美容効果No.1?脱毛サロンで受けられるフラッシュ脱毛の効果とは

フラッシュ脱毛とは、サロンによって、「光脱毛」や「IPL脱毛」と表現するところもあります。

施術中の機械が、カメラのフラッシュライトのような光を発していることから、フラッシュ脱毛と呼ばれています。

今回は、そんなフラッシュ脱毛の効果やメリット・デメリットについてお話ししたいと思います。

 

フラッシュ脱毛とは?

「フラッシュ脱毛」は、「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」と並ぶ現代の脱毛方法の1つです。

この方法は、IPLやプラズマといった黒色にだけ反応する特殊な光を照射することで、ムダ毛の根幹やメラニンを攻撃し、再生しにくくする、というものです。従来から行われてきたニードル脱毛が、ムダ毛1本1本に電気を流して確実に脱毛するのに比べて、随分と仕組みが異なっています。

>> IPL(インテンスパルスライト)脱毛とは

しかし、レーザー脱毛とは似た点が多く、どちらもメラニン等の黒色に反応して照射を行い、毛穴の毛乳頭や毛母細胞などを熱処理します。

大きく異なるのは、その照射する威力です。フラッシュ脱毛のフラッシュライトは幅広い波長を持つため、拡散性が強いので、威力は弱いのですが広範囲に照射ができます。

ひげ脱毛 レーザー

一方、レーザー脱毛のレーザーは、波長は1つだけで、直進性が強く、黒色に集中して照射します。照射する威力や波長が異なることで、得意とする脱毛の種類にも違いが出てきます。

>> レーザー脱毛マシンの種類と特徴

レーザー脱毛 種類

この2種類の脱毛方法は、ニードル脱毛に比べると、より安全で肌に優しいので、最近ではこちらが主流になってきているようです。

特に、フラッシュ脱毛は色の薄いムダ毛にも濃いムダ毛にも反応するので、施術できる範囲が広いと言えます。また痛みがほとんどなく、肌に優しいので、顔の脱毛にはもちろん向いています。

また、肌の角質やキメを整えたり、毛穴を引き締めたり、といった美容効果も高いので、人気が高まってきています。

フラッシュ脱毛の効果

それでは、その脱毛効果や特徴について、レーザー脱毛との比較をしながら見ていきましょう。

先述したように、フラッシュ脱毛の光は広範囲に優しく照射します。そのため、1回の施術時間が短く、痛みもほぼ感じないようです。レーザー脱毛の場合は全く逆の性質を持っており、色が濃くて黒い部分に強く反応し、そこに集中して照射するので、その分痛みが増します。

しかし脱毛の効果に焦点をあてると、フラッシュ脱毛に永久脱毛の効果は期待できません。もともと照射力が弱いために、1回の脱毛効果としてはレーザー脱毛の方が高いと言えます。

フラッシュ脱毛 効果

フラッシュ脱毛の仕組みとしては、毛母細胞がすべて死滅するまで、その照射を何度も繰り返すことで効果を高めていきます。

フラッシュ脱毛 効果

つまり、1度や2度の治療で明らかな効果が現れるわけではないのです。

また、1度の照射での脱毛の持続力は1ヵ月程度で、それを過ぎれば、以前のものより細くなってはいますが、またムダ毛が生えてくるようになります。毛母細胞が死滅するまでには、この照射と再生のサイクルを、最低でも3~5回繰り返す必要があるのです。

さらに、その治療を受ける脱毛サロンやエステ等によって、使用する光の威力に違いがあれば、それだけ効果にも違いが表れます。照射力が弱ければ弱いほど、脱毛効果は期待できません。

フラッシュ脱毛は確かに痛みが少なく、1回の施術は短時間で済みますが、その効果を最大限に引き出すには、根気強く治療を受け続けなければいけないうえに、最大限に引き出しても期限が有限であることは記憶しておいてください。

メリット・デメリット

自分に合った脱毛方法を選ぶためには、それぞれのメリットもデメリットも理解しておく必要があります。

メリット

まずメリットとしては、先述した通り「痛みが少ない」ということが挙げられます。フラッシュ脱毛は、複数の波長の光が、弱い出力で広範囲に照射するので、痛みはほとんど感じられないのです。また、そのことが「1回の施術時間が短い」「肌への刺激や負担が少ない」というメリットにも繋がります。

