陥没毛の原因と予防と脱毛について

カミソリや毛抜きやワックスによるムダ毛の自己処理、家庭用脱毛器によるムダ毛の自己処理、どれも手軽で簡単にお手入れすることができるのですが、陥没毛や埋没毛になってしまう可能性が高いというデメリットもあります。
実際に陥没毛で悩まれている方も多いと思いますし、皮膚に埋もれてしまった毛を取り出すために針を使ったり、お肌を無駄に傷つけてしまっている方も多いのではないでしょうか。

陥没毛になってしまう原因を知り、しっかり予防し、肌トラブルなくムダ毛のお手入れができるようになると良いですよね。

目次

  1. 陥没毛の原因
  2. 陥没毛の予防
  3. 自己処理の頻度を減らすためには

陥没毛の原因

カミソリや毛抜きやワックスなどで自己処理をすると、皮膚が傷つき、毛穴が塞がってしまうことが多くあります。
とくに毛抜きやワックスでの自己処理は毛穴に大きな負担がかかり、陥没毛になりやすいものです。

脱毛に関する口コミをチェックしていると、陥没毛や埋没毛を針を使って取り出しているという方が多いようなのですが、さらに皮膚は傷つき、陥没毛や埋没毛を繰り返してしまうばかりです。

陥没毛の予防

最も効果的な予防法は、間違った自己処理や無理な自己処理をしないということです。
また、正しく自己処理をした後、しっかりとお肌を保湿してあげることが大切です。

どんなに正しく自己処理したとしても、お肌には負担がかかってしまっています。
・毛抜きで無理にムダ毛を引っ張らないこと
・カミソリで自己処理する場合、何度も同じ部分を剃らないこと
・家庭用脱毛器の使用頻度に気を付けること

この3つだけでも予防することができますが、最も効果的なのは「自己処理をしない」ですよね。

自己処理の頻度を減らすためには

カミソリで自己処理しても翌日や2日後にはムダ毛が伸びてきてしまうため、ほぼ毎日のお手入れが必要です。
陥没毛を予防するためにも、お肌を傷つけてしまわないためにも、キレイなお肌を維持するためにも、医療脱毛を検討されてみてはいかがでしょうか。
​​​​​​​ 美肌効果も得られるレーザーもありますし、医師による施術なので安全ですし、肌の悩みも相談することで脱毛と一緒に改善することができます。