皮膚科クリニックで永久脱毛?美容クリニックとの対応の差とは

施術を行うことで自己処理がほとんど不要となる永久脱毛。

全身とまではいかずとも、自己処理が難しい部位や人目につきやすい部位、処理が面倒な部位などを中心に永久脱毛をされている女性、または、現在、検討している女性はとても多いですね。

また、エステやサロンで行う脱毛よりも医療脱毛の方が効果が高いと言われており、せっかく永久脱毛をするなら医療脱毛(レーザー脱毛)を・・・と考える女性も少なくありません。

医療脱毛(レーザー脱毛)というと、美容外科や美容形成クリニックなど「美容」とつく診療科が多い印象を受けますが、実際に医療脱毛について調べてみると美容クリニック以外にも、皮膚科で医療脱毛(レーザー脱毛)を行っているクリニックも多いようです。

しかし、そもそも皮膚科で行われる医療脱毛(レーザー脱毛)は永久脱毛なのでしょうか?

また、美容クリニックで行う医療脱毛(レーザー脱毛)と何か違いがあるのでしょうか?

皮膚科クリニックで行っている医療脱毛(レーザー脱毛)について、詳しく紹介します。

皮膚科クリニックでは「永久脱毛」できるの?

皮膚科で行っている医療脱毛(レーザー脱毛)は永久脱毛なのでしょうか?

結論からいうと、基本的に医療脱毛(レーザー脱毛)は永久脱毛と呼ばれる部類の脱毛に入りますので、皮膚科で行っている医療脱毛(レーザー脱毛)も「医療脱毛(レーザー脱毛)」と謳われている脱毛方法に関しては永久脱毛であるという認識で良いでしょう。

但し、永久脱毛において、一点、注意して頂きたいことがあります。 「永久脱毛」というと、一回の施術で二度と毛が生えてこなくなると認識されている方がとても多いのですが、こうした認識は間違いですので注意が必要です。

実は「永久脱毛」には定義というものがありまして、その定義によると「永久脱毛とは、脱毛終了後1ヶ月の時点で毛の再生率が20%以下のもの」となっています。

つまり、脱毛後、1ヶ月の時点で20%以下とはいえ毛が再生する可能性はあるということですね。

また、永久脱毛を行う際、たった一回だけ施術を受ければ良いという認識を持たれている方も少なくないのですが、残念ながらたった一回で施術を終わらせることはできません。

エステやサロンで行われる光脱毛と比べると医療脱毛(レーザー脱毛)の方が施術回数は少なく済むのですが、部位によって差はあるものの毛周期(※1)に合わせて大体5~10回は施術を行う必要があると言えます。

毛周期には個人差があり部位によっても異なる為、一概には言えませんが、平均すると2~3ヶ月に1回ペースの施術になります。

2ヶ月置きに6回の施術を行うとして、完全に効果を得られるのは1年後ということになりますね。

その為、永久脱毛を始めても終了までにある程度の期間が必要になるということは頭に置いておきましょう。

但し、施術回数を重ねていくことで徐々に毛の再生される量が減っていきますので、個人差はありますが後半は自己処理がほとんど不要となると考えて良いでしょう。

※1:毛周期とは!?
私たち人間の身体に生えている毛は、常に一定期間のサイクルで再生を繰り返しており、これを「毛周期」といいます。 毛周期は、「休止期」「退行期」「成長後期」「成長期」「成長初期」と分かれており、部位によって、また人によっても周期日数に差があります。

永久脱毛 皮膚科

永久脱毛を行う際は、毛周期の内「成長期」に施術を行うのが一番効果的だと言われています。

逆に「休止期」などに施術を行っても効果はない為、永久脱毛の施術を行う際は毛周期を見極めて一番効果の高い時期に行います。

皮膚科・美容外科における施術の違い

永久脱毛を行っている診療科目として挙げられる美容クリニックと皮膚科。

基本的に、美容クリニックと皮膚科の違いは施術を行う医師の専門科目の違いだと言えます。

美容クリニックの場合は「外科医」皮膚科では「皮膚科医」が施術を行うのが一般的です。

では、それぞれの医師の専門科目以外に診療科目の違いによって、脱毛方法や施術内容に違いはあるのでしょうか?

