眉毛にも流行があるんです!プロにお任せの眉毛脱毛とは?

剃っても抜いても何度でも生えてくるのが、眉毛。
眉毛が整っているかそうでないかは、メイクの印象を大きく変えるので、特に気になる部分ですよね。

だからこそ、きれいに脱毛をしたいというのが、多くの女性の本音ですが、実は眉毛は、永久脱毛ができます。

眉毛の整え方や、眉毛脱毛の方法について詳しくご紹介していきましょう。

眉毛で第一印象は決まる!

テレビに出ている女優さんや、街行く人に「美人だな」と思う人を見かけることは結構ありますよね。
このように、「美人」と言われる人は、実は、眉毛の形がきれいであることにお気づきですか。

初めて人と会う時に、最も印象に残るのが、目元です。
「目は口程に物を言う」とはよく言いますが、これは単なることわざではなく、心理的な観点から見ても本当のことなのです。

相手にいい印象を与える目元は、眉毛と瞳のバランスがいいことが条件。
眉毛と瞳は、あまり距離が離れていない方が美人に見えます。眉毛と瞳の間の距離が離れていると、薄くのっぺりとした顔立ちに見えてしまいがち。特に、日本人の顔立ちだと余計にそう感じやすくなります。そうならないためにも、眉は細すぎず、ある程度の太さがある方がきれいです

また、眉毛を書く時には、眉頭は目頭よりも少しだけ内側から始め、眉頭と眉尻は平行にするのが理想です。眉山は、黒目の外側に合わせるように膨らみをつけ、眉尻は小鼻と目尻を結んだ線の延長上で止めましょう。
こうすることで、それぞれの瞳のサイズに合わせたきれいな形の眉毛が仕上がります。

眉毛の印象は、顔の印象の約8割を決めるといわれますから、自分に合った眉毛に整えることで、相手によりいい印象を与えることができますよ。

2016年はどんな眉毛が流行なの?

眉毛は、ファッションと同じように流行があります。

2014年に流行したのは、まっすぐな眉です。表情を柔らかく見せるようにふんわりと柔らかに作り上げるのがポイント。眉の上下を平行になるように整え、直線的にするのが人気でした。

2015年のトレンドは、太眉でした。目元にインパクトをプラスしながらも、ナチュラルな雰囲気にするため、できるだけ眉を太くして、存在感のあるように仕上げるのが人気でした。

そして、2016年は、アーチ眉です。
眉山に少し高さを出し、全体をカーブさせるように仕上げるのがトレンド。優しく上品な雰囲気になるようにするのがおしゃれです。
ここ数年、太くて直線的で、どちらかというとマスキュリンな雰囲気だった眉が、今年になってその形が少し丸みを帯び、フェミニンな雰囲気に変化したのが大きな特徴です。

また、眉毛は短くカットしてしまうよりも、ふんわりとした感じを出すため、全体の長さを残すのがおすすめ。メイクをする時に、アイブロウパウダーなどでぼかしながら仕上げると、よりトレンド感のある眉毛になりますよ。

眉毛の整え方のポイント

メイクをする時に、一番気を遣うのが、眉毛の形です。
顔の左右のバランスが完全に均等な人は、ほとんどいません。例えば、食事をする時に左右どちらかの歯ばかり使ってしまうとか、いつも同じ方の肩に鞄をかけているなど、日常生活の中のクセで、顔の骨格のバランスは簡単に崩れてしまうからです。ですから、眉の形も左右で少し違いがあるのは、自然なこと

眉毛の辺りを触ってみると、その形に合わせて骨が出っ張っているのがわかりますよね。
眉毛を整えるときのポイントは、自分の顔の骨格にいかに合わせるかということです。

では、最も簡単な眉毛の整え方をご紹介します。

まずは、眉毛用のハサミ、コーム、スクリューブラシを用意しましょう。
はじめに、鏡で顔を正面から見て、眉の周りの明らかに不要だと思う毛を処理します。
そして、スクリューブラシで全体の毛流れを整え、毛の長い部分にコームを当てます。コームを当てた時、眉毛のラインからはみ出す長い毛のみをハサミでカットして、出来上がりです。

