レーザー脱毛は医療機関のみ?効果が出る人と出ない人の違いとは

永久脱毛の中でも最も効果が高いと言われるレーザー脱毛。

一般的にレーザー脱毛というと、美容クリニックや皮膚科で施術を受けることができる医療レーザー脱毛のことを指しますが、エステやサロンで行う光脱毛やフラッシュ脱毛においてもレーザー脱毛と呼ばれることがありますね。

しかし、効果が高いと言われているのは美容クリニックや皮膚科で施術を受けることができる「医療レーザー脱毛」だと言えます。

では何故、永久脱毛を行う際、医療機関で受けることができるレーザー脱毛の方が良いのか?

その理由を交えて医療レーザー脱毛について詳しく紹介します。

レーザー脱毛はどんな毛に効果が出る?

一口に「無駄毛」といっても、身体の部位によって、また、人によって毛質や毛量は異なりますね。 医療レーザー脱毛の場合、どういった毛に対して効果が高いのでしょう?

レーザー脱毛器の種類によっても異なりますが、基本的に医療レーザー脱毛の場合、太くしっかりした毛質に対して効果が高いと言われています。

これは、医療レーザー脱毛器で永久脱毛が可能なメカニズムを知ることで理由が分かります。 医療レーザー脱毛器というのは、肌にレーザー光線を当て黒色の部分に反応して照射されます。

レーザー脱毛 医療

レーザーが照射された部分には、瞬時に熱が伝わり毛の生える大元の細胞部分を処理することで毛を生えにくくするのです。

毛質が太いということは、毛穴内でも黒くしっかりと目立ちますのでレーザーが当たりやすく効果が高くなるということですね。 ちなみに、ほくろやシミなど毛以外で黒い部分がある場合には、事前にレーザーが当たらないよう処理しますので毛と間違ってレーザーで照射されてしまうなんて心配はありません。

レーザー脱毛 医療

また、毛量に関して言えば、多くても少なくてもそこまで大差はないと言われていますが、医療レーザー脱毛以外の方法、つまり、エステやサロンで行われる光脱毛やフラッシュ脱毛がやや苦手とする毛量が多い場合でも、医療レーザー脱毛であれば難なくクリアできるのです。

但し、場合によっては施術回数を増やす必要がある場合もあります。 こうした場合には、事前のカウンセリングでクリニックから説明がありますし、毛量が多いから脱毛効果が下がってしまうということはありませんので、安心してくださいね。

では逆に、医療レーザー脱毛器が苦手とする毛質はあるのでしょうか?

医療レーザー脱毛器の種類によっても異なりますが、「アレキサンドライトレーザー脱毛器」と呼ばれるタイプのレーザー脱毛器に関しては産毛のような細い毛に弱いという特徴があります。

レーザー脱毛 永久脱毛

つまり、アレキサンドライトレーザーを使っても細い毛に対しては効果が低いということですね。

しかし、同じ医療レーザー脱毛器でも「ダイオードレーザー方式」の脱毛器であれば、産毛のような細い毛に対しても効果は有効ですので、医療レーザー脱毛器全てが産毛のように細い毛に適さないという訳ではありません。

レーザー脱毛 永久脱毛

また、医療レーザー脱毛を行っているクリニックの多くは複数の脱毛器を採用していますので、毛質に一番合った脱毛器で施術を受けることができると考えて良いでしょう。

こちらに関しても事前のカウンセリングで説明されますので、安心してくださいね。

レーザー脱毛は医療機関のみ?

永久脱毛と呼ばれる脱毛は、エステやサロンなどでも光脱毛やフラッシュ脱毛によって行うことができますが、より効果の高いレーザー脱毛においては医療機関でなければ施術を受けることができません。

レーザー脱毛 医療

エステやサロンでの脱毛方法において「レーザー脱毛」と謳われているものも見かけますが、医療機関でない限り正しくは光脱毛やフラッシュ脱毛になりますので注意が必要です。 では何故、レーザー脱毛は医療機関でないと実施することができないのか?

