お家で自己処理派?家庭でできる顔の脱毛方法3つと注意点

脱毛したい場所はいくつもあると思いますが、その中でも顔の脱毛は多くの人が考える場所だと思います。男性にしろ女性にしろ髭は特に脱毛したくなる場所ですよね。

今回はそんな顔の脱毛を自宅でやるのは良いのか悪いのか、それについてご説明いたします。顔は他の部分と比べて肌が敏感ですから、やはり安全かどうかは気になりますよね。

顔のムダ毛処理って大事?

そもそも顔のムダ毛処理は必要なのかと思う人も良いかもしれませんので、その重要性についてお話していきます。

男性の場合

まずは男性の場合です。男性の顔のムダ毛と言えばやはり髭が真っ先に思うかもしれませんが、これはやはり処理すべきです。人によってはオシャレに手入れをして髭が似合う人もいますが、基本的に髭に対して良いイメージを持っている人は少ないです。

特に髭剃りをした時に微妙に剃り残してある状態は印象が悪いです。「髭の処理をしっかりやっていないずぼらな人」「あまり外見を意識しない不誠実な人」という風に思われる場合もあるのです。

髭に限らず顔の産毛が濃い人も注意しましょう。顔全体が暗く見えてしまうため、根暗な人に思われている可能性があります。顔というのは人が見る事の多い部分ですので、ここの印象がその人の印象と言っても過言ではありませんから、しっかりと処理しておくのが社会人として最低限のマナーとも言えるでしょう。

女性の場合

続いて女性の場合です。男性に比べれば髭が濃くて目立つ事もないので処理しなくてもいいと思いがちですが、産毛のあるなしは化粧の良し悪しにも影響を与えます。顔の産毛を処理すると、化粧品の吸着力がアップしますので、化粧崩れの心配がかなり無くなります。

また化粧ノリも良くなるので、肌の色合いもかなり明るく見えてきます。しかも女性にとっては天敵のニキビ予防にも効果があるため、顔の産毛処理は結構大事なのです。

顔 脱毛 家

このように顔のムダ毛処理は男性でも女性でもかなり重要度が高いです。先ほどもお話ししたように、人の印象というのは顔で決まる事が非常に多いので、相手に不快な思いをさせないためにも顔のムダ毛処理をしっかりと行っていきましょう。

顔のムダ毛・ヒゲの処理法

それではここから具体的な顔のムダ毛処理の方法についてご説明いたします。髭に関しては男性の方が濃く太い毛が多いためそれぞれの方法でも別枠として説明します。基本的には産毛に対しての処理方法と思って読んでいってください。

カミソリ

まず顔のムダ毛処理方法として真っ先に思い浮かぶカミソリでの処理に関してです。最も簡単で、既に行っている人も多いと思います。

多くの人がクリームやシェービングを顔に塗って剃っていると思いますが、実はいくつかの注意点があります。

注意点1:クリームを塗る前

まずクリームを塗る前に、蒸しタオルなどで脱毛部分を温めましょう。これによって毛穴を広げる事ができるため、肌へのダメージを軽減できます。もちろん入浴後でも大丈夫です。

注意点2:剃る時

次の注意点は剃る時です。まず片手にカミソリを持っていると思いますが、この時逆の手で顔の毛の流れと逆方法に皮膚を引っ張るようにしましょう。そしてカミソリは毛の流れに沿って剃るようにしましょう。毛の流れに逆らうとカミソリに毛が引っかかりやすくなって、毛根から無理やり引き抜く形になって肌にダメージを与えます。ちょっとでも突っかかったりしたら無理にカミソリを進めず戻しましょう。

そしてできる限りカミソリは1回だけ肌に当てるようにして処理しましょう。同じところを何度も剃っているとその分肌へのダメージが蓄積されていくので、1回で終わるように注意しながら処理してください。

注意点3:処理後

最後にカミソリで処理をした後は冷たい水で洗うようにしましょう。温めると毛穴が開くように、冷ますと毛穴が閉じます。毛穴が開いたままだと雑菌が入り込んで炎症を起こすので早めに洗い流しましょう。保湿クリームなどを塗るのも大事ですよ。

