IPL(インテンスパルスライト)脱毛ってなに?〇〇な人は向いてない

インテンスパルスライト脱毛は、エステサロンや脱毛サロンで行われる脱毛方法です。 脱毛箇所にジェルを塗り、光を吸収しやすい状態にしてから行うので、痛みも少ない点が特徴といえます。

そんなインテンスパルスライト脱毛ですが、どんな人に向いていて、どんな人に向いていないのでしょうか?

今回は、インテンスパルスライト脱毛の仕組みや特徴を踏まえ、お話ししたいと思います。

IPL脱毛とは複数の波長を持つ混合光

インテンスパルスライト(以下IPL)脱毛という言葉、あまり馴染みがない人の方が多いかもしれませんが、これは最新の美容医療の一つです。

IPLとはインテンスパルスライトの略で、レーザー治療とは異なる「光」で行う脱毛の一種です。

脱毛する部位にその光を照射すると、光が吸収されて熱を発するのですが、それを繰り返すことにより徐々にムダ毛の再生能力を抑えていきます。

 

 

そして、最終的にムダ毛を生えにくくするのです。その広帯域の光は黒色のメラニン色素に反応するので、毛根のメラニン色素に働きかけて弱らせることにより、脱毛を促進します。

このIPLの光は複数の波長を持つ混合光であり、拡散するので、直進性の高いレーザー脱毛の光にくらべて安全性が高いと言われています。

そのため、医療機関でなくても、エステや脱毛サロンでも施術が可能であるため、私たちに身近な治療法になりつつあります。

どういう特徴があるの?

IPL脱毛の特徴を理解して、効果的な脱毛を実現させましょう。 まず、「安全である」ことが特徴の一つとして挙げられます。

その理由は、先述したように拡散性が高く、柔らかい光であることに加え、一瞬の照射でオンとオフを繰り返すので、火傷の心配がほとんどないということです。

また、敏感肌の人にも向いていて、他のレーザー治療の光では刺激が強すぎた人でも治療を受けられるケースが多いようです。

その痛みは、一般の人でも輪ゴムではじかれた程度のもの、照射範囲が一瞬温かくなっただけ、と感じる人もいるほどわずかなものです。 ただ、やはり肌質や照射する光の強さによって、その痛みの感じ方も変わるので一概には言えません。

また、「すべての毛に対し、脱毛できる」ことも特徴の一つです。脱毛には様々な機械や、レーザー等の方法がありますが、そのどれもが万能であるわけではありません。

それぞれレーザーの波長の長さ等、持っている特徴を生かし、その方法が最適である部位や肌の状態に合わせて使い分けられているのです。

そのため、肌の色が白い黒いで治療ができなかったり、体の表面に近い産毛等には効果を発揮できなかったり等と、治療範囲に限りが出てくるケースも多いと言えます。

しかし、IPL脱毛は様々な波長の光が出ているだけでなく、メラニン色素にだけ効果を発揮するという特徴から、すべての部位に対し、また剛毛でも産毛でも治療が可能です。

そして、「美肌効果」もあることが分かっています。もともとIPLはエステ等で、しみやソバカス、赤ら顔や毛穴の引き締め等を目的に活用されていました。それほど美容効果が高いのです。 IPLの可視光線は肌を活性化させるので、コラーゲンを増加させる働きもあり、アンチエイジングも期待できます。まさに脱毛しながら肌を蘇らせるという、二重に嬉しい脱毛と言えるでしょう。

また、メラニンや毛細血管等の肌トラブルの原因となる部分に的を絞っての照射ができるので、肌の他の部分への副作用もありません

メリット・デメリット

IPLにはメリットばかりあるように感じられますが、メリットもデメリットも知って、他の脱毛方法と比較することも大切です。

メリット

メリットについては、先述しましたが、まず「安全であること」です。レーザー治療と比較すると照射の威力が弱いので、火傷をする恐れがないのです。反対にレーザー治療の場合は照射の威力が強いので、火傷をしないように施術後は冷却するぐらいに慎重にならなければいけません。

そして、「痛みが少ないこと」「短時間で施術が済むこと」も大きなメリットです。IPLは広範囲に照射ができるので、痛みもほとんど感じないまま、一気に施術することが可能です。

