男性も足を脱毛するのが常識?!脱毛にかかる費用と注意点

ファッションに関して関心を抱く男性が増えてきた昨今、夏場に流行しているスタイルのひとつとして、ハーフパンツがございます。

若い男性から中年男性まで、アイテムの年齢層は幅広く取り扱われています。

そんな「足元」を露出する機会が増えた男性方の間で“足脱毛”も流行してきているのをご存知でしたか?

女性からも嫌悪されやすい「すね毛」や「もも毛」などを不必要だと判断し、脱毛する男性が増えているのです。

今回はそんな「男の足脱毛」をクローズアップしたいと思います。

足を脱毛する男性が増える4つの理由&メリット

男 足 脱毛

年齢問わずに男性の脱毛が増えている現在。どうして脱毛をする男性が増えているのでしょうか。 そもそも脱毛というと、女性が行うケアというイメージがとても強いですが実は男性にとってもステキなメリットはあるのです。

特に足脱毛に挑戦する男性方の理由とはなんでしょう?

オシャレのため

男性用のファッション雑誌も多い中、それらに起用される男性モデルなどの足元を見てみると、「すね毛がない」or「極端にすね毛が薄い」ということが分かります。

もちろん生まれつき薄い方や、ほとんど生えていない男性もいらっしゃいますが、立派なヒゲをたくわえているのに、すね毛だけが薄いという場合はやはり洋服を着こなすために手入れをしているのでしょう。

すね毛が生えていると、服よりも足に最初に目がいってしまうものです。

気にせず足を出せるスタイルが流行している中で、見た目を気にする男性やすね毛を恥ずかしいと思う男性が増えてきているのです。

女性からの目線を変える!

やはり女性たちに嫌われやすいのが「すね毛」や「もも毛」です。

「足の毛で判断するのか!」とお思いの男性方もいらっしゃると思いますが、男性が「胸の大きな女性が良いな」と思ったり「すっぴんが可愛いと良いな」と思うのと同じように、女性方も「すね毛はなくても良いな」と思っているのです。

彼氏のすね毛が気になって仕方ない、ラブタイムでモジャモジャしちゃってムードが・・なんて女性も少なくないのです。

大好きなあの子が「すね毛嫌い」なんて情報をキャッチして即座にすね毛処理しちゃう男性も・・!?

挑戦しやすい価格になり、身近なケアのひとつとして

脱毛というと“高額な料金”というイメージが強いですが、実際のところお得なコース価格であったり部位ごとでの単発脱毛を格安価格で試せるサロンやクリニックが増えてきています。

そして「メンズ脱毛」と称して大々的に広告を出すところも増えたため、今まで立ち入りにくかったイメージも良くなり、気軽に挑戦する男性が増えたのでしょう。

清潔感維持や、時短ケアとして利用する男性も多くなってきています。

男性だってキレイな足でいたい、さわやかに過ごすために

人それぞれ、すね毛の濃さは違います。濃さによっては長いズボンを履いた時など汗をかき、蒸れてかゆくなってしまったり力仕事をする男性ですと摩擦などですね毛が引っ張られて痛みやちぎれが起きてしまうことも。

その際にダメージを受けるのはお肌自体。赤みが生じたり、荒れてしまうこともあります。

やはり見た目も大事ですがお肌トラブルを避けるために足脱毛を試みる男性も増えています。

脱毛の種類

男 足 脱毛

男性にも挑戦しやすい環境になったのはわかりましたが、実際に「脱毛方法」とはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は一般的に利用されている脱毛方法を3種類ご紹介させて頂きます。

光脱毛

女性の脱毛でも人気が高い、「光脱毛」ですが男性の脱毛でもひとつの方法として人気があります。

すね毛の「黒さ」に光を反応させてフラッシュ光をあてていきます。毛根細胞から光で処理していくので、永久的効果を得られるのが特徴です。

価格も3種類の中でも安く抑えられるので、低コストで通えるところもオススメ。

ちなみに痛みも感じにくい方法でお肌への負担も少ないです。サロンによっては美肌効果を与える機器を導入しているところも。

レーザー脱毛

光よりも強いレーザー光をあてて処理をしていく方法です。光よりも高い脱毛力があり、回数も光脱毛より少なく済むでしょう。こちらは医療用のレーザーを使うので、クリニックなどで施術してもらうことが多いです。

