Original

背中の脱毛がしたい!光とレーザーどっちがおすすめなの?

自分では見えないことを理由に、なかなかケアをすることがない部位といえば背中。

でも実は背中って産毛がたくさん生えていたりして、水着やドレスを着るときは恥ずかしく感じてしまいますよね。

ケアするのが難しく、人に見せない部分だからこそ、美しく保つことで女性としての魅力も増すというもの。

いざというときにも堂々と後姿で勝負できるよう、この際背中脱毛をしてみてはいかがでしょうか。

目次

背中脱毛の範囲って?

クリニックとサロンの違い

 2.1 クリニック

 2.2 脱毛サロン

医療脱毛とサロン脱毛はどっちがおすすめ?


背中脱毛のメリット・デメリット







背中脱毛の範囲って?

背中脱毛をする上で注意したいことは脱毛の範囲です。脱毛サロンの多くは、背中を上部分と下部分で2つのパーツに分けています。

襟足の下からちょうどアンダーバストの裏あたりで「背中上」、そこからお尻の上あたりまでを「背中下」としています。

背中 脱毛

ドレスアップや背中の開いたファッションが目的なら背中上だけでも構いませんが、ビキニなどを着るのが目的なら背中下も処理しておきたいところですよね。

背中全体の脱毛をしたい場合は、2か所分の脱毛料金がかかると認識しておきましょう。 クリニックの場合は、同じように背中を2つの部位に分けているところと、背中で1つの部位にしているところがあります。

ただ、範囲が広い分高めの料金になりますし、腰部分は別パーツとしていることもあります。 クリニックでの脱毛の場合も、きちんと脱毛範囲を確認しておきましょう。

また、脱毛サロンでもクリニックでも、うなじ(襟足)は背中に入らないのが基本です。 せっかく背中を脱毛するなら、首のうしろも一緒に脱毛しておくとより後姿がキレイに見えます。

背中脱毛を検討する際は、合わせてうなじの脱毛も検討してみてくださいね。

クリニックとサロンの違い

クリニックと脱毛サロンの違いは、光脱毛かレーザー脱毛かという機械の違いです。 光脱毛とレーザー脱毛は、特殊な光を照射して毛根部分にダメージを与えることでムダ毛処理するという仕組みは同じです。

ただ、光の種類やパワーが異なるので脱毛効果や期間、施術時間が異なります

それぞれの特徴をまとめて見ていきましょう。

クリニック

脱毛方法 クリニックでできるのはレーザー脱毛です。 レーザー脱毛は医療機関でのみ施術できる方法で、出力レベルの高い光で毛根部分にある組織を破壊します。 そのため、痛みは強いですが脱毛効果が高いです。

費用
背中1回、あるいは回数をまとめたプランの脱毛料金は、クリニックによってかなり差があります。

6回程度で数万円~10数万円の間だと言えるでしょう。値段だけ見ると、もちろん光脱毛よりも高いです。 せっかくなら全身脱毛や、他の部位とまとめてお得になるセットのプランも検討しておくと良いですね。

回数
どれくらいまでムダ毛をなくしたいかにもよりますが、レーザー脱毛なら4~6回でかなりの量を減らすことができるようです。

完全にツルツルにしたい場合は、8~12回と2倍以上の回数が必要です。 また、そもそものムダ毛の量や濃さによっても効果の出方が異なります。

期間
背中は毛周期が長いので、次の脱毛までの期間が長く必要と言われています。 普通なら2~3カ月に1回通うというケースが多いですが、背中の場合は4~6ヶ月に1度程度で良いのだそう。

