ライトシェアデュエットってどんなレーザーなの?メリットとデメリットは?

最近では、多くの女性が当たり前のようにやっている脱毛。

専門のクリニックでプロの手によって行ってもらう脱毛は、現代女性の間では一般的になってきています。

そんなクリニックで最近話題のレーザー機器に「ライトシェアデュエット」という機器があるのをご存知ですか?

ライトシェアデュエットってどんなレーザーなの?

さて、脱毛を専門に行っているクリニックでは、レーザーを肌に照射する「レーザー脱毛」が行われます。

これは、メラニン色素にのみ反応するレーザーで、肌に直接照射することによってムダ毛や毛乳頭に熱ダメージを与え、破壊していく方法です。

実は、このレーザーには様々な種類がありますが、痛みが少なく肌に優しいといわれるダイオードレーザーの最新機器といわれているのが、ライトシェアデュエットです。

ライトシェアデュエット

レーザーは、その種類によって波長が違いますが、ライトシェアデュエットの波長はおよそ800mm。この波長は比較的長い方であり、波長が長いからこそ、肌の深いところにある毛根や毛乳頭など、毛の成長に関わる部分へ効果的にダメージを加えることができます。

また、皮膚の表皮に与えるダメージが少ないため、あまり痛みを感じることなく施術を受けることができるという特徴があります。

ライトシェアデュエットは、レーザーを照射する時に皮膚を引っ張り上げるようにして照射面に近づけて打ちます。ですから、最小限のパワーでも効果が高く、これが少ない痛みで済む要因のひとつです。

少ないパワーで行われるからこそ、冷却がいらず、冷たいジェルを肌に乗せる必要がありません。特に、冬などの寒い時期に全身にジェルを塗ると余計に体が冷えて辛いですよね。ライトシェアデュエットは、服を脱ぐだけで気軽に脱毛を受けることができ、そういった辛い思いをしなくても済むのが嬉しいところ。

照射する面の面積が広く、一度の照射で広範囲にレーザーを届けることができるので、施術がスピーディーであるのもその特徴です。

 

ライトシェアデュエットの特徴

では、ライトシェアデュエットには、どのような特徴があるのでしょうか。

レーザーには様々な種類がありますが、その中のひとつであるダイオードレーザーの機械の一種としてあるのがライトシェアデュエットです。

ダイオードレーザーは、出力の幅を調整することができるのが最大のポイント。だから、太くて濃い毛から、細い産毛まで様々なムダ毛に効果的に照射することができ、脱毛効果が高いことで知られます。

ライトシェアデュエットには、照射で使うハンドピースが大小2つあり、大きな方のハンドピースは、レーザー脱毛機の中でも最も照射範囲が広く、短時間で施術を済ませることができます。しかも、照射する面が四角い形をしているので、打ち漏れが少なく、まんべんなくレーザーを当てることができるのも大きな特徴です。

ライトシェアデュエット

また、小さな方のハンドピースは、照射する面が大きな方に比べて3分の1ほどの大きさなので、VIOのデリケートゾーンや指など、細かな部分にまで対応

ライトシェアデュエットは、体のどの部分にも対応してくれるハンドピースを兼ね備えているので、全身脱毛をしたいと考えている人に最適の機械なのです。

 

ライトシェアデュエットのメリットは?

レーザー脱毛には、実は様々な種類があり、それぞれのレーザーによって特徴があります。

ライトシェアデュエットは、ダイオードレーザーを発する機器の一種で、現在多くのクリニックで使われているものです。

ライトシェアデュエットの最大のメリットは、痛みが少ないということ。

レーザー脱毛では、照射したレーザーが皮膚の下のメラニン色素に反応し、そのエネルギーが熱に変換されて、毛包部分にダメージを与えます。毛の成長に影響のある毛乳頭などの組織を破壊するので、一度レーザーを照射すればその後に毛が生えてくることがほとんどなく、半永久的にその効果が続きます

