本当に知ってる?抑毛剤を知って効果的に使おう!!

一昔前であれば男の体毛は、漢らしさの象徴のようなものでした。

しかし最近では、濃すぎる体毛は女性からあまり良い印象を持たれません。

こんな時代に生まれた男性はやはり自分のムダ毛が気になってしまい、「もう少し毛が細くなってくれれば…。でも脱毛サロンはさすがにな…。」と肩を落とした経験もあるでしょう。

そんな男性には抑毛剤がおすすめできるかもしれません。

抑毛剤(抑毛ローション) とは

抑毛剤

抑毛剤は毛を抜くためのものではなく、毛の成長を抑える、もしくは生えてくる毛を細くするためのものです。

どうして毛の成長を抑えたり、生えてくる毛を細くできるのかというと、抑毛剤には「イソフラボン」や「パイナップルエキス」が含まれているからです。

人の毛は体内の男性ホルモンの分泌量によって、濃さや太さが変化します。 男性ホルモンの分泌量が多いと毛は濃く太いものになり、逆に男性ホルモンの分泌量が少ない、もしくは女性ホルモンの量が多いと毛は薄く細いものになります。 抑毛剤に含まれているイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれます。

つまり抑毛剤を塗ることで女性ホルモンの分泌量が増えたのと同じ状態になり、毛が薄くなり量も少なくなるのです。

また、パイナップルエキスには毛のタンパク質を分解する働きがあります。 これらの成分のおかげで抑毛効果が発揮されるのです。

抑毛剤のメリット

もちろん抑毛剤にはメリットとデメリットが存在するので、使用を検討する前にしっかりと確認しておきましょう。

敏感肌でも使える

男性の中でも肌が敏感で肌荒れを起こしてしまうという人も多いです。 ムダ毛を処理する場合は抑毛剤以外に除毛剤や脱毛剤を使う方法がありますが、こういった方法は肌に大きなダメージを与えることがあるのでなかなか敏感肌の人は使うのが難しいです。

しかし抑毛剤は除毛剤や脱毛剤とは違い植物由来の成分でできているものが多く、肌に優しいので敏感肌の人でも肌荒れの心配をあまりしなくてすみます。

気軽に使える

除毛剤や脱毛剤は「自宅で気軽に使える」とよく言われます。 確かに脱毛サロンやクリニックに通って脱毛をするのと比べたら気軽です。

しかし実際には脱毛部位を洗ってクリームを塗って数十分放置して、それを洗い流して…といったようにちょっと手間がかかってしまうのが事実です。

それに比べて抑毛剤は肌に塗るだけですむので、除毛剤や脱毛剤よりも自宅で気軽に使えるのです。

抑毛剤のデメリット

即効性がない

抑毛剤の最大のデメリットが即効性のなさです。 除毛剤や脱毛剤は実際に毛を溶かしたり、毛を抜いたりするのでその場で脱毛効果を実感することができます。

しかし抑毛剤は塗ったその日から毛が細くなったり薄くなったりすることはなく、効果を実感できるまで1ヶ月~3ヶ月程時間が必要になります。

男性は効果が出づらい…かも?

抑毛の仕組みのポイントは、イソフラボンで女性ホルモンの量を増やすことにあります。

しかし、いくら抑毛剤を塗って女性ホルモンが増えた状態を作れるからといってその量には上限があります。

そのためもともと男性ホルモンが多い男性の場合は、女性よりも効果が出づらい傾向にあります。 さらに男性の中でも毛が太く濃い場合は、効果がでない場合もあります。

使用をやめると効果もなくなってしまう

残念ながら抑毛剤には永久脱毛のような効果はありません。

毎日塗り続けていれば次第に効果があらわれはじめますが、途中で抑毛剤を塗るのをやめてしまうと再び抑毛剤を塗る前と同じ状態に戻ってしまいます。
(中には使用をやめても毛が薄い状態を維持できている人もいるようです)

