家庭用脱毛器の中でケノンが一番満足度が高い理由とは?

脱毛は、女性にとって欠かせないエチケット。化粧をすることと同じくらい当り前のことですよね。

特に、露出が多くなる春から夏にかけては、一年で最も脱毛に気を遣う時期ですが、エステサロンに通う時間もお金もないし・・・とお悩みの方は多くいます。

そんな時に便利なのが、家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器の効果って?

家庭用脱毛器とは、その名の通り、自宅で手軽に本格的な脱毛をすることができる美容機器のことを言います。

家庭用脱毛器には、その脱毛の方法により、大きく分けて3つの種類があります。

フラッシュ型

1つ目は、フラッシュ型です。エステサロンで行われている脱毛と同じように、肌にメラニン色素にしか反応しない光を照射して、ムダ毛にダメージを加えてきれいにしていく方法です。

ヒーティング(熱)型

そして2つ目は、ヒーディング(熱)型です。ムダ毛に熱を与えて根元から焼き切ってしまう方法で、効果がすぐに表れるため、スピーディーに脱毛をすることができるのが特徴です。

レーザー型

そして3つ目は、レーザー型です。レーザー脱毛は、主にクリニックで行われている方法ですが、それが私たちにも使いやすい仕様となっているのが、このタイプ。海外でよく使われており、効果が高いと信頼されています。

 

どの家庭用脱毛器も、エステサロンなどで実際に行われていることが家庭用として使いやすくアレンジされているので、その効果はほとんど変わりません。

そして、一度購入してしまえばエステサロンのように追加料金を気にすることなく、自分が納得のいく効果が出るまで継続して使うことができます。

ですから、自分の思うような効果を求めている人にとって、家庭用脱毛器には多くのメリットがあります。

>>購入する前に押さえておきたい家庭用脱毛器のポイント

 

ケノンが家庭用脱毛器の中で最も満足効果が高い理由

家庭用脱毛器は、脱毛人気の高まりから、今、たくさんの種類が発売されています。

中でも最も人気が高いのが「ケノン」です。

家庭用脱毛器

脱毛器には、その脱毛方法によってフラッシュ、ヒーディング(熱)、レーザーの3種類があることをご紹介しましたが、ケノンはフラッシュ型です。

フラッシュ型の最も大きなメリットは、肌への負担が少ないこと。メラニン色素に反応する光を肌に直接照射すると、ムダ毛や毛根部分に当たった時に熱に変換され、そのパワーでダメージを与えて脱毛を促していく方法なのですが、ケノンはその機械を肌に当てて、スイッチを入れるだけの簡単操作なので、初心者でもすぐにきれいに脱毛をすることができます。

また、フラッシュ型の家庭用脱毛器の中でも照射面が広い方なので、当て漏れが少なく、まんべんなく光が行き届き、隅々まできれいにすることができます。

そして、照射面が広いからこそ、スピーディーに脱毛をすることができるのも大きな特徴です。

例えば、太ももやひざ下、腕などの広い部分は、照射面が小さいと結構な時間がかかってしまうもの。さらに、何ショットも照射しなければいけないので、コストパフォーマンスもよくありません。

実は、フラッシュ型家庭用脱毛器には照射回数に上限があり、なくなればカートリッジを交換することが必要です。ですから、狭い照射面の家庭用脱毛器で何ショットも照射すると、その分、照射可能な回数を消費してしまうことになり、1回当たりのコストが上がってしまうのです。

ケノンは、肌への負担が少なく、操作が簡単。しかもコストパフォーマンスがいいということから、家庭用脱毛器の中でも最も人気があり、満足度が高いのです。

>>メンズ家庭用脱毛器~おすすめランキング

 

ケノンと脱毛サロンの効果比較

いざムダ毛の脱毛をしようとしたとき、家庭用脱毛器を買うか、エステサロンに通って施術を受けるか迷ってしまいますよね。そこで、それぞれのメリットやデメリットを比較しながらご紹介しましょう。

家庭用脱毛器ケノンとエステサロンで行われている脱毛方法は、実は同じフラッシュ脱毛です。特殊な光を肌に当てることで、ムダ毛にダメージを与えながら、徐々にムダ毛を減らしていきます。

肌への負担が少なく、しっかりとした効果が出るということがメリットで、痛みに弱い人にはもちろん、機械によっては敏感肌や子どもにも使うことができるものもあります。

フラッシュ脱毛は、毛の生え変わりである毛周期に合わせて、2カ月から3カ月に1度の間隔で行われるため、最低でも1年以上は継続して行うことが必要です。

>>毛周期って何?

