意外と見られてる!男性の手の甲・指の毛の処理は必要?

最近の男性は、エチケットとしてムダ毛処理をする人が多くなりました。

人気が高いひげ脱毛に続いて、今最も注目されているものの一つが、手の甲や指の毛。

人目に付きやすいこの部位のムダ毛処理について、基礎知識や様々な方法をご紹介します。

手の甲・指の毛は意外と見られている

あなたは、初めて会った相手のどこに注目しますか。 最も注目するのは「顔」。次に「」と答える人が多いのです。

女性は、ネイルなどで、日ごろからハンドケアをすることに余念がありませんが、男性が普段自分の手をケアするという人はなかなかいませんよね。

実は、手は意外と見られている場所なのです。

例えば、初対面の人に握手をするために手を差し出す時、名刺交換をするとき、ミーティングや商談など、机上で文字を書いたり、資料配布をする時。

いつも相手に向けている顔のように、あらゆるシーンで人と接するのが「手」なのです

だからこそ、手の印象はとても大切。

男性はもともと体毛が濃いので、ある程度手の甲や指に毛が生えているのは当たり前のことですが、あまりに多ければ、その印象はよくありません。

ビジネスシーンにおいても、ムダ毛の処理をしておく方が清潔に見えて印象がいいものです。

また、女性に与える印象にしてもそう。

手をつないだ時に、チクチクとした毛が手のひらに当たるのが嫌だとか、差し出した手に濃い毛がびっしりと生えていると、びっくりしてしまうという人がいるのも事実です。

目につきやすいからこそ、身だしなみの一部としてきれいに処理をすることがおすすめです

脱毛方法は?

手の甲や指のムダ毛処理方法には、自己処理と脱毛の専門サロンに通う方法の二通りあります。

ここでは、それぞれのムダ毛処理方法についてご紹介していきましょう。

シェーバー

自己処理の方法として最も手軽で簡単なのが、シェーバーを使う方法です。

毎朝早くに家を出て、残業で遅く帰宅するようなハードな日々を送る男性は、自分の身だしなみのことまでなかなか手が回りませんよね。

最低限の身支度はできても、ムダ毛処理まで行うとなると億劫でついついさぼってしまいがち。

シェーバーなら、例えば、朝洗面所で髭を剃ったついでに手のムダ毛処理をすることができるので、忙しい男性にもおすすめの方法です。

シェーバーは、刃にカバーがついているので、肌への負担が軽く、滑らせるだけですぐにきれいに処理ができるので、初心者の人にも使いやすいところがメリットです。

デメリットは、永久性がないということ。

処理をしても、すぐに生えてくるため、数日おきに何度も処理をすることが必要です。

毛抜き

手軽にできる自己処理の方法の一つが、毛抜きです。

すぐに目にわかる効果が表れ、細かい部分まで処理することができるのがメリット。

デメリットは、大きな痛みを伴うということです。

手の甲や指の毛は、細い毛や太い毛を合わせると、数百本以上生えており、それを一本ずつ処理するとなると、皮膚への負担はとても大きくなります。

また、時間がかかりすぎてしまうのも難点。

毛抜きは、手軽にできる分、肌や毛穴への負担が大きく、出血や赤み、毛穴の腫れなど皮膚トラブルにつながりやすいため、あまりおすすめできる方法ではありません

使うのであれば、細かな部分だけにとどめるなど、ポイントに絞って使用するようにしましょう。

脱毛クリーム

脱毛クリームは、専用のフォームを、ムダ毛を覆うように皮膚の表面に湿布し、少し時間をおいてから洗い流してムダ毛を処理する方法です。

短時間で広い範囲を処理することができ、特別な技術なく、誰にでも簡単にできることがメリットです。

デメリットは、シェービングと同じように、永久性がないこと。

また、脱毛クリームを何度も買いに行くことでかかるコストもそうです。 皮膚に直接薬剤の入ったクリームを乗せるため、皮膚の弱い人や敏感な時期には、腫れや赤みなど、トラブルを起こしてしまう可能性があります

