美肌を目指すなら顔の産毛脱毛がおすすめな理由!

毎日メイクで鏡に近寄った時、ふと、自分の顔の産毛が気になったことはありませんか。

顔の産毛は細く、あまり目立たないことから、特別な処理をしていないという人も多くいますが、実は、産毛を処理することで様々なメリットが得られるんですよ。

顔の産毛の脱毛で得られるメリットや、脱毛方法についてご紹介していきましょう。

顔の産毛の脱毛のメリットって?

顔脱毛には、様々なメリットがあります。その最大のメリットは、美肌効果です。

顔には、無数の産毛が生えていますが、その一本一本は細くてやわらかく、それぞれで見るとほとんど目立ちません。しかし、それがたくさん集まって顔を覆っていると、くすんだように肌色まで暗く見えてしまいがちです。顔の脱毛をすると、顔色が明るく見えて、肌がトーンアップしたような美白効果を感じることができます。

顔 産毛 脱毛

また、毛が毛穴から抜け落ちることで、毛穴が引き締まり、顔全体がリフトアップしたように感じられるのもそのメリットの一つです。毛穴は、毛が生えている分開いていますが、これがなくなると自然と縮まります。顔は全身の中でも毛穴の多い部分ですが、脱毛によってたくさんの数の毛穴が閉まる分、必然的に少し皮膚が上がるのです。

毛がなくなった毛穴からは、化粧水や美容液が浸透しやすくなるため、潤いもアップします。

産毛があると、化粧水などは、毛穴に入る前に産毛についてしまい、実際に毛穴に浸透する分が減ってしまいます。クリームも、しっかりと顔に塗ったつもりでいても、実際は皮膚の表面を覆った産毛についてしまっており、しっかりと肌についていないため、たくさん塗った割に乾燥を感じるということになることもあります。スキンケアの障害となってしまうのが、この産毛なのです。

くすみが取れて、毛穴が締まり、リフトアップして、肌水分までも上がるのが、顔脱毛で得られる効果。

つまり、顔脱毛をすることでアンチエイジングが叶うのです。 化粧のりが良くなるというのも、その利点のひとつ。顔の産毛がなくなる分、クリームやファンデーションの粒子などが肌にピタッと密着しやすく、しかも崩れにくいので、いつものメイクの仕上がりが格段に良くなりますよ。

顔の産毛脱毛の方法

では、顔の産毛を脱毛するにはどうしたらいいのでしょうか。

顔 産毛 脱毛

一番簡単で手っ取り早いのが、カミソリによる自己処理です。自宅で簡単に行うことができ、リーズナブルに脱毛できるので、最も多くの人が実践している方法です。しかし、カミソリでの自己処理は永久性がなく、すぐに産毛が生えてきてしまうほか、カミソリによって皮膚の表面を傷つけてしまう可能性があるのがデメリット。手軽に行うことができる分、カミソリの取り扱いには十分注意をしなくてはいけません。

肌に優しく、きれいに顔脱毛をしたいのであればエステサロンやクリニックで、プロの手にお任せするのがおすすめです。エステサロンでは、フラッシュと呼ばれる特殊な光を顔に当てて、産毛のメラニン色素と反応させ、そこで発生したエネルギーで毛や毛根にダメージを与えて脱毛を促していきます。肌に直接光を照射するだけなので、皮膚を傷つける心配がなく、負担が少ないため肌に優しいのがこの特徴。

最近、エステサロンでは「ハイパースキン脱毛」という方法もメジャーになってきています。

毛には生え変わりのサイクルである「毛周期」があり、成長期、退行期、休止期と3つの時期に分けられますが、フラッシュ脱毛が成長期の毛にダメージを与えるものに対して、ハイパースキン法は毛穴の下で次の発毛を待っている休止期の毛に特殊な光を当てて、成長因子を減らしていく方法です。

クリニックで行われるのは、レーザー脱毛です。フラッシュ脱毛と同じくメラニン色素に反応するレーザーを照射して、脱毛をしていく方法です。エステサロンで使われている機械よりも出力が高いので、細くて柔らかなメラニン色素の薄い産毛にも、しっかりとレーザーが届き、効果が高いのが特徴です。

