脱毛石鹸って本当に効果があるの?除毛、抑毛効果はある?

最近脱毛に関する業界で注目を集めているのが脱毛石鹸。普段通りお風呂で体を洗う時にこの石鹸を使えばムダ毛を落とせる、などの夢のような存在とされています。

しかし果たして本当にその石鹸で体を洗っただけでムダ毛を落とせるのか、という疑問が思い浮かびますよね。そこで今回はそんな疑問を解決すべく脱毛石鹸を調べてきましたので皆さんにもお伝えいたします。

ムダ毛のメカニズムとは

まずはその前に、そもそも何故ムダ毛は生えるのかと言う話を進めていきます。ムダと言ってるんだから毛は必要ないのではと思っている方も多いでしょう。

しかし毛の役割と言うのは実は多くて、実際に役立っている場面においても3つほど存在します。

役割1:外部の刺激から体を守ってくれる

まず1つ目は外部の刺激から体を守ってくれる点です。体毛は外側からの刺激に対して緩衝材としての役割を持っているため、怪我のダメージを軽減してくれるようになっているのです。

役割2:体温調節

2つ目は体温調節です。人間には体温として大体36度ほどの温度がありますよね。これは暑い沖縄でも寒い北海道でも変わりませんよね。

この外気温に対して体温を一定に保ってくれるための役割を体毛も担っているのです。また紫外線から肌を守ってくれる役割も持っていて、意外と自然環境での脅威から身を守ってくれているのです。

役割3:センサー

そして3つ目はセンサーとしての役割を持っている点です。毛に触れただけで触覚としての機能が働くため、何かに触れた時の反応が早くなります。蚊なんかは良くいつの間に刺したか分からないですよね。

しかし毛のある部分に来た時にはすぐに違和感に気付きませんか。そういったセンサーとしての役割も持っているのです。

脱毛石鹸

こういった役割を持っているために体毛は成長するとともに生えてきて、徐々に濃くなっていくのです。決して本当の意味でのムダ毛は1つもないのです。 これだけ聞くと体毛は結構大事なんだなと思うかもしれませんが、現在の環境下においてはそこまで重要視されません。実際の所、外部からの衝撃を防ぐ役割も、体温を調節する役割も今は衣服が担ってくれています。センサーに関してもそもそも体を覆う服があれば蚊も吸えませんよね。 つまり人間社会が進歩してきた結果、体毛の多くはムダ毛になりつつあると言うのが正解です。なのでムダ毛を剃っても問題ありませんし、むしろ人によっては毛深い事に対して嫌悪感を抱く事も多いので、剃れる時に剃っておきましょう。

脱毛石鹸とは?

それではここからは注目されつつある脱毛石鹸についてご説明いたします。脱毛石鹸とはその名の通り、脱毛効果のある石鹸を指します。 脱毛石鹸

実際にAmazonではいくつか販売されていて、モウダッツソイレソープやイーピーアイソープという商品が見つかります。

商品説明を見ると、確かに脱毛剤に使われている成分を使っているだとか、ムダ毛を溶かすなどの説明が書かれています。しかしこれらの説明はよくよく調べると実は少しおかしい事が分かります。 そもそも脱毛と言う言葉の意味をご存知でしょうか。

脱毛と言うのは毛を脱ぐ、つまり毛を毛根から抜き去る事を意味しています。しかし先ほどの商品説明の所にはムダ毛を溶かすと書いてありましたよね。これは脱毛ではなく除毛と呼ばれる意味になります。

それじゃ詐欺じゃないかと怒るのも当然ですが、別に詐欺をしているわけではありません。実際に脱毛石鹸と商品名に書かれているわけではありませんし、そもそもこの脱毛と除毛の言葉の違いに関しては昔からよく言われている紛らわしい言葉なのです。

脱毛と言う言葉は本来なら医学的な処置に当てはまるため、一般的な美容系のアイテムでは絶対にありえません。医師の処方が必要な薬が一般に売られている事と同じ事です。それくらい脱毛という言葉は本来厳しい単語なのです。

しかし体毛にコンプレックスを持っている人が最初に思いつく単語がやはり脱毛のため、どうしても脱毛と銘打って商品を売りだそうとしてしまうのです。そうしないと今のネット社会では商品を見付けてもらう事すら困難になってしまうからです。

この脱毛と除毛の話はこれ以上すると長くなってしまうので割愛しますが、とにかく脱毛石鹸と言っていても実際の所は脱毛ではなく除毛、もしくは毛の成長を阻害する抑毛の効果までが限界という事を覚えておきましょう。

脱毛石鹸の効果は?