それは、レーザー脱毛器を使った脱毛行為自体が「医療行為」となるからです。 実際に、日本では高出力でのレーザーの照射は、医療機関での実施しか認められていません。

つまり、レーザー脱毛行為は医療機関でなければできないと法律で決められているということですね。

その為、仮にエステやサロンで「レーザー脱毛」と謳われていたとしても医療機関でない以上、医療レーザー脱毛ではないということになります。

サロンではレーザー使用禁止?

日本ではレーザーを使った脱毛行為は「医療行為」となっている為、レーザー脱毛は医療機関でないと施術を実施することができません。

では何故、エステやサロンではレーザー脱毛行為を認められないのか?

それは、エステやサロンでは長期的な効果のある脱毛行為を行ってはいけないと法律で決められているからです。

また、永久脱毛と呼ばれる脱毛行為は、少なからず肌への負担やリスクが伴いますし、トラブルが生じてしまう可能性も十分にあり得ます。

こうした肌への負担やリスクに対し、エステやサロンでは医師がいる訳ではありませんので、迅速な対処を行うことは不可能である上、皮膚に対する知識が医師と比べると乏しくなってしまいますので、トラブルが起こる前の判断をすることも出来ないのです。

医療機関でしたら、皮膚に対する知識が豊富な医師が施術、または、指導の元、脱毛行為が行われますので、事前に肌へのリスクを考えた対処、そして、万が一、何かトラブルが生じた際も迅速な対応をすることができます。

基本的に、医療レーザー脱毛はリスクが少ないと言われていますが、これは、専門医監修の元、正しい知識で施術が行われるからであり、レーザー脱毛器による肌への負担はゼロではありません。

これは、出力数の低い光脱毛器やフラッシュ脱毛器にも同じことが言えますので、こうした面でも注意が必要です。

レーザー脱毛で効果が出る人、出ない人

永久脱毛の中でも脱毛効果が高いことで知られる医療レーザー脱毛ですが、医療レーザー脱毛を行うに当たり、「効果が出やすい人」と「効果が出にくい人」がいるという話を耳にします。

脱毛効果が高いと言われているのに、効果が出にくい人がいるとは、不思議な気もしますね。

そこで、医療レーザー脱毛において「効果が出やすい人」と「効果が出にくい人」、それぞれの特徴を見ていきましょう。

効果が出やすい人

医療レーザー脱毛を行うにあたり効果が出やすい人の特徴は以下となります。

  • 体毛が濃い人
  • 脱毛を検討している部位の毛質が太い人
  • 色白の人
  • 施術期間が短い人
  • 照射後のアフターケアがしっかりできている人

効果が出にくい人

医療レーザー脱毛を行うにあたり効果が出にくい人の特徴は以下となります。

  • 体毛が産毛のように薄い人
  • 脱毛の検討している部位の毛質が細い人
  • 色黒の人
  • 施術期間が適正で毛周期に合わせて施術が行われている人
  • 照射後のアフターケアを怠っている人

「効果が出やすい人」と「効果が出にくい人」の特徴は以上となります。 しかし、効果が出にくい人の特徴に関して言えば、医療レーザー脱毛の実績が高いクリニックや口コミ評価が高いクリニックであれば全てクリアできるものとなります。

というのも、毛質や毛量に関しては施術を行うレーザー脱毛器の選び方でクリア出来ますし、肌色に関しても同じことが言えます

また、施術期間においてはクリニック側が毛周期を判断しますので、実績が高いクリニックであれば判断ミスをするリスクは低いでしょう。

また、アフターケアに関しては、実際に施術を受けた人が行うことですが、どういった点に気を付ければ良いか、また、どういったことをすると良いかなど、クリニック側でもアドバイスをしてくれますので、言われた通りにアフターケアを行っていれば、脱毛効果を下げてしまうなんて心配はないのです。

その為、医療レーザー脱毛において「効果が出やすい人」と「効果が出にくい人」がいるのは事実ですが、クリニック選びをしっかりしておけば「効果が出にくい人」であっても充分効果を得られることが可能だと言えます。