デメリット

一方、デメリットとしては「脱毛効果が劣る」ことです。メリットでもある照射の出力が優しいことが、脱毛効果としては弱いことを表しているのです。レーザー脱毛やニードル脱毛と比べてみると、その脱毛の持続性や永久脱毛の効果も弱く、脱毛効果をあげていくためには繰り返しの施術が必要になります。

また、治療を受ける脱毛サロンやエステ等が行うフラッシュ脱毛の光の威力が弱ければ、それだけ効果も弱くなるので注意しなければなりません。あまりに弱いと、細い毛や黒くない毛、薄い産毛等には反応を示さない、といったことも考えられます。

また1回あたりの費用は安いですが、脱毛効果が弱いということは通う回数が多くならざるをえないということです。結果的にレーザー脱毛と同じくらいの費用がかかってしまう可能性があります。

このように、その特徴は一長一短ですが、脱毛を希望する方の大半は永久脱毛を望んでいる方が多いと思いますので、よほどのこだわりがない場合はクリニック(レーザー脱毛)を選ぶのが良いでしょう。

フラッシュ脱毛の治療期間・回数は?

治療にかかる時間や期間については、脱毛する部位や毛の性質等により異なりますが、繰り返し照射を行うことにより、効果を上げていく治療方法であるため、ある程度の治療回数と期間が必要になります。一回で強力な照射を行うレーザー脱毛と比べると、脱毛の効果を実感できるまでには約2~3倍の長い期間がかかると言われています。

しかし1回の治療時間で言えば、一度に広範囲の照射ができるので、その分レーザー脱毛よりは短くて済みます。 このような照射を、両ワキや両腕等の局所的な部分に行う場合は5、6回顔に行う場合は7、8回程度繰り返すことで治療が終わるようです。期間にすると、最低1年~1年半、なかには2年以上かかる場合もあります。タイミングとしては約2ヵ月に1回の治療を、それだけの回数分行うことになります。

>> 脱毛に通う回数や期間の平均とは?

このような事情から、フラッシュ脱毛を始めるのであれば、治療が終了すまでの期間を長い目で見て、通院に充てる時間と期間の確保をしておかなければなりません。

こんな人に向いている?

脱毛にも種類がありますが、ここまでの話で、自分には一体どの脱毛が向いているのか分かってきたのではないでしょうか。もちろん、それぞれの方法に一長一短があり、得意とするもの、不得意とするものが分かれています。

例えば、1回の施術で完全に脱毛ができるニードル脱毛は魅力的ですが、その分強い痛みを伴います。 また、レーザー脱毛は脱毛効果が高く、数回施術を繰り返せば永久脱毛も可能です。しかし、値段が高い上に、フラッシュ脱毛と比べると痛みが強いのが特徴です。

その点を踏まえたうえで、そういった脱毛方法を選ぶ人もいますが、では果たしてフラッシュ脱毛を選ぶ、フラッシュ脱毛に向いている人とはどのような人なのでしょうか。

まず、「全身脱毛等、広範囲にわたって脱毛をしたい人」です。これはフラッシュ脱毛が選ばれる最も多い理由の1つで、その照射の特徴により、一気に広範囲の脱毛が可能となります。脱毛したい箇所が、ワキや腕、足、髭等、たくさんある場合は大変便利です。

また、「痛みに弱い人」は他の脱毛方法に比べると、はるかに痛みの少ないフラッシュ脱毛が最適です。

しかし、最近はレーザー脱毛の機器も進化してきており、痛みを感じにくいタイプなども出てきているため、永久脱毛を望むならそういった機器を取り扱っているクリニックを探すのが良いかと思います。

まとめ

  • フラッシュ脱毛とは、IPLやプラズマといった黒色にだけ反応する特殊な光を照射することで、ムダ毛の根幹やメラニンを攻撃し、再生しにくくする、というもの。
  • フラッシュ脱毛の光は広範囲に優しく照射するため1回の施術時間が短く、痛みもほぼ感じない。
  • 全身脱毛等、広範囲にわたって脱毛をしたい人、痛みに弱い人などはフラッシュ脱毛に向いているといえる。