さてすでにきな臭い感じになってきてはいますが、脱毛石鹸の効果についてご説明いたします。先ほども紹介したように、実際には脱毛ではなく除毛、もしくは抑毛の効果を持っています。ではその除毛と抑毛の効果がどの程度がご説明いたします。

除毛の効果

まず除毛に関してですが、これにはまず除毛効果のあるチオグリコール酸Caが含まれている必要があります。こちらの成分は実際に除毛クリームにも配合されているため毛を溶かす効果は確かに存在します。

先ほどの商品例ですとモウダッツソイレソープに含まれています。 しかし除毛クリームと言われると肌がヒリヒリするような痛みを感じるとよく言われますよね。毛を溶かす成分ですから肌にもある程度はダメージを与えてしまうわけですから当然と言えば当然で

すが、それを体を洗う時の石鹸に含まれていたら問題ではと思いますよね。洗った所全部ヒリヒリするなんて想像もしたくないですよね。実際にはそんな事は起こらないので安心してください。

脱毛石鹸

そもそも除毛クリームは医薬部外品の指定を受けているのに対して、モウダッツソイレソープは指定を受けていません。

この医薬部外品の指定と言うのは、有効成分として認められている事を意味します。つまり除毛クリームは確かに毛に対して溶かす効果を持っている事を認めているのに対して、脱毛石鹸のモウダッツソイレソープにはその効果が認められていない事になります。

これはチオグリコール酸Caの配合量が除毛クリームほどないのが理由だと考えられています。 つまり脱毛石鹸には除毛クリームほどの除毛効果は期待できないという事になります。

除毛クリームほどの即効性があれば少なくとも体中には使えませんから当然です。しかし除毛効果のある成分のチオグリコール酸Ca自体は含まれているので、長期的に使えばもしかしたら薄くなってくるかもしれません。
おすすめ除毛クリームと正しい使い方

抑毛の効果

続いて抑毛効果に関してですが、こちらもそこまで過度の期待はしない方が良いです。 そもそも抑毛というのは毛の成長を遅らせる事ですが、これに関してまだまだ不明瞭な部分が多いのです。一応抑毛の代表成分としてイソフラボンが挙げられます。

これは毛根にある毛包の働きを抑える効果があったり、また女性ホルモン的な活動もしてくれるため毛が濃くなるのを防ぐとも言われています。 他にも毛母のタンパク質を破壊するブロメラインや発毛や毛の成長を遅らせるラレアディバリカタ葉エキスなどの成分が抑毛に役立つなどと言われています。

しかしこれらの効果はまだ科学的根拠がない状態です。理論的にはあり得そうだと思いますが、必ず効果として現れるわけではないと言うのが現状です。 このように脱毛石鹸の効果ははっきり言って除毛、抑毛の観点から見てもあまりありません。

しかし成分的に全くもって効果がないかどうかが分からない部分もあるため、長期的に使えばもしかしたらムダ毛が多少薄くなる事はあるかもしれません。

しかし除毛クリームのような即効性はまずないと言い切れますので、もしもすぐに脱毛したい方は脱毛石鹸ではなく除毛クリームなり、カミソリでの処理だったりをお勧めします。

まとめ

  • 人間社会が進歩してきた結果、体毛の多くはムダ毛になりつつある。
  • 脱毛石鹸と言っていても実際の所は脱毛ではなく除毛、もしくは毛の成長を阻害する抑毛の効果までが限界。
  • 長期的に使えばもしかしたらムダ毛が多少薄くなる事はあるかもしれない。