また、「あらゆるムダ毛に効果がある」というメリットは、脱毛の幅を大いに広げます。レーザー治療にも種類がありますが、照射する波長も異なれば、働きかける場所や深さ等も異なるので、上手に使い分けなければ効果を発揮できない可能性が出てきます。

しかし、IPLは様々な波長が組み合わさっているので、一度照射しただけで全てのメラニンに反応することができます。例えば、色素の薄い産毛から、太くて濃い剛毛まで、あらゆる毛に働きかけることができるのです。

そして柔らかく、刺激の少ないIPLは、痛みを感じやすい顔の脱毛にも向いています

>>サロンでの顔脱毛の効果と回数

また、IPLの光は肌を活性化させる働きがあるので、美容効果も高く、脱毛と一緒にキメの細かい、すべすべの肌が手に入ることも期待できます。IPLの施術はある程度の期間、同じ部位に照射を繰り返し行うことで効果を出していくので、その度に美容効果も得られるというわけです。

インテンスパルスライト インテンスパルスライト

デメリット

反対に、デメリットと言えば「一度の脱毛では効果が得られにくい」ことです。たった一度の治療では劇的な効果が得られないのは他の治療も同じです。

IPLはレーザー等と比較すると光が弱く、安全な反面、繰り返しの施術を行わなければなかなか効果が見えてきません。根気よく続けていくことが大切です。また、レーザー脱毛と違って永久脱毛は出来ないので定期的に通わなければいけない点もチェックポイントになります。

また、他の方法と比べると安全性は高いものの、直接肌に光をあてるので乾燥肌の場合は熱を感じやすく、火傷をする心配があります。光の強さによって炎症を起こすこともあるので注意しなければなりません。

費用面を見ると1回の費用が両ワキで1万円程度ひざ下なら2~3万円程度で一見安価に見えますが、回数を重ねなければいけない点を踏まえると一時的な脱毛としては高い部類に入ってしまいます。

>> 医療脱毛とエステ脱毛はどっちが安い?

治療内容

一度に広範囲の照射ができるIPL脱毛の施術時間は、他のレーザー治療に比べて短くて済みます。施術する部位にもよりますが、両わき等、局所であれば約15分とあっという間です。

また、治療期間については、施術する部位により1~2ヵ月毎に施術を受け続け、早ければ4回程度で済みます。毛には「毛周期」という生え変わりのサイクルがあります。

毛周期

毛は「成長期」「退行期」「休止期」を繰り返すのですが、脱毛治療は効果の出やすい「成長期」を狙って行うため、一回の施術が終わったら、毛周期が一回りして再び成長期がやってくるまで、ある程度の期間は待たなければなりません。その流れを5~6回繰り返せば、施術の効果が実感できるようになるでしょう。

こんな人は向いてない?

どのような毛に対しても効果がありそうですが、中にはIPL脱毛に向かない人もいます。それはデメリットの部分に該当する人たちです。

まず乾燥肌の人は、熱を感じやすいために、光の強さによっては火傷を起こす場合があります。軽い炎症やヒリヒリを感じようであれば、肌を痛めてしまうのでIPLではない脱毛を検討した方がよいでしょう。

そして、効果を早く実感したい人にも向いていません。IPL脱毛は同じ部位に照射を繰り返すことにより、ジワジワとメラニンに働きかけて脱毛に向かわせる方法です。それを1~2ヵ月周期で行うのでどうしても効果が実感できるまでには時間がかかります。根気が続かない人にも向いていないと言えます。

永久脱毛には不向き?

また、永久的に脱毛できるかどうかについてもその効果が実証されていないので、永久脱毛を希望している場合には不確実な方法となります。

>> 永久脱毛の回数・費用

脱毛を希望する方の大半が永久脱毛を望んでいると思います。よほどのこだわりがない限りではクリニックのレーザー脱毛の方を選ばれた方が結果的にお得な可能性が高いので、じっくりと熟考して決めてくださいね。

>> 永久脱毛はエステと病院どっちがいい?

まとめ

  • IPLとはインテンスパルスライトの略で、レーザー治療とは異なる「光」で行う脱毛の一種。
  • 拡散性が高く、柔らかい光であることに加え、一瞬の照射でオンとオフを繰り返すので、火傷の心配がほとんどない。
  • レーザー脱毛と違って永久脱毛は出来ないので定期的に通わなければいけない点も要注意。