医療脱毛でより効果を出す方法!紫の光から皮膚を守ることが大切?

脱毛方法は数多くあり、なかでも医療脱毛は費用対効果が良いといわれています。

今回は、そんな医療レーザー脱毛の種類や効果、痛みなどについてお話ししたいと思います。

 

医療レーザー脱毛とは?

近頃の女性の約半数以上は脱毛に通ったことがあるというデータがあるほど、プロの手によって肌をきれいにしてもらうことは身近なものになっています。

実は、脱毛と一口に言っても、その施術を行っているところが実は2種類あるのをご存知ですか。 そのひとつがエステサロン、そしてもうひとつがクリニックで、医療レーザー脱毛とは、クリニックでのみ行われている施術です。

皮膚の表面やその下にあるメラニン色素に反応する特殊なレーザーを照射し、ムダ毛がその光を吸収することで熱エネルギーに変換され、それがダメージとなって毛乳頭を破壊することで毛をなくしていきます。

レーザー脱毛 種類

破壊された毛乳頭からは毛が再生することはほとんどなく、もしあったとしてもなかなか毛が生えてこないため、見た目にずっときれいな肌が続き、その効果は半永久的といわれています。

医療レーザー脱毛で照射されるレーザーは黒い部分にしか反応しないため、それ以外の部分にはダメージを与えず、安全にムダ毛処理をすることができる方法です。ただ、ほくろやシミにはレーザーが作用してしまうので、施術の際に濃く目立つ部分にはシールを貼るなどで対処します。

毛には「毛周期」というものがあり、成長期、退行期、休止期に分かれますが、レーザーが反応するのは主に成長期のムダ毛だけ

ひげ脱毛 レーザー

抜け落ちるのを待つ退行期と皮膚の下に埋もれている休止期の毛は全体のおよそ3分の2といわれており、それぞれの細胞によってそのサイクルは違うため、時期をずらしながら数回照射することで、全体の毛を徐々に減らしていきます。

医療レーザー脱毛の機械は出力が高く、その取り扱いは医療従事者が行い、資格が必要です。

体中の毛が生えているところなら、ほとんど全身のどの箇所にもあてることができるので、様々な女性のムダ毛の悩みはこの医療レーザー脱毛ですぐに解決することができます。

医療レーザー脱毛の効果とは?

ここでは、医療レーザー脱毛の効果について、より深く掘り下げていきましょう。

まず、前述のように、毛には毛周期があります。これは、毛が栄養を得て成長していく「成長期」、毛乳頭から離れ毛穴から抜け落ちていく「退行期」、次の発毛までを皮膚の下で待つ「休止期」に分けられますが、レーザーを照射して効果があるのは、成長期のムダ毛だけ。

永久脱毛 皮膚科

つまり、退行期と休止期のものには反応しないのです。 照射したレーザーは、メラニン色素のある黒い部分に反応します。 成長期のムダ毛は毛乳頭から栄養を得ている時期で繋がっているため、そこにレーザーを当てることでダメージが毛乳頭にも伝わりますが、退行期の毛は、すでに毛乳頭から離れてしまっている状態のため、そこにダメージを与えることができません。

休止期の毛は、そもそもそこに毛が生えていないのでレーザーが反応しないのです。 成長期の毛の量は、全体の3分の1程度であるといわれているため、一度の照射ではすべての毛にダメージを与えることができず、何度も繰り返すことが必要です。

毛周期は約2カ月から3カ月。クリニックに通うサイクルもそれに合わせるため、一度の施術から次回までは2カ月以上空いてからというのが基本。 早くきれいにしたいと、その期間を詰めて通っても、レーザーに反応する毛が少なく、回数の割に効果が表れないという事態になりかねません。

毛乳頭を破壊してしまえば、そこから毛が生えてくることはほとんどなく、また、生えてきても細いとか、生え変わりの周期が大幅に長引くため、皮膚の表面の毛穴が閉じて、ツルツルの肌になるのです。

医療レーザー脱毛で使われる機械は、出力が強いため、通常5回から6回の施術できれいになります。期間にすると、約1年から1年半。

エステサロンで使われる機械とは種類が違い、エステで同じ効果を得ようとすると10回以上かかるのに対し、その約半数で終わるため、効果が出るのが早いのが特徴です。

脱毛効果アップのためのポイント!