痛みは多少強く、個人差によりますが肌への負担も考えて回数や出力を調整しながら脱毛をしていきます。

ニードル脱毛

3種類の中でも特に脱毛力が強く、薄い産毛も脱毛できるのが特徴。ツルツルに脱毛したい方にオススメです。方法は専用の細い針を毛が生えている毛穴に挿入して針の先端から電気を流します。その電気の力で毛根の奥の細胞から毛を処理していきます。

痛みは一番強く、赤みなどが残る場合もあります。しかし半永久的な脱毛が可能であること、細い毛や光では反応できない白髪なども確実に脱毛できるので「ムダ毛」を失くしてしまいたい方には人気の脱毛方法です。

痛みが少ないのは?

3種類の脱毛方法をご紹介致しましたが、気になるのは「痛み」ですよね。

今回はこの3種類の方法の中で痛みが最も少ない(感じにくい)方法と部位別にランキングをつけてみました。

痛くない脱毛方法ランキング

第1位 光脱毛
ほとんど痛みを感じないといわれています。ほんのり温かみを感じる方、痛みに敏感な方でも、“パチンッ”とゴムを当てられた衝撃ほどです。痛みが苦手な女性から支持が高いので、一番痛みは感じにくい脱毛方法といえるでしょう。

第2位 レーザー脱毛
痛みを感じる方が多く、光脱毛のゴムを肌に弾かせる「パチンッ」という痛みが「バチンッ」という強さになると表現されます。鋭い痛みを感じる方もいらっしゃるので、我慢が出来ない場合などは出力を下げることで痛みは減少します。

第3位 ニードル脱毛
3種類の脱毛方法の中で一番痛みが強いといわれています。熱を帯びるような痛さ、チクリと針を刺される痛み(実際に挿しています)です。確実な脱毛方法として支持は高いですが、やはりその分痛みも強いようです。どうしても、という方は別料金で麻酔クリームを準備してくれるクリニックもあるのでご安心を。

痛くない脱毛部位ランキング

次に痛みを感じにくい部位をランキングしてみました。「足脱毛」に合わせたランキングになります。

第1位 太ももの外側
毛があまり密集していないところなので、痛みは一番感じにくい場所といえるでしょう。範囲が広いので時間は掛かります。

第2位 ひざ
痛みに強そうなイメージですが、毛の密集度が高いため痛みを感じやすい部位になります。

第3位 すね
骨も近く、毛の密集度が高い方が多いので一番痛みを感じやすい場所でしょう。神経なども近いため敏感になりやすいところです。

回数や価格は?

いざ脱毛しよう!と思っても価格や回数は気になるところです。 脱毛方法や希望の脱毛量によって異なってきますので今回は表にまとめてみました。

光脱毛 レーザー脱毛 ニードル脱毛
ほぼ毛を失くしたい、
ツルツルにしたい
約8回~12回
★1回1万5千円~
約6回~10回
★1回4万円~
約70~100時間
★5分3千円~
半分ほど量を減らしたい、
変化を感じたい
約5回~9回 約4回~6回 約40~80時間
多少の脱毛、間引き程度 約3回~5回 約2回~4回 約20~50時間

上記はあくまで平均的な回数と価格になります。

実際の毛の量や、クリニックになどによってコースやパックがあるので単純計算より安く施術できるかと思います。

注意点

足脱毛を行うに当たって、いくつか注意すべき点があるので施術前にチェックしておきましょう。

  • 効果を感じるまでに2週間ほどかかる場合も
  • 均一な脱毛が出来ない場合もある
  • 肌荒れや火傷のような傷を負う可能性もある
  • やっぱり毛が欲しい、と思っても生えてこない
  • 乾燥したり、赤みがでる場合も
  • クリニックやサロンによって料金やパーツも変わってくる

足脱毛に挑戦して新しい自分を発見

男性が脱毛をしよう!と思っても少々恥ずかしく感じてしまったり、施術内容もよく分からないから・・と諦める男性も多いのではないでしょうか。

今回はそんなオシャレ男性の背中を押せればと思い、ご紹介させて頂きました。

気になっている男性諸君、ぜひ足脱毛に挑戦して新しい自分を発見してみませんか?