顔 脱毛 家

髭の処理に関しても同じように毛穴を広げる、同じところを何度も剃らない、処理後のアフターケアもしっかり行う、この辺を抑えておけば問題ありません。

髭をカミソリで処理した場合は脱毛ではないためまたすぐに生えてきますので、毎日処理する必要がある点は覚悟しておいてください。産毛処理の場合は1ヶ月に1回程度で大丈夫ですよ。

脱毛クリーム

続いては脱毛クリームでの処理方法です。先に注意しておきたいのですが、脱毛クリームと呼ばれている物は基本的には除毛クリームという点です。脱毛とは毛を毛根から抜き去る事を指しますが、脱毛クリームと呼ばれる物の効果は毛を溶かす事になります。この毛を溶かす効果は肌から出ている部分に限定されるため、毛根にはほとんど影響がありません。なので正しくは除毛クリームである事を覚えておいてください。

こちらは最近顔用も出てきているので使用自体には問題ありませんが、基本的に髭に対して効果を発揮するように作られているため、産毛処理としてはむしろ刺激が強すぎて肌へのダメージの方が大きい事が多いです。

なので除毛クリームでの顔のムダ毛処理は髭が濃い人、そして肌が強い人限定になります。除毛は毛を溶かす成分があるため肌へのダメージもかなりあります。パッチテストを行って問題がない場合のみ使用するようにしましょう。絶対に顔に傷を作りたくない、キレイな肌を維持してきたからダメージがあるのは絶対に嫌、という方はお勧めしません。

毛抜き

最後に毛抜きでの処理をご説明しますが、簡潔に言ってお勧めしません。産毛と言っても毛は毛ですから、毛根も当然あります。そのため毛抜きで抜き取る際には肌へのダメージがあります。実際に毛抜きで抜いてみると分かりますが、純粋に痛みも感じます。

顔の産毛と言っても結構な本数があるので、それを毛抜きで1本1本抜くのは手間も痛みも多すぎます。肌荒れの原因にも繋がりますので、絶対に毛抜きでは処理をしないようにしましょう。髭の場合も同じです。

基本的に顔のムダ毛処理はカミソリが簡単かつ安全という事になります。基本的に産毛が多いため効果の強い除毛クリームなどは逆効果になりやすいのです。その辺りに注意して処理していきましょう。

クリニックで施術

顔の脱毛を考えた時にクリニックに通う事も検討している方がいるかと思います。

実際にクリニックで顔のムダ毛を処理する事は可能ですし、効果も高くて安全性にも優れてるためお勧めです。レーザー脱毛と呼ばれる施術が特に効果が高く、毛の成長を阻害してくれるため次に生えてくるまでの期間も驚くほど長くなります。毎日髭の処理が大変な男性には特に人気とも言われています。

またレーザー脱毛は医療行為とされていますので、施術は専門家が行ってくれるという安心感があります。また万が一肌にトラブルが発生した時にもそのまま対応してくれるため、サポート面が充実している点もメリットです。

そんなレーザー脱毛ですが、実際には1回の施術で全て脱毛し切るわけではなく、数回に渡って照射する必要があります。効果が実感できるまでに3回、満足のいく結果が出るまでに5回とも言われていて、その5回分の治療費がまた高いという事でも有名です。人によっては10回近くかかる事もあって、良い評価もあれば悪い評価もあるクリニックが多いです。

しかしレーザー脱毛は多くの方に有効な脱毛方法なのは確かで、高額を払ってでもやる価値があると太鼓判を押す人もいます。もしも経済的に余裕があればぜひクリニックでの脱毛も計画してみてください。

まとめ

  • 男性は髭に限らず顔の産毛が濃い人も注意。
  • 女性の場合は顔の産毛を処理すると化粧品の吸着力がアップするので、化粧崩れの心配がかなり無くなる。
  • レーザー脱毛は多くの方に有効な脱毛方法なのは確かで、高額を払ってでもやる価値があると太鼓判を押す人もいる。