子供のお肌は敏感。脱毛はダメージを与えているという認識を

お子様を持つお母さま方、お父さま方で「子供脱毛」に興味がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
「なんだかうちの子、毛が濃い・・」と比べてしまったり、少し大きくなったお子様から「毛が濃いから嫌だ!」と申告を受けることもあるかと思います。

子供脱毛の取り扱いを謳うサロンもありますが、実際のところどうなのでしょうか。親心として悩みは解決させてあげたいものですが、やはり不安なこともあるかと思います。
今回はそんな「子供脱毛」についてお話です。

「我が子が毛深い…?!」心配しないで!赤ちゃんの時は毛深い子も多い!

子供 脱毛

お猿さんのように腕や背中の産毛が濃い・・と悩むお母さまも少なくないようです。
しかしこの産毛はお母さんの胎内で成長をする中で、必要だった毛なのです。
お母さんのお腹の中で羊水にぷかぷかと浮かぶ赤ちゃんは、羊水によって皮膚がふやけたりしないように産毛に覆われます。また胎脂と呼ばれる赤ちゃんの肌を守る分泌物を産毛に絡ませて、落ちにくくするといった大事な役割を担っていたのです。
この産毛はお腹から外に出ると不要となり、自然と抜け落ちていきます。このまま濃いまま成長するのでは!?と不安になるお母さんもいらっしゃいますが、赤ちゃんの体毛は濃いものであると認識しておきましょう。

 

男女・年齢による毛の量・濃さについて

子供 脱毛

赤ちゃんの時の毛は濃いものである、と理由はわかりましたがそれでは成長するにつれて毛はどのようになるのでしょうか。実際のところ気になるところだと思います。

子供の毛深さは遺伝などももちろん関係していきます。
お母さま、お父さまの毛が薄いタイプであるとお子様も濃いタイプにはなりにくいようです。
逆に毛が濃い体質であると、お子様も濃くなってしまう可能性は高くなります。
しかし成長によって濃さや量は変わってくるので一概にはいえません。

赤ちゃんから幼少期にかけて産毛が抜け落ちますが、ホルモンによってその後の毛の成長も左右されます。
毛が濃くなる、量が増えるのには「男性ホルモン」が関係しています。
ホルモンの変化が起きる成長期に毛の量や濃さも変化していきます。

毛の濃さに関わる「第二次成長期」

子供には第一次、第二次と成長期があります。
第一次は産まれてすぐの赤ちゃんから大体2歳ほどまでの急激な成長時期になります。
この間に体重や身長、離乳など様々な成長が起きます。

そして第二次成長期は小学生後半、男の子の平均年齢ですと11歳頃から始まります。
男性ホルモンの変化が大きいため声変わりや睾丸の発達などが起きます。
この頃から陰毛なども生えてくるので、体毛も濃くなったり増えてきたりする時期でもあります。
もちろん減ったりすることもあるので、成長期が終わる16歳頃までは毛の変化は起こり続けます。

女の子の場合は平均10歳頃から第二次成長期が始まり、同じく陰毛や脇毛などが生えてきます。
そして個人差はもちろんありますが初潮を迎える時期でもあります。
その際、卵巣が発達してエストロゲンといわれる女性ホルモンが分泌されるので毛が薄くなる場合もあります。

すね毛や口周りのいわゆる「ムダ毛」と呼ばれるものは「男性ホルモン」の影響を受けている毛です。
女の子でも男性ホルモンの分泌が多い場合などは毛が濃くなったり、量が増えることが起きます。
成長期を終えて、毛が濃い場合などは男性ホルモンが多い可能性があります。

子供脱毛をおすすめできない理由とは?