基本は、これだけ。

眉毛の処理は、本来、とってもシンプルでいいんです。これを作りこもうとするから不自然になり、うまく眉メイクが仕上がらないと悩む原因になってしまいます。
今年のトレンドは、ナチュラルな雰囲気なので、あまり手をかけすぎないのがポイントですよ。

眉毛脱毛の方法

眉毛脱毛には、様々な種類があります。

糸脱毛は、スレッディングとも呼ばれ、糸に絡めてムダ毛を抜き取る方法です。日本以外のアジア圏の国では、庶民に昔から愛されている美容法で、老若男女に一般的なものとして浸透しています。

ブラジリアンワックスは、温めた専用のワックスを眉毛の気になる部分に塗り、冷えて固まったところで一気に剥がす方法で行います。剥がす時に皮膚の角質まで一緒に取り去ってしまうので、眉毛の上や眉間などは大丈夫ですが、皮膚が薄いまぶたなどはあまりお勧めできません。自分で行えるセルフキットも販売されていますが、コツが必要です。

ニードル脱毛は、針脱毛と呼ばれ、毛穴のひとつひとつに電流の流れる針を刺して毛根にダメージを与える方法です。一度施術を行うと半永久的に毛が生えてくることがないので、効果が高いと人気です。また、脱毛の施術が難しいとされるまぶたにも行うことが可能です。

光脱毛レーザー脱毛は、ムダ毛のメラニン色素に反応する特殊な光を当てて、反応した時の熱エネルギーをムダ毛へのダメージとして脱毛を行う方法です。光を目元に照射するとかなりまぶしいので、施術の際はサングラスやタオルなどでガードしながら行います。
眉上と眉間への施術は可能ですが、光の刺激が強いことや、照射した時に熱が発生するため、まぶたへフラッシュを照射することはできません。ですから、エステサロンやクリニックでは、フラッシュやレーザー脱毛とニードル脱毛を組み合わせて、顔脱毛を行うケースも多くあります。

眉毛サロンに行く人が増えている?

自分で眉毛をきれいに整えるのは、本当に難しいこと。
鏡に近づいて、丁寧にやればやるほど、あとから見た時に左右が揃っておらず、ガタガタだったという経験はありませんか。眉毛は、顔の印象を大きく左右します。いい印象も悪い印象も、眉毛の形が決めてしまうといっても過言ではありません。

最近では、自分では難しい眉毛のお手入れをプロに頼もうと、眉毛サロンに行く人が増えています。眉毛サロンでは、まずカウンセリングを受け、どのようなところが気になっているのか、理想はどのような形の眉毛か、どのような雰囲気にしたいのかなどを相談します。

それを踏まえ、プロの視点から、それぞれの骨格や目や口、鼻などのパーツを見ながら、最適な形や太さに整えてくれます

カミソリやハサミでカットして整えることが基本ですが、毛抜きで抜いて処理をすることもあり、その場合は後に冷却をして仕上げてくれます。

眉毛サロンでは、永久脱毛を行っていない場合がほとんどなので、数週間に一度お手入れに通うことが必要になります。

眉毛を整えるだけで、多くの人は印象ががらりと変わったことを実感するもの。
「たかが眉毛」と思わず、ぜひ一度眉毛サロンを訪れてみてはいかがでしょうか。
​​​​​​​

まとめ

  • 眉毛と瞳のバランスがいいと相手に好印象を抱かれやすい。
  • 眉毛にも流行はあり、2016年はアーチ型。
  • エステサロンやクリニックでは、フラッシュやレーザー脱毛とニードル脱毛を組み合わせて顔脱毛を行うケースが多い。