心配な人は、脱毛をする前に、一度薬剤を肌に乗せてパッチテストを行うことがおすすめです。

医療レーザー

医療レーザーは、美容クリニックで行われる脱毛の施術です。

医師など、資格を持った人のみが使える機械で、皮膚にメラニン色素に反応するレーザーを当て、ムダ毛や毛根の黒い部分にダメージを与えて脱毛します。

ダメージを加えられたムダ毛を伝わり、毛穴の奥にある毛乳頭が破壊されるため、一度その毛が抜け落ちたら次の毛が生えてくることはほとんどなく、あったとしても細いものなので、高い脱毛効果を得られます。

効果は半永久的と言われ、脱毛した後の肌は毛穴が締まり、なめらかですべすべの肌になるため、美肌効果も期待できます。

レーザー脱毛の注意点は?

簡単にできる自己処理ですが、やはり、ムダ毛は何度も生えてきてしまうため、その都度処理をするのは面倒ですよね。

最近では、男性用脱毛サロンが増えてきたこともあり、プロの手に任せるという人も多くなっています。 レーザー脱毛は、クリニックで行われる施術です。

出力の強い機械を使うため、レーザーを当てた時、メラニン色素と反応した時の刺激で痛みを感じたり、発生した熱で皮膚に熱がこもるような感覚になります。

多くの人にとっては、なんてことのないものですが、人によっては痛くて耐えられないとか、皮膚に赤みが出てしまうなど、皮膚トラブルを起こすことがあります。

また、レーザー脱毛を受けた後は、皮膚が乾燥しやすくなります。

レーザーがメラニン色素と反応し、毛乳頭を破壊した時、同じように毛穴にも大きなダメージが与えられますが、同時に毛穴の汗腺などの動きも弱まり、皮脂の分泌が少なくなってしまうため、乾燥しやすくなるのです。 レーザーを当てた時に発生する熱で、水分が奪われてしまうというのも、その要因の一つ。

乾燥肌を放置しておくと、肌を守るためのバリア機能が低下し、少しの刺激でも肌荒れを起こしやすくなってしまいます。 水分がない乾燥した肌は、卵の殻と同じような状態。 水分で満たされた肌は弾力があるため、ダメージを跳ね返してくれますが、卵の殻のような乾燥して硬い状態であれば、ダメージがダイレクトに伝わるため、脆く崩れやすいですよね。

施術を受けている期間中は、いつもよりも多めにハンドクリームなどを塗り、保湿を心掛けましょう

健やかな肌状態を保つことができれば、施術の仕上がりもまた、ワンランクアップしますよ。

期間・費用はどのくらい?

レーザー脱毛は、毛周期という毛の生え代わりのサイクルに合わせて、2カ月に1度のペースで照射します。

このサイクルは、一つ一つの毛穴によって違い、何度も照射することで、全体の毛の量を減らしていきます。

個人差はあるものの、通常は5回くらいの施術で効果を実感することができ、期間でいえば約1年。

費用は5万円前後というのが相場ですが、初めて施術を受ける人に向けたキャンペーンなどタイミングによっては、数千円程度から施術を受けることができるところもあります。

施術を受けている人にも、期間限定キャンペーンや、お得なイベントがあるので、定期的にチェックしてみるといいでしょう。

レーザー脱毛では、施術を受けるためクリニックに通い続けなくてはいけないので、忙しい人にとっては時間を確保するのが大変かもしれません。

しかし、その分、効果は半永久的なので、この際施術を受けてしまうのがおすすめ。

清潔感のある手元は、ビジネスシーンでも、女性に対しても好印象ですよ。

まとめ

  • いつも相手に向けている顔のように、あらゆるシーンで人と接するのが「手」であり、だからこそ手の印象は大切。
  • 家庭でできる脱毛方法とクリニックやサロンでの脱毛があり、自分に合った脱毛方法を選ぶのがカギ。
  • レーザー脱毛を行った際は、しっかり保湿を行うこと。