自己処理は危険!Iゾーンのお手入れは医療脱毛で安全にキレイに

Iゾーンは粘膜部分がとても近いため、自己処理が難しい部位です。 自己処理ができないわけではありませんが、肌トラブルが起きやすく、正しい処理とケアが必要です。 医療脱毛で処理したいけど恥ずかしいという方もいらっしゃると思いますが、自己処理では満足できない、面倒なお手入れから解放されたい、肌トラブルで困っている、そんな方はぜひ勇気を出して医療脱毛で安全にIゾーンを美しく整えてみて欲しいです。

目次

  1. Iゾーンのお手入れ方法
  2. 毛抜きで抜く
  3. 医療脱毛でお手入れする

Iゾーンのお手入れ方法

自己処理をする場合、毛の長さを整える、毛の生えている面積を小さくするなどの方法があります。 毛の長さを整えるお手入れなら自己処理でも簡単に行うことができると思うのですが、毛の生えている面積を小さくするというのは自己処理では難しいですよね。 カミソリやシェーバーで処理しようとすると、チクチクして不快な肌触りになってしまうことが多く、お肌を傷つけてしまう可能性が高いです。 より安全に処理したいのであれば、カミソリよりもシェーバーをおすすめします。

毛抜きで抜く

毛の生えている面積を小さくするため、毛抜きでIゾーンのお手入れをされている方もいらっしゃるようなのですが、とても強い痛みを伴います。 肌トラブルや毛穴トラブルが起き、毛細血管を傷つけることで出血する恐れもあります。 Iゾーンの毛はとても濃く太い毛ですが、毛抜きで抜くと埋没毛になりやすいです。

医療脱毛でお手入れする

医療脱毛は医師が施術を行うため、より安全に安心してIゾーンなどのデリケートな部位のお手入れもできます。 Iゾーンの太く濃い毛にはレーザーもよく反応しますので、腕や脚などの毛と比べて効果を実感しやすいです。 しかし、その分とても強い痛みも伴います。 痛みを我慢することができない場合、医師に申し出ることで適切に対応してもらうことができるという点も医療脱毛のメリットです。 炎症などが起きてしまった場合も、その場で適切な治療を受けることができます。 クリニックによって異なりますが、Iゾーンの脱毛は5回40000円ほどで可能です。 Iゾーンは粘膜部分がとても近いため、自己処理が難しい部位です。 自己処理ができないわけではありませんが、肌トラブルが起きやすく、正しい処理とケアが必要です。 医療脱毛で処理したいけど恥ずかしいという方もいらっしゃると思いますが、自己処理では満足できない、面倒なお手入れから解放されたい、肌トラブルで困っている、そんな方はぜひ勇気を出して医療脱毛で安全にIゾーンを美しく整えてみて欲しいです。