さて、医療レーザー脱毛について、少しずつわかってきたでしょうか。

他の脱毛方法に比べても、効果が高く、その成果が早く表れやすい医療レーザー脱毛。せっかく受けるなら、その効果を存分に得たいですよね。そこで、そのために日常生活の中で気を付けたいことについて、いくつかご紹介しましょう。 医療レーザー脱毛をはじめようと思っている人がまず初めにしなくてはならないのが、紫外線対策です。紫外線に当たると、肌の内部では、その刺激から守ろうとメラニン色素が生成されますが、メラニン色素が増えるとシミやほくろとして表面に出てきてしまうため、その部分にレーザーを照射することができず、施術を受ける範囲が少なくなってしまいます。

もともと色黒の人でも施術を受けることは可能ですが、日焼けをして肌が赤くなるなどの炎症を起こしている場合は、施術を断られることがあります。 施術を受けている最中であれば、なおさらUV対策が必要です。

紫外線は、皮膚の表面だけでなくその奥にまでダメージを与えるため、施術を受けたばかりの敏感な肌には大きな刺激となってしまい、レーザーを当てたその時には起こらなかったトラブルが、紫外線に当たったことで起きてしまう事態になりかねません。

また、施術を受ける前に長く伸びたムダ毛はカットしていくことが必要ですが、この時、前日に電動シェーバーやカミソリで処理をしてしまうと肌荒れの原因となってしまうほか、ムダ毛が毛穴に埋もれてしまい、レーザーをうまく照射できなくなってしまいます。 また、毛が抜けるのが待ちきれないからといって、毛を抜いてしまうのもやめましょう。

ですから、処理をするのであれば予約をした日の2~3日前がおすすめ。処理後は、しっかりと保湿をして、毛が皮膚の表面からすべて出ているように肌の調子を整えましょう。

より効果を感じたいのであれば、施術前や施術後のスキンケアがとても大切なのです。

痛みはあるの?

最も多くの人が気にするのが、医療レーザー脱毛の痛みです。 初めて受ける方もそうですが、一番心配しているのが、エステサロンからの乗り換えの方。

エステサロンで行われるフラッシュ脱毛では、痛みがほとんどないというのが最大のメリットで、中には、敏感肌や子どものデリケートな肌にも照射できるものもあるほど。

医療レーザー脱毛では、その出力が高く刺激が強くなるため、エステサロンで受けるよりも痛みを感じやすくなるのです。

しかし、最近のレーザー脱毛の機械の進化から、実際に受けた人が「エステサロンで受けるのとそれほど痛みは変わらなかった」との感想を持っている人が意外と多くいます

レーザーを照射すると、それがムダ毛の黒い部分に反応して熱エネルギーとなりますが、その時の刺激が「パチン」と輪ゴムをはじかれたような痛みとして感じられます。 この時の痛みの感じ方には個人差があるため、多くのクリニックでは、施術をする前にチェックのため数ショット照射してくれます。

この時に、耐えられる痛みなのか、そうでないかを判断し、もし痛みが強いという場合であれば出力を下げて、ソフトな刺激でレーザーを当ててくれますので、「自分は痛みに弱いから・・・」と心配している方にも安心です。

ただし、黒く太い毛はその分レーザーを吸収する範囲が広いので痛みを感じやすいほか、VIOなどのデリケートゾーンや顔など皮膚の薄い部分では、刺激が広がりやすいので、痛みに強い方でもできるだけテスト照射してもらう方がいいでしょう。

医療レーザー脱毛の施術中や施術後に冷却ケアをしてくれることや、クリニックでは医師が常駐しており、万が一のトラブルの時はすぐに診察を受けることができるので、安心して通うことができます。

効果の高さと安心感で選ぶなら、ぜひクリニックがおすすめですよ。