そのため、4回の脱毛でも2年ほどかかりますし、もっときちんと脱毛したい場合は2~4年かかることもあります。

施術時間
レーザー脱毛の場合、背中の脱毛は1回あたり40分~60分ほどかかるようです。 背中は他の部位に比べて範囲が広いため、その分長い時間を要します。

そもそもレーザー脱毛の光は直線的で照射範囲が狭いので、時間がかかりやすいようです。

脱毛サロン

脱毛方法 脱毛サロンでは光脱毛という方法を採用しています。 光脱毛はレーザー脱毛に比べて出力レベルが低いので、脱毛効果が弱まります。

その分痛みを感じにくく、肌に負担がかからない脱毛法です。

費用
背中上、もしくは背中下のいずれか1回あたりの脱毛料金は数千円というサロンが多いです。 背中全体を脱毛するなら数千円×2か所分×回数、ということになります。

6回ほど脱毛しても10万円程度で抑えられるサロンも多いようです。

回数
光脱毛はレーザー脱毛に比べて脱毛効果が低いので、より多くの回数が必要です。

少なくとも8~10回ほどは受けておきたいところですね。もっときちんと脱毛したいなら、15回以上必要となる人もいます。

ただ、背中は産毛の多いところですが、光脱毛は産毛の処理ができにくい傾向にあります。

このあたりには注意して、産毛でもきちんと脱毛できているか様子を見ながら続けるようにしましょう。

期間
先に説明した通り、背中は産毛が多いのでキレイに脱毛するためには何度も脱毛施術を受ける必要があります。

また、背中は毛周期が長いので4~6ヶ月に1度の頻度にした方が効率よく脱毛できます。 このペースで10回の脱毛をする場合、短くても3~4年はかかってしまいます。しかも、10回で充分に脱毛できるかもわかりません。

光脱毛での背中脱毛は、かなり時間がかかると言えます。

施術時間
光脱毛の光はフラッシュのように広がる光ですので、一度に照射できる範囲も広いです。 そのため、レーザー脱毛より施術時間は短くなります。

背中脱毛は1回あたり30分ほどと考えておくと良いでしょう。

医療脱毛とサロン脱毛はどっちがおすすめ?

背中脱毛するなら医療レーザー脱毛とサロンの光脱毛、どっちにするべきか悩みますよね。 結論から言えば、早く確実に効果を出せるのは医療レーザー脱毛

そもそも背中は毛周期が長く、産毛が多いので脱毛処理の期間も長く、回数も多く必要な部位。

光脱毛やレーザー脱毛は毛のメラニン色素(黒い色)に反応して脱毛処理をするのですが、産毛のような薄い色の毛を脱毛するにはより強い光が必要になります。

そのため、光脱毛のような優しい光だとなかなか産毛にまで効果が出にくいのです。

背中 脱毛

また、背中脱毛は4~6ヶ月に1回が望ましいので、背中はそもそも脱毛にかかる期間が長くなります。

だとすると、効果の弱い光脱毛で何度も処理するより、確実に産毛も脱毛できるレーザー脱毛でできるだけ回数を抑えることで早く脱毛を完了できます。

最終的にかかる料金、それから脱毛にかかる時間を考えると、背中脱毛するなら医療機関のレーザー脱毛が良いと言えるでしょう。

背中脱毛のメリット・デメリット

背中は自分では処理が難しい部分なので、脱毛することで処理に失敗することなくキレイな背中で過ごせます。

また、実は産毛があると肌が暗く見えてしまうので、脱毛することでトーンアップして肌を美しく見せることにもなるのです。 プールや温泉などのイベントや、結婚式やパーティーなどでドレスアップの予定があっても、脱毛しておけば安心。

また、脱毛すると毛穴汚れが溜まりにくくなるのでニキビができにくくなります。背中脱毛は背中のニキビに悩む人にもおすすめです。

背中脱毛のデメリットを挙げるとすると、背中脱毛は時間がかかるという点。 毛周期が長いので頻繁に脱毛してもあまり意味がないのと、産毛が多いので脱毛効果がでにくいからです。

そもそも時間がかかる部位ですので、気になったらできるだけ早いタイミングで脱毛を始めておくのも大切。

お手入れするのが面倒な部分なので、ついつい放っておいてしまいがちな背中のムダ毛。

ですが、思い切って背中脱毛すればいろんなファッションが楽しめますし、何より自分に自身が持てます。 メリットがいっぱいの背中脱毛、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

医療脱毛/メンズ脱毛の教科書 Bravo

医療脱毛/メンズ脱毛の教科書 Bravo

人気記事ランキング

タグ一覧