自己処理で出来てしまった足のぶつぶつを治すには?

ムダ毛の自己処理によって、足にぶつぶつができてしまうことがありますよね。 カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたり、自己処理は肌トラブルが起きやすいんです。 肌を触ったときにぶつぶつしていたのでは美しくないですし、ムダ毛の悩み以上に悩んでしまう人もいると思います。 ぶつぶつができてしまうのがイヤだからと言って、ムダ毛を放っておくわけにもいきません。 ぶつぶつを放置し、そのまま自己処理を続けていると、ぶつぶつが黒っぽくなってきたりシミになることもあるので注意しましょう。

目次

  1. なぜ、ぶつぶつはできてしまうの?
  2. ぶつぶつを予防するためには?
  3. キレイな足にするために

なぜ、ぶつぶつはできてしまうの?

カミソリで自己処理した場合も毛抜きで自己処理した場合も、皮膚の中に毛が埋まってしまう埋没毛によってぶつぶつができてしまうことがあります。 埋没毛を針などを使って取り出した経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 埋没毛は見た目にもわかりますし、ぶつぶつして不快ですよね。 とくに毛抜きで自己処理する場合、お肌にも毛穴にもとても大きな負担がかかってしまい、埋没毛がなくなった後もぶつぶつが残ってしまう場合があります。 小さかったぶつぶつが大きくなってしまうこともあります。

ぶつぶつを予防するためには?

カミソリや毛抜きよりも肌や毛穴への負担が少ないシェーバーでムダ毛の自己処理をするのがおすすめです。 埋没毛にもなりにくいですし、肌の炎症も起きにくくなります。 シェーバーで自己処理した後は、ボディーローションやボディークリームでしっかりと保湿しましょう。

キレイな足にするために

カミソリ・毛抜き・シェーバー・除毛クリーム・ワックスなどムダ毛の自己処理をすることができるアイテムはたくさんありますが、どれも肌トラブルが起きやすく、間違った自己処理によって肌にぶつぶつができてしまったり残ってしまうことがあります。 ムダ毛を処理しながらキレイな足を手に入れたいのであれば、安全にムダ毛を処理することができる医療脱毛がおすすめです。 埋没毛になってしまうこともありませんし、肌が弱い方でも肌の状態に合わせた脱毛が可能なので、肌トラブルもなく安全に安心して脱毛することができます。 ムダ毛の自己処理によって、足にぶつぶつができてしまうことがありますよね。 カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたり、自己処理は肌トラブルが起きやすいんです。 肌を触ったときにぶつぶつしていたのでは美しくないですし、ムダ毛の悩み以上に悩んでしまう人もいると思います。 ぶつぶつができてしまうのがイヤだからと言って、ムダ毛を放っておくわけにもいきません。 ぶつぶつを放置し、そのまま自己処理を続けていると、ぶつぶつが黒っぽくなってきたりシミになることもあるので注意しましょう。