腕毛を濃くしているホルモンバランスとテストステロンとは?

ムダ毛の処理はとても面倒で特に腕毛は剃ってもすぐに生えてきますよね。

そんな腕毛も人によって濃い人と薄い人がいますが、この腕毛を濃くしている原因の一つがテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが関与しています。

ではテストステロンとはどういったものなのでしょうか。

テストステロンと腕毛との関係は?

テストステロンとは男性ホルモンの一種で、男性の身体の中で分泌される男性ホルモンは95%以上がこのテストステロンだと言われています。

このテストステロンは男性であれば清掃と副腎から、女性であれば副腎から分泌されます。

テストステロンの作用とは

テストステロンは胎児の時から体内で作用するのですが、胎児におけるテストステロンの作用は男性における生殖器官の発達です。

精巣というのは胎児の時には陰嚢に存在しておらず、テストステロンの働きによって陰嚢へと運ばれていきます。

思春期におけるテストステロンは非常に重要な作用を果たし、声変わりや陰毛の発達、男性器の発達・発育のために不可欠なホルモンとなっています。

それ以外にもテストステロンは、骨格や筋肉の増強や成長を促進させる働きがあるほか、性欲や性衝動を促進させる、何かの行動時の活力を与えるといった作用を持っています。

テストステロンの役割とは

その人自身のテストステロンの分泌量の多さというのは、潜在的なものであることが多く、テストステロンが多いとそれだけ作用の効果も大きくなります。

先ほどのテストステロンの作用の項では紹介しませんでしたが、体毛の増加、つまり腕毛が濃くなる理由の一つとしてもこのテストステロンは関係していきます。

しかし、このテストステロンは体内では大きな役割を果たし、テストステロンの分泌量が低下してしまうと、成長期のときには上手く身体が発育はできませんし、胎児の時にはさらに精巣が陰嚢へと運ばれないため手術となってしまうこともあります。

テストステロンの副作用と腕毛との関係

腕毛 テストステロン

テストステロンが分泌されることで、良い面の作用は説明しましたが、逆にテストステロンが分泌されてしまうことで起こってしまう副作用もあります。

では一体どういうことが起こるのでしょうか。

副作用とは何か

副作用とは、その物質によって期待している効果とは違う、時には身体に害を及ぼしてしまう作用のことを指し、一般的には薬の服用時に起こることを指して作用・副作用と呼びます。

一例としてあげるのであれば、風邪薬を飲んだ時に熱が下がる、鼻水が止まるといった反応が薬の作用ですが、眠たくなる、喉が渇くといった期待していない作用が薬の副作用ということです。

テストステロンを利用するのはどういう時か

テストステロンは筋肉や骨格を形成する働きを持っていますので、プロスポーツ選手やジムトレーナー等、スポーツを生業としている方にとっては筋力トレーニングにおいてテストステロン量を増やすことは効率をあげるために利用したいものです。

あるいは、元気がなくやる気が沸かない時に体内でテストステロンの量が増えれば活力が生まれますのでそういう場面ややる気をあげて集中していきたい時などにもテストステロンの分泌を促すように利用することもあります。

テストステロンを利用することで考えられる副作用とは

しかし、テストステロンにも副作用があり、あまり多く分泌してしまうと体毛が濃くなってしまいます。

テストステロンは男らしさを作るホルモンなので、体毛は男の象徴であることから量が多ければ多いだけ毛深くなってしまいます。 また、皮脂の分泌量も多くしてしまうのがテストステロンの副作用の一つで、テストステロンが多い方は顔がテカりやすく、肌荒れもしやすいといったことが言えます。

思春期になるとニキビが多くなってしまうのはこのテストステロンの分泌量が多くなることも原因の一つとして知られています。 また体内でテストステロンの量が多くなるとアルコール中毒になりやすいといった点や性的興奮が多くなるため、他者との性的接触により性感染症を引き起こすリスクを持っています。

