医療レーザー脱毛はココが違う!永久性と安全性の追及

レーザー脱毛の永久性とは?

今やエチケットとして当たり前となった脱毛。ここ数年の間に、巷には、脱毛をするためのサロンが多くなり、たくさんの女性たちが通っています。

さて、一口に脱毛といっても、いろいろと種類があることをご存知でしょうか。

実は、脱毛はその使う機械によって違いがあります。大半のエステサロンで行われているのが、光脱毛。別名でフラッシュ脱毛とも言われますが、肌に光を照射して毛にダメージを与え、脱毛を促します。

クリニックで行われているのは、レーザー脱毛です。こちらは、エステサロンで使われる光よりもパワーの強いレーザーを照射するため、短期間で高い効果が表れるのが特徴です。レーザーが反応するのは、毛の黒い部分。そこに熱を加えることで皮膚の下にある黒い毛や毛根に吸収され、それがダメージとなって自然と抜け落ちます。

レーザー脱毛 医療

毛の生える周期は約2か月~3か月なので、それに合わせて何度も照射することで、徐々に毛を減らすことができ、最終的には毛が生えてこなくなります。

レーザー脱毛には永久性があり、一度施術をすると、その部分は長い間きれいな状態を保ち続けます。 レーザー脱毛で使われる機械は出力が高く、細い産毛や細かな部分まで照射することができるので、一度の施術であっても効果が高く、きれいになるまでの施術回数は平均すると5~6回といわれています。

エステサロンで同じような状態になるまで施術をすると10回くらいは必要になるので、約半分程度と回数が少なく済むため、短期間で確実に脱毛をしたいと思っている人には、医療脱毛がおすすめです。

レーザー脱毛は医療行為

脱毛には、エステサロンで行う方法とクリニックで行う方法の主に2つがあります。

エステサロンでは光脱毛、クリニックではレーザー脱毛が行われますが、このうち、クリニックで行われる施術は医療行為となり、医師免許や資格を持ったものしか施術を行えないとされています。

もともと、レーザー脱毛は、アメリカで医療としてのレーザー治療から始まったものです。

皮膚のシミやほくろを治療している中で、その治療した部分から毛が生えてこなくなったことから脱毛に関する研究が始まり、今に至ります。

医療行為にあたるかどうかということは、「毛乳頭を破壊するかどうか」で判断が分かれます。

毛や毛根の黒い部分にレーザーを当て、その熱で毛乳頭を破壊し、毛を抜けやすくすることで肌の表面をきれいに整えていきます

エステサロンで照射されるフラッシュとは違い、クリニックで使われるレーザーはその機械の出力が強く、中には皮膚トラブルを起こしてしまうケースもあります

もちろん、今は、レーザーの機械や施術をする人の技術が上がってきているため頻繁に起こることではありませんが、これによって起きてしまった皮膚トラブルに素早く対応するためにも、レーザー脱毛はクリニックで行われるものなのです。

レーザー脱毛は、専門のスタッフが行うからこそ、効果が高く、しっかりとしたケアをしてくれるので、安心して施術を受けられるのが最大のメリットです。

レーザー脱毛の仕組み

クリニックで行われる医療脱毛で使われているのが、レーザーです。レーザー脱毛とは、簡単に言えば、専用の機械によって発されるレーザーによって、毛の黒い部分や毛根に熱ダメージを与え、毛が抜けるのを促します。

このレーザーは、黒色にしか反応しないもので、これが毛や毛根に吸収され、熱エネルギーとして毛乳頭や毛包幹細胞を破壊し、毛が生えてくることを抑制してくれます。

毛には「毛周期」というものがあり、その周期は成長期退行期休止期に分かれますが、このレーザーが反応するのが、成長期と退行期の毛です。それ以外の休止期の毛には反応しませんが、休止期の毛の量は、全体のおよそ3分の2といわれており、そのサイクルによって次々と新たな毛が成長期を迎え、肌の表面に顔を出してきます。

永久脱毛 皮膚科

その時に、再度レーザーを当てることで、全体の毛の量を徐々に減らしていくというのが、レーザー脱毛の方法です。

この周期が約2カ月から3か月。だから、レーザーを当てるサイクルも、2カ月から3カ月に1回ずつとなり、約5回を終えた頃に目に見えた効果が表れます。つまり、約1年間、継続的に通うことが必要となるのです。

エステサロンで行われているのは、光脱毛で、医療脱毛で使われるレーザーよりも出力が弱いため効果が表れるのが遅く、また、細い毛や産毛に反応しにくいこともあるため、しっかりと脱毛効果を感じたい人にはレーザー脱毛が向いていると言えます。

レーザー脱毛の種類

クリニックで主に行われる脱毛の方法がレーザー脱毛ですが、このように一口に言っても、レーザー脱毛にはいくつかの種類があることをご存知でしょうか。

現在、主に使われている医療レーザー脱毛の機会には、3つの種類があります。

ダイオードレーザー

照射する範囲が広く、脱毛をしたい部分にまんべんなくレーザーを当てることができるため、脱毛の効果が高く、多くのクリニックで使われています。

レーザー脱毛 永久脱毛

照射するときに、レーザーが毛に当たった時に発する熱から、皮膚に熱さや熱のこもったような感じを覚えることがありますが、数あるレーザーの機械の中でも比較的皮膚への刺激が弱く、初めてレーザー脱毛にトライする人にはおすすめです。

アレキサンドライトレーザー

照射するときに、皮膚を冷やしながら行うため、施術前のジェルの湿布や施術後の冷却が要らず、短時間でスピーディに終わらせることができます。

レーザー脱毛 永久脱毛

はじめに「バチン」とレーザーを当て、その後「シュー」と冷却風を吹き付けるように当て、それを交互に繰り返していきます。

特に、秋冬の施術ではあのジェルのひんやり感や寒気が苦手という人が多くいますが、そのつらさがないというのは大変大きなメリットです。冷却しながら行われるため比較的痛みは少ないにもかかわらず、高い効果を感じられるのが特徴です。

3つ目がロングパルスYAGレーザー

この最も大きな特徴は、色黒の人や日焼けをした肌の人にも施術をすることができるということです。

医療レーザー脱毛

通常、黒い部分に反応してしまうレーザーを照射するときは、日焼けは厳禁。もし日焼けをしてしまった場合は、冷めるまで待ってから施術を行うのが一般的ですが、このロングパルスYAGレーザーは、波長が長く、より深い部分までレーザーが届くため、それが可能なのです。

また、色素の濃い毛には特に効果が高いので、VIOなど毛の太い部分や、男性のヒゲ脱毛などで多く使われています。

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

さて、医療レーザー脱毛について、皆さんお分かりいただけましたでしょうか。

医療レーザー脱毛のメリットは、その効果の高さです。

エステサロンでの光脱毛よりも出力の高い機会を使用しているため、毛や毛根に届くパワーが大きく、毛乳頭などを破壊してしまうほど。だからこそ、再度毛が生えてくる可能性が少なく、その効果の永久性が高いのです。

また、医師が常駐しているため、皮膚トラブルにすぐに対処してくれる安心感の大きさもそうです。

デメリットとしては、初期費用が高いこと。例えば、エステサロンでおこなうのと同じ箇所のレーザー脱毛コースを申し込んだ場合、それに比べて割高で、回数が少ないことがほとんどです。

ただ、医療レーザー脱毛の場合は、その出力の高さから、エステサロンで行う施術の約半分程度で同じ効果が出るので、結果的に費用はそれほど変わらない場合が多く、しかも短期間で済むことから、早くきれいにしたいという人におすすめです。