メンズ脱毛の効果を半減させないための施術後の大切なケア

メンズ脱毛は施術をして終わり、ではありません。

脱毛の効果を充分に発揮させるためには、脱毛後のケアがとても大切なのです。

うっかりいつも通りに過ごしてしまうと、脱毛の効果が半減してしまうかもしれません。 しっかりチェックして脱毛に臨みましょう!

施術した日にするケア

日焼け注意

光脱毛、レーザー脱毛はメラニン色素に反応させることで脱毛を促します。「毛根を消滅させる」というより、「毛根を焼く」というイメージに近いと考えてください。

そのため施術直後は、肌が軽いヤケドをおこした状態になります。その状態で屋外に出て紫外線を浴びて日焼けをしてしまうと、施術後の肌にかなりの悪影響を及ぼすことは避けられません。治っていないヤケドの上にヤケドを重ねるようなものです。

しかし、施術した日は肌が敏感になっているため日焼け止めの使用はしない方がいいです。なるべくすぐに帰宅するか、日焼けの心配のない屋内で過ごすようにして、しっかり肌を休ませてあげてください。

冷やす

上で書いた通り、施術後は肌が軽いヤケドをおこしている状態なので、もしヒリヒリした感覚が続くようであれば冷やすようにしましょう。サロンやクリニックでも照射直後に冷たいタオルや保冷剤で肌を冷却しますので、同じようにやってみるといいでしょう。

ただしやり過ぎると身体が冷えてしまったり、長時間保冷剤をあてると逆に凍傷を起こしてしまいます。様子をみながら冷やすようにしてください。

消臭スプレーを使用しない

ワキの脱毛であれば、制汗剤などの消臭スプレーは使用厳禁です。施術直後は肌がとても敏感になっているので、刺激を与えないようにしましょう。

ですが夏場などは、どうしても汗のニオイが気になりますよね。そんな人は以下のように工夫してみてください。

  • 汗をかいたらすぐ拭く 汗が臭うのは、汗をそのままにして酸化してしまったり、ワキの毛で蒸れてしまったりすることから起こります。汗をかいたらすぐ拭くようにするだけでニオイはかなり軽減されますよ。
  • 速乾性のインナーを着る 夏場は速乾性のあるインナーが必ず販売されます。汗を吸収し蒸れを抑えてくれるので、とてもオススメです。
    もちろん人によりますが、「脱毛してから汗が多くなった」と感じる人もいますので、速乾性のインナーは脱毛後にも役立ちそうです。
  • 低刺激のウェットシートを使う どうしてもワキをすっきりさせたい場合には、低刺激のウェットシートを使うようにしてください。市販の汗ふきシートは色んな成分が含まれており刺激が強いので、赤ちゃんでも使えるような低刺激のウェットシートを選ぶようにしましょう
  • 保湿クリーム 家にボディクリームがあれば、それを使用して保湿してください。もしクリームがない場合は、今後の脱毛中に必要なので購入しましょう。できればさっぱりタイプではなく、保湿力の高いしっとりタイプのものが望ましいですが、値段は高いものでなくて構いません。たっぷり使えるものを選んでください。
    肌が敏感な人は、施術後しばらくは保湿時にヒリヒリしてしまう可能性がありますので、できるだけ低刺激のものを選ぶと安心かもしれません。
  • 温めない 施術した場所を温めてしまうと、ヒリヒリした感覚が続いてしまうことがあります。最悪の場合、炎症が起きてしまうこともあるのです。
    寒い日は無理に冷やすことはありませんが、熱いシャワーやストーブ、ホッカイロなどの熱を発生させるものの使用には気を付けましょう。施術した部分を近づけないようにしてください。
    通常は施術後しばらくは、施術した部分はなるべく冷やすようにするのがベストです。

