あごひげの永久脱毛とは?

あごひげの永久脱毛はどのように行うのでしょうか。

期間や費用がどのくらいかかってしまうのか……検討している方は気になるところでしょう。

男性目線だとダンディなイメージのあごひげですが、女性目線の印象も気になりますよね。

ここではあごひげの永久脱毛についてまとめました。

あごひげが苦手な女性は多い

ビジュアルに対する女性からの意見は、男性にとってとても大切なものなので気になりますよね。男性目線のあごひげは落ち着きのある大人の男性かつ、おしゃれに見えるようです。でも女性目線だと少し違ってくるのが現状でしょう。

まず基本的にあごひげに限らず「ヒゲが好き!」という女性は少ない傾向にあります。どうしても髭は無精なイメージをもたらすので女性ウケはよくありません。ただ「似合っていればOK」という意見も多く見受けられます。ワイルドにキメるためのファッションの一部になるので、しっかりお手入れされているあごひげなら好きな方もいます。

ただしっかりお手入れされているあごひげでも、チャラいイメージをもたれてしまうと逆効果になることも。また「身近に感じられない」「恋人にはなれない」と、芸能人のような存在ならいいという意見が多いのも目立ちます。しばらくあごひげを生やしていた男性がひさしぶりに剃ったときに「やっぱこっちのほうがいい」と思ってしまう女性は圧倒的に多く、やはりヒゲが好きとは言い難いことが証明されますね。

まとめてみるとあごひげは似合っていればOKですが、自分の大切な人にはあごひげはないほうがいいという意見に辿り着きました。もちろん彼女の好みにもよりますが、圧倒的にヒゲにいいイメージを持っている人は少ないのが現状です。

絶対にNGなのは無精なあごひげでしょう。あご部分だけでなく頬やもみあげもつながっていてボサボサしている、剃った跡が青くなっていると最悪です。あごひげを作ったときに清潔感があるのかないのかは、女性に好かれるか嫌われてしまうのかのボーダーラインだと言えるので、しっかりチェックしておきましょう。もし清潔感を保てないのならやめることをおすすめします。

あごひげの永久脱毛とは?

ヒゲの中でもあごひげの永久脱毛は必要な部分のみの毛を残し、残すヒゲの量を調節して脱毛します。男性のヒゲが生えてくる範囲には個人差がありますが、一般的には頬から下に位置するもみあげ・鼻下・顎までと広範囲です。また首まで生えているほど濃い人もいるので、あごひげやあごの裏・もみあげ・鼻下のみ形を調えつつ残し、頬を0本になるまで徹底的に整えるのが一般的な脱毛方法だと言えるでしょう。

もちろん個人差があるので、もともと鼻下とあごひげだけしか生えない方もいます。そのような方は全体的にヒゲが薄い傾向にあり、形を整える必要も毛量を調節する必要もないので得ですね。もしあごひげを伸ばしたとしても清潔にキマるでしょう。

逆に髭が濃い方は永久脱毛でしっかり整えなければおしゃれ感も清潔感も得られません。一度整えたヒゲはほぼ一生キープできるので、ぜひ永久脱毛をはじめてみましょう。

完全に生えなくなるまでの期間は?

ヒゲ脱毛の期間は個々のニーズや毛質によって違います。そして脱毛サロンかクリニックで脱毛するのかによっても大きく異なってきます。では完全に生えてこなくなくなるまでの期間はどのくらいなのでしょうか。個人差があることを踏まえつつ、脱毛サロンとクリニックにわけてみていきましょう。

脱毛サロン

0本まで完全に脱毛する場合の脱毛回数の目安は10~20回です。期間にするとおおよそ2~3年くらいはかかるでしょう。

脱毛効果がうっすらと分かり始めるのが3回目くらいから、徐々になくなっていき6回で半分くらいになります。すると自己処理痕も目立たなくなってくるため、処理がとてもラクになります。あと数本レベルまで減らすにはおおよそ10回必要です。ここまでくればほぼ自己処理から解放されると言っても過言ではないでしょう。