家庭用脱毛器のメリットは、いつでも好きな時間に自宅ですることができるということです。エステサロンのように、予約を取って、時間を合わせてわざわざ通う必要がなく、時間に融通が利くので、その人の生活スタイルに合わせて脱毛を続けることができます。

また、自分が気になる部分を、納得するまで脱毛することができるので、仕上がりの満足度が高いというのも、そのメリットの一つです。

エステサロンでは、プロのエステティシャンであっても稀に当て漏れがあり、他の部分はきれいになっても一部分だけムダ毛が残ってしまう場合があります。自分で行う場合は、そういった心配がなく、気になるところを最後までしっかりと脱毛することができるのです。

ただし、背中やうなじなどの後ろ部分やデリケートゾーンの脱毛がしづらいというのが、家庭用脱毛器のデメリット。その場合は、エステサロンでプロの手によって施術を受ける方がきれいになります。

>>VIOをきれいに処理する方法

家庭用脱毛器

効果に大差はないので、自分の生活スタイルを考えてみるとか、どの部分の脱毛をするかを判断基準に、家庭用脱毛器にするかエステサロンに通うかを選ぶことがおすすめです。

 

ケノンと医療脱毛の効果比較

脱毛をする方法には、主に2種類あります。

1つが、フラッシュ脱毛です。これは、ムダ毛など、メラニン色素のある部分に反応する光を当てて、そのダメージで脱毛をしていくやり方で、家庭用脱毛器のケノンや多くのエステサロンで行われている方法と同じものです。

フラッシュ脱毛の特徴は、肌への負担が少なく、痛みを感じにくいということ。ですから、初めて脱毛を経験するという方や、痛いのが苦手という方におすすめの方法です。

そしてもうひとつが、レーザー脱毛です。これは、クリニックで行われている方法で、高出力のレーザーを肌に当てて、メラニン色素に反応させて、毛乳頭など毛を作るための組織を破壊するものです。

フラッシュ脱毛との大きな違いは、その効果の大きさです。

クリニックで使われるレーザー脱毛の機械は、資格を持った医療関係者しか使うことができない、専門性の高い機械です。また、家庭用脱毛器ケノンやエステサロンなどで使われているフラッシュよりもパワーが強く、ムダ毛に大きなダメージを与えることができるので、脱毛が短期間で済みます

例えば、家庭用脱毛器で10回の照射を行うのであれば、レーザーならその約半分程度で済むのです。

>>医療脱毛とエステ脱毛の比較

フラッシュ脱毛もレーザー脱毛も、毛の生え変わりの周期である毛周期に合わせて行われます。その周期は、約2カ月から3カ月。照射もそのタイミングで行われ、目に見えて効果が表れるのはフラッシュ脱毛で10回以上、レーザー脱毛で5回以上となり、効果が表れる期間には1年近くの差があります。

ですから、短期間で脱毛をしてしまいたいと考えているのであれば、レーザー脱毛がおすすめです。

 

永久脱毛を目指すなら医療脱毛がおすすめ!

家庭用脱毛器のケノンやエステサロンで行われている脱毛方法は、光を肌に照射して脱毛を促すフラッシュ脱毛です。クリニックでの主な方法はレーザー脱毛で、出力の高いレーザーを肌に当てることで脱毛を行っていきます。

どちらも肌に直接照射するという点では同じなのですが、フラッシュとレーザーの違いは、毛の生えてくる組織を破壊するかどうかというところにあります。

フラッシュの場合、ムダ毛にダメージを与えることはできますが、毛が生える組織を破壊するまでには至らず、照射しても細い毛が再び生えてくるというのはよくあること。ですから、生えてきたそのムダ毛にまたフラッシュを照射しなければならず、結果的に脱毛が長期間にわたってしまいます

また、産毛のようなメラニン色素が薄く、細い毛にはなかなか大きなダメージを与えることができず、きれいになるまでに時間がかかってしまうのです。

>>光脱毛とレーザー脱毛の違いとは?

家庭用脱毛器

その点、レーザーは、一度照射することでダメージを与えてしまえば、毛乳頭を破壊してしまうので、次の毛が生えてくるということがほとんどなく、たとえ生えてきたとしても細くて弱々しい毛であるため、目立ちません。つまり、脱毛が短期間で済み、しかもその効果が半永久的なので、すぐにムダ毛をきれいにしたいと思っている人には大きなメリットがあるのが、レーザー脱毛なのです。

この機会にしっかりと永久脱毛をしたいと思っている人には、医療脱毛がおすすめです。

>>永久的な全身脱毛を受けられる美容外科
​​​​​​​

 

まとめ

  • 家庭用脱毛機とは、自宅で手軽に本格的な脱毛をすることができる美容機器のこと。
  • ケノンは、肌への負担が少なく操作が簡単、しかもコストパフォーマンスがいいということから、家庭用脱毛器の中でも最も人気があり満足度が高い。
  • 背中やうなじなどの後ろ部分やデリケートゾーンの脱毛がしづらいというのが、家庭用脱毛器のデメリット。