性的興奮や活力を与えるテストステロンは、一方で闘争本能を沸き立たせてしまうことが多く、負けず嫌いや競い合うことは互いを高め合うことに対して相乗効果を生み出す一方で、暴力行為やDVによる犯罪行為等、テストステロン量が多くなるために行き過ぎた行為になることも中にはあります。 これも立派な副作用だといえるでしょう。

テストステロンを減らすには

腕毛 テストステロン

テストステロンを減らすには、女性ホルモンの分泌量があげる必要があります。

相対的に女性ホルモンの量が体内で多くなればテストステロンが作用しにくくなります。

ではどうやってテストステロンを相対的に減らしていけばよいのでしょうか。

薄毛とテストステロンと5αリダクターゼとの関係

体毛を濃くしてしまうテストステロンが頭皮を薄くしてしまう原因の一つとされています。

頭皮を薄くする作用として、テストステロンと5-αリダクターゼと呼ばれる酵素が結合することによって生成されるジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンが関与しています。

このジヒドロテストステロンは生成されると、髪の毛を抜け落とす指令を出してしまいます。 通常髪の毛の成長周期は2~5年と非常にゆっくりなペースで成長し、その後抜け落ちて新しい髪の毛が生えてきます。

しかし、その成長周期であるにも関わらずジヒドロテストステロンは髪の毛を抜け落としてしまいます。

髪の毛の生えてくる量よりも髪の毛の抜ける量のほうが多くなるために薄毛が促進されてしまうこの現象を総称して「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれています。 ジヒドロテストステロンは髪の毛を抜け落としてしまう厄介なホルモンですが、体毛付近の細胞に運ばれると逆に体毛を成長させてしまう作用も持っていますので、できれば増やしたくないホルモンです。

性欲が強い人を見分けるためには薄毛であるかどうかというポイントが出回ったことがありますが、性欲にはテストステロンが関係しているため、ジヒドロテストステロンが生成されやすいから薄毛が進行するという裏付けがあったために出回った噂なのです。

テストステロンを減らす薬

テストステロンを減らす薬としてパーセリンと呼ばれる薬があります。 こちらは前立腺肥大症の方が服用する薬で、前立腺の細胞に作用することで、テストステロンの働きを阻害する役割をもっています。

このパーセリンには黄体合成ホルモンと呼ばれるアリルエストレノールという成分が配合されています。

他にもアボダートという薬に含まれるデュタステリドも男性ホルモンを抑える働きが期待できる薬ですし、デポスタットと呼ばれる抗アンドロゲン剤もテストステロンを抑制して前立腺肥大等の疾患を抑える働きがあります。

テストステロンを減らす食べ物

テストステロンを減らす食べ物というのは、正確に言うとテストステロンを減らすというよりは女性ホルモンを増やして体内のホルモンバランスを整えることにより男性ホルモンが間接的に減少するという言い方になります。

大豆製品に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと同様の働きをします。

この大豆イソフラボンを摂ることによって体内では女性ホルモンの働きが活発になります。 そうするとテストステロンは働きが抑制されますので、結果的にはテストステロンを減らすことができるようになります。

テストステロンの減らしすぎによる悪影響

しかし、テストステロンを減らしすぎることによって身体に悪影響を及ぼす危険性もあります。 無理やりテストステロンを減らすことで前立腺ガンのリスクを高めてしまいますし、血糖値、コレステロール値共に上昇しやすくなってしまいます。

それだけでなく、活力を司るのもテストステロンの作用なので、倦怠感やうつ病になってしまうこともあります。

テストステロンは増えすぎても減りすぎてもダメなので、身体の変化に応じて把握していき、絶妙なバランスでコントロールしていきましょう。

コントロールに不安がある場合は、美容クリニックに相談してみましょう。経験豊富なドクターが親身になって相談に乗ってくれます。
興味のある方はぜひ試してみてください。

>> 中央クリニックの公式サイトはこちら

まとめ

  • テストステロンは男性の発達に必要不可欠なもの
  • テストステロンを減らすには女性ホルモンの分泌量があげる必要がある
  • テストステロンを減らしすぎると活力がなくなる