基本的に美容クリニックで行われる永久脱毛も皮膚科で行っている永久脱毛も、脱毛方法や施術内容の違いはないと考えて良いでしょう。

違いを探すとすると、美容クリニックと皮膚科で分けるよりクリニック毎の違いの方が大きいですね。

例えば、同じ永久脱毛に使用するレーザー脱毛器でも、クリニックによって使われるレーザー脱毛器の機種が違う場合があります。

また、施術内容においても基本的な内容に差はないものの、施術に+αとしてオプションサービスを付けていたり、施術に関する保証内容の違い、接客に関する差やアフターサービスの内容の違いなどですね。

但し、これらの違いは美容クリニックだから、皮膚科だからという差ではなく、クリニック毎の違いとなりますので、美容クリニックと皮膚科の違いという視点で見ると脱毛方法や施術内容の差はないのです。

現在、医療脱毛(レーザー脱毛)にて永久脱毛を検討されている場合には、「美容クリニック」と「皮膚科」といった診療科目で比較するのではなく、診療科目にこだわらず「クリニック毎」の違いを比較していく方がご自身に合ったクリニック選びをすることができるのではないかと言えます。

皮膚科でレーザー脱毛をするメリット

永久脱毛を行う上で、施術内容や脱毛方法に違いがない美容クリニックでの永久脱毛と皮膚科での永久脱毛。

では、皮膚科で永久脱毛を行う際のメリットはあるのでしょうか?

皮膚科で永久脱毛を行うメリットを見ていきましょう。

皮膚の専門家である皮膚科医がいるから安心

診療科目を「皮膚科」と掲げている訳ですから、クリニックには皮膚の専門家である皮膚科医が常駐しています。

その為、基本的にトラブルは少ないと言われているものの、もしも施術中や施術後、肌に何かしらのトラブルが生じてしまった場合でも皮膚科医が迅速に対応することが可能です。

敏感肌の方や以前、サロンやエステなどの光脱毛において肌トラブルが起こってしまった経験のある方などは、皮膚科で永久脱毛を行う方が安心ですし、これは大きなメリットだといえます。

但し、美容クリニックでも皮膚科医が常駐しているケースもありますので一概には言えませんが、美容クリニックの場合は100%ではありません。

敏感肌の方や肌トラブルを抱えている方でも安心

前述した通り、皮膚科の場合、皮膚科医が常駐していますので、脱毛をしたいけれど、肌が敏感だから不安、肌トラブルをあるから心配という方の場合、専門医に皮膚の状態を見ながら、また、場合によっては皮膚の治療を行ってから永久脱毛をすることができます。

一つの病院で同じ医師に肌の治療と永久脱毛を診てもらうことができますので、トラブルが生じにくくこうした部分も皮膚科ならではのメリットだといえるでしょう。

肌に合った脱毛方法を模索、提案してくれる

皮膚科で永久脱毛を行う最大のメリットと言っても過言ではないのが「肌に合った脱毛方法を模索、提案してくれる」点ではないでしょうか。

皮膚科医は、肌の専門家。 日頃から沢山の患者さんの皮膚を診察しています。

その為、肌が弱いけど永久脱毛をしたいという方や敏感肌な為、永久脱毛は諦めているという方でも、肌に負担を掛けないよう永久脱毛するにはどうすれば良いのか?ということを考え、提案してもらうことができます。

これはやはり皮膚科医ならではだと言えるでしょう。 肌が弱く敏感な為、永久脱毛をしたいけれど諦めているという方でも皮膚科なら永久脱毛ができる可能性があるのです。