クリニック

0本まで完全に脱毛する場合の回数の目安は8~10回です。期間にするとおおよそ1~1年半くらいが目安でしょう。

脱毛効果がはっきりとわかるようになってくるのが3回目くらいから。毛量や生えてくる毛の太さも半分くらいになるので自己処理痕が目立たなくなってきます。ほほムダ毛がなくなり数本だけしか生えてこなくなるにはおおよそ6回が目安です。ここまでくればほぼ自己処理から解放されます。

あごひげの脱毛にはムダ毛を0本までなくす脱毛と、毛量を減らすための施術を組み合わせて行います。脱毛サロンでもクリニックでも毛量を減らすためには、ヒゲがなくなったと感じ始める3回目以降くらいから、変化をチェックしつつ行うのが一般的です。ムダ毛の濃さやなくなり方には個人差があるので、自分のヒゲにあったプランをスタッフと相談しながら組んでいきましょう。

費用はどのくらい?

脱毛期間と同じくあごひげの脱毛費用も、脱毛サロンかクリニック、個々の毛質やムダ毛の減り方などの個人差によって異なります。ヒゲ脱毛の費用については広告などの料金ではなく、実際に見積もりを算出してもらった料金でチェックしたほうが確実です。

ただ脱毛は1回限りよりもコースになっていたほうが割安になるので、安く脱毛するためにもコースを組みましょう。あごひげは毛の濃いパーツなので、たった1回では確実になくならいため複数回の脱毛回数が必要なのでコースがおすすめです。

脱毛サロン

あごひげ脱毛1回あたりのおおよその料金は5,000円前後でしょう。よって0本まで脱毛するためには10回以上の回数が必要になり、50,000円以上かかってしまう計算になります。20回ほどでは100,000円くらいになる方もいます。

クリニック

あごひげ脱毛1回あたりの料金はおおよそ6,000円~20,000円です。よって0本まで脱毛するとなると最低8回の回数が必要になってくるので、安くても50,000円前後の料金になるでしょう。多い場合はおおよそ200,000円かかってしまう人もいます。

脱毛サロンとクリニックの違いからわかるように、あごひげの最低ラインの脱毛費用はどちらもそれほど変わりません。よってクリニックを選んだ方が短期間で脱毛を完了できるのでおすすめです。同じ料金なら効果が高くスピーディに完了するほうがいいですよね。

クリニックの脱毛はサロンの1/3から1/2倍程度と圧倒的スピードでムダ毛がなくなっていくので、確実に効果がわかるのも魅力です。もし0本にならなくても自己処理が楽になるくらいに毛を減らせればいいやと言う方は最低ラインの脱毛回数でもOKですよ。

逆に最高ラインの場合はサロンのほうが安くなる傾向があります。サロンによっては一定料金さえ支払ってしまえばその後は生涯無料で脱毛を受けられる等、とてもお得なコースが用意あれているサロンもあります。クリニックと比較すると最高ラインの料金は半分くらい違ってくるので、安く受けられてとても魅力的ですよね。時間がかかっても安く脱毛したい方はサロンを選びましょう

ここまでの結果をまとめるとあごひげ脱毛の料金の合計は50,000円~200,000円程度かかってくることが予測されます。ただサロンやクリニックでは分割支払い可能なところもあるので、もし一度にお金を用意できない場合は利用すると便利でしょう。

最近ではクリニックでもさまざまなプランを提供するところも出てきています。脱毛業界は非常に移り変わりが早いので、自分が受けようと思ったときにしっかり情報収集しておくが安く脱毛を受けるためにかかせません。一言で言うと、脱毛完了期間を重視するのならクリニックを、料金重視なら脱毛サロンを選びましょう。

まとめ

  • あごひげやあごの裏・もみあげ・鼻下のみ形を調えつつ残し、頬を0本になるまで徹底的に整えるのが一般的な脱毛方法。
  • 脱毛回数の目安は、サロンで10~20回、クリニックで8~10回程度。
  • 脱毛完了期間を重視するのならクリニックを、料金重視なら脱毛サロンがおすすめ。