しかし考え方を変えると抑毛剤を塗ってその効果をしっかりと実感できたのであれば、あとは毎日塗り続けるだけで濃く太い毛の悩みから解放されるのです。

「毎日ずっと抑毛剤を塗り続けなければいけない」と感じるのか 「毎日抑毛剤を塗るだけでOK!」と感じるのかどうかでデメリットになるかどうか変わってくるわけです。

抑毛剤と脱毛剤・除毛剤の違い

抑毛剤

ここまで抑毛剤の特徴について紹介してきましたが、その中で「脱毛剤」「除毛剤」という言葉を使ってきました。

念のため抑毛剤と脱毛剤・除毛剤の違いについても紹介しておきましょう。

抑毛剤

抑毛剤はここまで紹介したように、毎日塗ることで毛の成長を遅らせたり、毛を薄くすることを目的としたものです。

そのため抑毛剤自体に毛を抜いたり溶かしたりする効果はありません。

抑毛剤は即効性はないものの肌に大きな負担を与えることは少ないため、誰でも使えるムダ毛処理アイテムだといえるのです。

脱毛剤・除毛剤

一方で脱毛剤・除毛剤というのは、肌にクリームを塗って毛を溶かすことでムダ毛の処理をするものです。
(「脱毛」と「除毛」は本来言葉の意味は違いますが、販売されている脱毛剤と除毛剤はどちらも同じ効果をもったものです)

ムダ毛の処理にとにかく即効性を求めるなら、断然脱毛剤・除毛剤の方が目的にはあっています。

しかし脱毛剤・除毛剤は毛を溶かすという性質上、どうしても肌にも大きなダメージを与えてしまうことがあり、そういった意味では誰でも使えるというものではありません。

男性の脱毛(除毛)クリームとは?

脱毛方法6つのメリットとデメリット

効果的な使い方は?

抑毛剤ははっきりいって、脱毛剤や除毛剤よりも効果が出づらいアイテムです。

毛が濃く太い男性が使うならなおさらです。

そのため、せっかく使うなら少しでも効果を高めるためのポイントをマスターしましょう。

量より回数!

抑毛剤を使う場合は、一度に大量の抑毛剤を塗るよりも少量でも数回にわけて塗るほうが効果が高くなるといわれています。

そのため1日に1回大量に塗るのではなく、朝と夜の1日2回塗るようにしましょう。

塗る前はなるべく清潔に!

抑毛剤は毛穴に成分が入り込むことでその効果を発揮します。

そのため抑毛剤を塗る前には、なるべく肌を清潔な状態にして毛穴にムダなつまりがないようにしましょう。

理想としては入浴後がベストです。

しかし抑毛剤を塗るために1日に何度も入浴をするのは大変ですから、顔や腕といった場所を脱毛するときだけ、洗顔をしたり念入りに洗うようにしてから抑毛剤を使うようにしましょう。

化粧水の前に!

ムダ毛を気にする男性の中には化粧水を使っているという方も多いでしょう。

これは肌の乾燥などを防ぐためにもとてもいいことです。

どんなにムダ毛が少なくても肌のコンディションが悪いとそれだけで残念ですからね。

しかし、普段から化粧水を使っている場合は、必ず化粧水をつける前に抑毛剤を使うようにしましょう。

入浴後や洗顔後に化粧水を塗ってしまうと、化粧水が抑毛剤の邪魔をしてしまうことになり効果が弱まってしまいます。

「入浴や洗顔をした後は、まずは抑毛剤!」 これを忘れないようにしましょう。

抑毛剤は気長に使うことに意味がある

抑毛剤

抑毛剤には脱毛剤や除毛剤と違って即効性はありませんが、かなり手軽にムダ毛が処理できる可能性があります。

ただし、人はどうしてもすぐに結果を求めたがってしまうものでもあります。 もしどうしても「抑毛剤は使いたいけど、なるべくすぐにムダ毛をなくしたい!」という場合は、カミソリや電気シェーバー、脱毛剤や除毛剤といった他のムダ毛の処理方法と併用して抑毛剤を使用するといいでしょう。

抑毛剤のポイントはなによりも継続をすることです。 一度使うと決めたら最低でも3ヶ月は継続して、自分の肌にあっているのか、しっかりと効果が出るのか確かめるようにしましょう。

まとめ

  • 抑毛剤と脱毛剤・除毛剤の違いとして、抑毛剤は「成長を遅らせる、または、毛を薄くする」、脱毛剤・除毛剤は「毛を溶かすことでムダ毛の処理をする」
  • 抑毛剤は、即効性はないものの、使い続けることで効果を発揮する
  • 他のムダ毛の処理方法と併用して抑毛剤を使用するとよい