子供 脱毛

毛が濃いことで、お友達にいじめられたりするのではないか?からかわれて傷つくのではないか?と 心配になる親御さんも多いかと思います。もちろん子供脱毛は可能ではあります。
クリニック、サロンなどでも子供脱毛を広告しているところもあります。
年齢も7歳頃から脱毛ができる、といわれていますがやはり心配なこともあるのが現状です。
おすすめできない理由をきちんと認識しておくことも大切です。

脱毛効果が出にくい可能性、それにより費用は高額になることも

子供の毛穴はまだ成長途中の段階でもあります。
脱毛の時点の毛穴より、成長に伴い増える可能性もあるのです。その場合、増えた毛穴から生える毛をさらに脱毛しなければいけません。
そして毛の周期に合わせて脱毛を行いますので、周期が安定していないこともある子供脱毛は効果が出ない場合もあるのです。毛の周期とのズレで施術がムダになってしまったりすると、その分回数も増えるので結果高額になることもあります。

日焼けはNG!子供にとって生活しにくい場合も

脱毛をする場合、日焼けは避けなければいけません。
日焼けによるお肌の色の変化で脱毛効果が薄まる可能性があります。光脱毛などは毛の「黒さ」に反応させて処理をしていきますので、日焼けでお肌が黒くなると光が反応できないからです。
また脱毛後のお肌はとても敏感になっており、ダメージも受けているので保護能力が落ちています。
その中で日焼けをしてしまうと、さらにダメージを与えることになりお肌トラブルを引き起こしかねません
子供の場合、日常生活で日に当たることが自然です。
学校でも体育の時間は野外での活動もありますし、運動会や遠足などもあるでしょう。
お友達と外で遊ぶ機会も増えてきます。
「日焼け」を避けながら生活するのは子供にとっては難しいことのひとつでしょう。

子供のお肌は傷つきやすくダメージを感じやすい

いくら安全な脱毛です、痛みもありません、と謳っていても
脱毛はお肌に刺激を与える行為です。
特に子供は大人と比べて皮膚が薄いので、傷もつきやすくダメージを感じやすいです。
光脱毛は光を照射する脱毛方法で、子供脱毛の場合の出力はもちろん低めかと思います。
しかし出力は低めであっても脱毛効果を出すためにそれなりの強い光を当てることに変わりはありません。
当てられた光の熱でヤケドをしてしまう可能性もあります。
目に見えて分からない、毛穴の炎症も考えられます。
その炎症に日焼けなどの紫外線を受けて、色素沈着を起こしてしまう可能性もあるのです。色素沈着は数年治らないこともありえます。
脱毛は子供達のお肌にダメージを与えているものだという認識は必ず持っておくべきでしょう。

 

子供の毛の処理方法

それでもやっぱりお子様が悩んでいて、どうにか解決してあげたい・・という親心も分かります。 しかしカミソリで剃ってしまうと、お肌にダメージも与えますし生えだすと毛先が鋭いため、チクチクとした不快感も生まれます。青くなってしまう可能性もあるでしょう。
それでは他に子供の毛の処理方法で良いものはあるのでしょうか?

除毛クリーム

子供 脱毛

毛を取り除くクリームとして除毛クリームがあります。
毛を溶かして脱毛する方法です。除毛クリームにも様々な種類があり、中には成分が強いものもあるので注意してください。自然成分を用いた除毛クリームがあるので、お子様に使用する際は成分チェックをされることをオススメします。
もちろんパッチテストを行うのも大切でしょう。

抑毛クリーム

子供 脱毛

こちらは毛の成長を抑えるクリームになるので、完全なる脱毛ではありませんが、気になるところに塗って、毛が目立つのを防げます。これら抑毛クリームも自然由来成分配合のものも多いのでお肌への負担は少ないでしょう。

電気シェーバー

子供 脱毛

脱毛クリームなどではお肌が弱くて荒れてしまう、というお子様には女性用の電気シェーバーでの処理がオススメです。カミソリよりもお肌へのダメージは少ないですし、刃の摩擦も少なく済みます。
しかしすぐに生えてくるというデメリットもあるので、こまめにチェックしてあげることが必要でしょう。

子供たちが笑顔で素敵な生活を送れるように

子供の為を思って、子供の悩みは解消させてあげたいと思う親心はとても素晴らしいことだと思います。
脱毛もその思いが感じられる方法のひとつでもありますが、他の問題に繋がらないようによくお子様と相談し、考えて判断をしたいものです。

見た目、コンプレックスに関して子供は敏感になりがちです。
​​​​​​​少しでも子供達の悩みが軽減されて、素敵な毎日を送れるように願っております。