レーザー脱毛の痛みは、レーザーがメラニン色素に反応する時に発生する熱とショックによって起こりますが、クリニックで使われるレーザーの機械は出力が高く、中にはその痛みをつらく感じる人も少なくありません。

ライトシェアデュエットは、照射するときに皮膚を引っ張り上げて、できる限り近くからレーザーを当てるため、少ないエネルギーで済みます。だからこそ、痛みが少ないのです。

ライトシェアデュエット

また、この皮膚を引っ張り上げる方法で照射するからこそ、柔らかくて細い毛にも確実に当てることができるので、背中や二の腕など、産毛が多い部分もきれいに脱毛することができます。

そしてもうひとつ、スピーディーに脱毛ができるということも大きなメリットです。照射面の形が四角く、しかも広いため、効率的に脱毛を進めることができます。時間のかかる全身脱毛を短時間で済ませることができるというのは、忙しい女性にとって大変ありがたいことですよね。

痛みがなくスピーディーなライトシェアデュエットは、レーザー脱毛の中でも、特に私たちへの負担が少ない機械といえます。

 

ライトシェアデュエットにデメリットはある?

さて、たくさんのメリットがあるライトシェアデュエットですが、やはりデメリットがあるのも事実です。

レーザーを照射するときに、皮膚を引っ張り上げながら行うので、吸引時の痛みがある場合があります。また、引っ張り上げることで、照射面と皮膚が近づくため、最小のレーザー出力で照射することで痛みが少ないといわれますが、誰もがそうとは限らず、中には赤みや痛みなどの皮膚トラブルが生じてしまう方もいます。

もちろん、クリニックでの施術ですので、すぐに専門の医師に診察をしてもらうことができることは大きな安心材料といえるでしょう。しかし、「痛くない」といわれているライトシェアデュエットでも、万人にそれが当てはまるわけではないのです。

ライトシェアデュエットは波長が長いため、比較的メラニン色素が多いといわれる日本人の肌に適しているレーザーですが、これはもともとメラニン色素の濃い部分反応するので、あまりにも日焼けをした肌とか、大きなシミ、ほくろのある部分には照射することができません

気になるムダ毛がその周辺の場合、レーザーを当てることができないので、毛が残ってしまいます。

そのような場合は、1本ずつ毛穴に針を刺して電流を流すことで毛根にダメージを与えるニードル脱毛と組み合わせるなどで処理していくのが有効です。

また、どのレーザーにも言えることですが、硬毛化や増毛化のリスクは知っておかなくてはいけません。これは、レーザーを当てることで、本来はムダ毛が抜けていくものですが、何らかの原因で毛が硬く太くなったり、毛が多くなったように感じることです。

その原因はいまだ解明されていませんが、レーザーを当てた時、その当たりが弱く、毛乳頭を破壊するまでもないようなレーザーの熱によって、毛根の周りにある組織の活動が活発化してしまうことがそのひとつではないかといわれています。

この症状は、特に、背中などの産毛部分で起こりやすいといわれています。

 

ライトシェアデュエットができるクリニック

さて、ここまで、ライトシェアデュエットについていろいろとご紹介をしてきましたが、特徴やメリット、デメリットについてお分かりになりましたか。

数あるレーザーの中でも、痛みが少なくスピーディーで、気軽にトライすることができるのが、ライトシェアデュエットです。

医療用レーザー脱毛機ですので、施術を受けられるのは専門のクリニックだけ

現在では、中央クリニック、リゼクリニック、アリシアクリニック、クレアクリニックなどが代表的ですが、そのほかにも多くのクリニックでこの機械が取り入れられています。

ムダ毛があると、それだけでおしゃれが楽しめないとか、憂鬱になるなど、気分まで沈んでしまいますよね。

少しでも気になる部分があるのなら、ぜひこの機会にライトシェアデュエットのあるクリニックでレーザー脱毛を始めてみてはいかがでしょうか。

コンプレックスが解消すると、それだけで表情ががらりと変わって、より素敵な女性に変身することができますよ。
​​​​​​