったことから、もし毛が濃い場合にはより時間がかかってしまうことが考えられます。この様に、背中の毛がどの程度の濃さであるかによって、合うレーザー脱毛の機器も変わってくるということです。

また、医療レーザー脱毛はフラッシュ脱毛に比べて出力が高いことから、背中脱毛に適している点がメリットです。脱毛サロン等でフラッシュ脱毛を受けるとしたら、医療レーザー脱毛よりも多くの期間がかかってしまいます。それは、1回での施術の効果が医療レーザー脱毛の方が高いからという点が挙げられます。

背中の脱毛は、この頃20代から30代ほどの男性に特に認知度を上げてきています。一気に広範囲の施術ができることから、施術に必要な時間は1回で30分程度となっていますし、お仕事が終わってからでも通うことができる点が便利です。 医療レーザー脱毛を受けることで、普段自分ではなかなか気づくことのない背中の身だしなみにも自信を持つことができるようになります。身体の毛の中でも、髭などであれば鏡でも見やすいので気を使うことも容易かと思いますが、背中は自分で見ることが難しいこともあり、いつの間にか他の人に不快な思いを抱かせているかもしれません。

ジムなどで背中が見えることもあるでしょうし、夏場にはYシャツを直接着たとしたら、背中に毛が透けてしまっているということもないとは言い切れないでしょう。そういった事の対策のためにも、男性も見えない背中までもきちんと身だしなみを整えることが大事なのです。

背中の医療レーザー脱毛を受けると、抜かりなく気を配ることで清潔感を周囲に与えることができるのではないでしょうか。医療レーザー脱毛以外でも産毛処理に適した高周波脱毛機があります。フォトRFというもので、色素が薄い産毛にも効果が得られるでしょう。真皮層にまでエネルギーを届けることができますし、ダメージも少なく肌に優しいという点が特徴です。ご参考にされることも一案です。

レーザー脱毛の注意点は?

では、背中の毛を医療レーザー脱毛を受ける際の注意点にはどういったものがあるのでしょうか。まず、レーザーの出力を調節することが簡単ではないという点が挙げられます。ムダ毛の中でも、手足やわきに生えるものにはメラニン色素が豊富にあります。

そういったことから、低から中程度の出力でも無理することなく施術をすることが可能となっています。だ、産毛などでとてもメラニン色素が少ない部分に関しては、他の部分では適さないと言えるくらいの出力を用いることになります。

なので、背中の脱毛に関しては他の部分よりも出力や熱量といったものの調節が簡単ではないのです。それに、肌や毛穴などに負担をかけてしまうこともあります。また、強く痛むことも考えられることも覚えておく必要があります。背中の皮膚はさほど薄くて敏感というわけでもありません。

しかし、骨ばっている部分もあるため、レーザーで施術をしている最中に痛みを感じることもあります。一般的にレーザー脱毛を行う際には、とりわけ痛みが出そうだと考えられる部分は機器の出力を低くするなどして対応します。

それでも、背中の場合では産毛を処理するということになるので、出力は高くしなければいけないのです。そういったことから、背中を脱毛するならば痛さに耐える必要があることを知っておくようにしましょう。

医療レーザー脱毛は医療機関で受けることになるため、麻酔をして施術をしてもらうこともできる可能性があります。

さらに、施術を受ける前には背中部分の毛を剃っておくことも必要です。あらかじめ剃っておかなければ表面に出ている毛にレーザーが反応してしまい、毛根等には反応を示さなくなるためです。医療レーザー脱毛は毛根にレーザーが反応しなければ効果が出ないのです。場合によっては、1ミリや2ミリ程度でも表面から毛が伸びていれば、あまり効果がないこともあるということです。それに、皮膚の表面で熱が発生してしまう危険性が高くなるので、肌が荒れることや火傷を負ってしまうことも考えられるでしょう。なので、背中の場合は簡単ではないかもしれませんが、施術を受ける前の夜などに剃ることも大事です。

期間・費用はどのくらい?

脱毛の効果が感じられるのは、医療レーザー脱毛の受けられるクリニックの場合では、3回ほどとされています。脱毛サロンのケースなら6回ほどが必要になります。背中の脱毛をするならば、2か月から3か月に1度で施術を受けます。

要するに、クリニックでは半年ほどで効果を実感できるようになるということです。自己処理をする必要がない程度までに効果を得るためには、6回ほどまでは回数を増やすことになります。そう考えると、1年程度は期間がかかることを覚えておきましょう。

医療脱毛はなんといっても効果の高さが売りです。そのためエステ脱毛と比べると費用がかかると思われがちですが、エステ脱毛は、ツルツルになるまで10回以上通う必要があります。1回当たりが安くてもやはりそれだけの回数のコースに通うことになると、払う金額もそれなりに高額になります。

となると、数回で脱毛がほぼ完了してしまう医療脱毛のほうが圧倒的に安くなるのです。何度も通うのは面倒になってしまうものですし、時間や交通費の節約にもなります。各クリニックの費用を確認してしっかり脱毛していきましょう。

まとめ

  • 背中の脱毛は、この頃20代から30代ほどの男性に特に認知度を上げてきている。
  • 一気に広範囲の施術ができることから、施術に必要な時間は1回で30分程度。
  • 医療レーザー脱毛の受けられるクリニックの場合では、3回ほどで効果を実感。