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は、毛周期に合わせて施術が行われ、その周期が約2か月なので、同じくらいの間隔で照射をしていきます。

ハイパースキン脱毛は、毛の「種」にアプローチする方法なので、毛周期を待たなくてもよく、その頻度は1カ月に一度というのが一般的です。

フラッシュ脱毛、レーザー脱毛、ハイパースキン脱毛を受ける上で注意したいのが、施術を受けている期間中は、肌のコンディションを整えておかなくてはいけないということです。どれも、肌に特殊な光を照射するものなので、肌の調子が悪いと、施術を断られかねません。

寝不足や暴飲暴食など、生活の乱れで出来てしまいやすい吹き出物や大人ニキビ、過度な日焼けは、皮膚にとってのダメージであり、さらに光を当てることで悪化してしまいかねないので、十分に注意して過ごすことが必要です。

カミソリ以外で毛深い女性が実践している6つの顔脱毛方法

毛深い女性は、顔の産毛も濃いもの

産毛が濃いと、顔の印象までも変わってしまいますよね。こういった女性たちは、カミソリを使っての自己処理はほとんどしません。毛が太くて濃いので、剃ってしまうとその切り口が毛穴とともに目立ちやすくなり、余計に毛深く見えてしまうばかりでなく、毛穴に汚れが詰まったように見えてしまうからです。

そこで、特に毛深い女性たちが行っている効果的な顔脱毛の方法をご紹介しましょう。

顔 産毛 脱毛

まず1つ目、一番効果が高いのが、クリニックでのレーザー脱毛です。 レーザー脱毛は、資格を持った専門のスタッフしか扱うことのできない機械を使って行われるので、その分出力が高く、確実に毛根にアプローチし、毛を生やすための細胞を破壊します。だからこそ永久性が高く、一度施術を行えば次に生えてくることはほとんどないのです。また、レーザーはパワーが強いことから、細い産毛にもしっかりと作用してくれるのがメリット。

そして、2つ目、エステサロンで行われているのがフラッシュ脱毛です。これも、特殊な光を肌に当てて脱毛をする方法ですが、その出力はレーザーには劣るため、フラッシュを照射しても、また産毛が生えてきてしまったり、しっかりと照射できていないこともあり、目に見える効果が表れるまでに長い時間がかかってしまいがちです。

ただ、フラッシュ脱毛のメリットは、パワーが弱い分肌への負担が少ないこと。フラッシュとメラニン色素が反応するときに熱エネルギーが発生しますが、それほど熱さや痛みを感じることがありません。特に顔の皮膚はデリケートなので、肌に優しいフラッシュ脱毛をあえて選ぶという人も多くいます。

エステサロンの脱毛にはもうひとつ、ハイパースキン脱毛というのもあります。これは、毛が生えてくる前の「種」に特殊な光を当てて、成長因子を抑えて発毛を抑制する方法です。フラッシュやレーザーのように、照射後に毛が落ちるわけではないので、目に見えた明らかな効果をすぐに実感することはできませんが、生えてくる毛が少なくなるので、自然と全体の毛量が減り、最終的には表面がきれいになったことでその効果を感じます。

そして4つ目、一つ一つの毛を確実に処理するなら、ニードル脱毛です。毛穴に針を刺してそこに電流を流して毛根を焼き切って脱毛します。フラッシュやレーザーを当てることが難しいまぶたや目の周り、口角周辺などに行われることが多い方法で、フラッシュやレーザーと組み合わせることもよくあります。

5つ目は、糸脱毛です。韓国やベトナムなどアジア圏では古くから行われている方法で、糸で産毛をからめとるように処理をしていきます。即効性があり、すぐに肌がつるつるになったのを実感することができることと、リーズナブルな価格がそのメリットです。

そして6つ目が、家庭用脱毛器を使っての自己処理です。エステサロンと同じように、専用の機械で特殊なフラッシュを照射して処理を行っていきます。好きな時にすることができ、しかもサロンに通うことを考えればリーズナブルなところが人気です。

このように、顔脱毛の方法には様々あります。ぜひ自分に合った方法を選んで、きれいなお肌を手に入れてくださいね。