次の施術までに気を付けること

日焼け注意

メラニン色素に反応させる光脱毛、レーザー脱毛では、日焼けは厳禁です。なぜなら、日焼けをするとメラニン色素が発生し、黒くなった肌全体に反応してしまい広範囲でヤケドを負ってしまうからです。
日焼けをしてしまった部分は、黒さが治まるまで照射することができません。日焼け以外の部分を照射し、日焼けの部分は次回以降に持ち越しとなります。サロンやクリニックでは照射できなかった部分についてしっかり記録されるので、照射しないままコース終了になる心配はほとんどありません。しかし結果的に通う回数が多くなってしまいますので注意が必要です。
日焼けをしないためには、日焼け止めを使用することが最も効果的です。長時間外にいるときは日焼け止めをこまめに塗りましょう。また無理のない範囲で肌を露出させないことも大切です。

毛の処理

脱毛中の毛の処理については特に注意が必要です。

  • 毛抜き 最もやってはいけないのが、毛抜きでの処理。光脱毛、レーザー脱毛では、毛の生える周期の中でも「成長期」にあたる毛にしか脱毛の効果が表れません。脱毛されなかった毛が成長期になるのを待つため、2~3カ月に1度のペースで照射が行われるのです。
    そのため毛を抜いてしまうと、毛の生える周期が乱れてしまうのです。周期が乱れた毛は照射のペースと食い違うことになり、脱毛されずにずっと生え続けてしまう可能性があります。脱毛の効果を発揮させるためには、毛抜きは絶対に使わないようにしてください。
  • 電気シェーバー 脱毛中の毛の処理方法としてオススメされているのは、電動シェーバーでの処理です。電気シェーバーは肌の表面に出ている毛だけを処理してくれるので、毛の生える周期を乱す心配がありません。脱毛中はなるべく電気シェーバーを使いましょう
  • カミソリ カミソリの使用もOKとされていますが、肌の表面をこそぎ落としてしまい負担が大きく乾燥も進んでしまうので頻繁に使うのはやめておきましょう。もしカミソリを使った場合は保湿を念入りに行ってください。
  • 抗生物質の服用を避ける 脱毛と薬の服用は関係ないと思っていませんか?実は、抗生物質を服用していると脱毛を断られる可能性があるのです。
    その理由は副作用です。どんな薬にも副作用がありますが、肌が過敏になってしまう副作用をもつ抗生物質を服用していると脱毛することができません。その副作用によって、照射により発生する熱を伝えやすくなってしまい、必要以上のヤケドを負ってしまう恐れがあるのです。
    抗生物質は市販の風邪薬にも含まれているので、脱毛中は軽い気持ちで服用しないよう気を付けましょう
    抗生物質の他にも脱毛中の服用を避けたい薬があります。抗ヒスタミン薬抗うつ剤などの薬です。脱毛中に病気になってしまい、薬の服用を避けられない場合は必ずサロンやクリニックに相談しましょう。
  • 保湿 脱毛中は肌が乾燥しやすくなります。照射によって熱を加えられた肌が、水分を蒸発させるからです。そして脱毛によってダメージを受けた肌を再生させるためにも、水分が不可欠なのです。肌の水分量が充分にあれば脱毛による痛みも軽減できますので、脱毛で最も大切なケアは保湿と考えてもよいと思います。
    理想的な保湿方法は、化粧水をなじませ水分を補い、その水分が逃げないようボディクリームなどでフタをする方法です。身体に化粧水をなじませるということはあまりなじみがないかもしれませんが、肌の修復には水分が必要ですのでなるべく行うようにしてください。
    ​​​​​​​もし化粧水がなければ、ボディクリームだけでも保湿はできます。その場合はただ塗るだけではなく、しっかり肌に浸透させるように丁寧に塗るようにしてください。

まとめ

  • 日焼けは厳禁。紫外線対策はしっかりしましょう。
  • 脱毛中の毛の処理については特に注意が必要。毛抜きは絶対に使わないこと。
  • 抗生物質、抗ヒスタミン薬や抗うつ剤などの薬の服用は避けましょう。