メンズ脱毛は痛いって聞くけど実際どのくらい痛い?

今や日本でもエチケットとして主流となってきているメンズ脱毛。

しかし、「痛いのでは?」と不安に感じ、脱毛に踏み出せない男性が多いのではないでしょうか。

そんな不安をお持ちの男性のために、脱毛の痛さについて解説していきます。

男性脱毛の施術の種類

光脱毛

メンズ 脱毛 痛い

特殊な光を広範囲に当てることによって、メラニン色素という黒い色素に反応させて毛根を弱らせる仕組みの脱毛方法です。サロンによっては「フラッシュ脱毛」と呼ばれることもあります。

黒さがはっきりしている太い毛には反応しやすく、逆に産毛や薄い毛にはあまり効果が見られないことが特徴です。

光脱毛の施術は医療行為ではないため、特別な資格や免許がなくても扱うことができます。主にエステサロンや脱毛サロンで行われていて、店舗数も多いことから、価格競争によってどんどん脱毛費用が安くなっています。

医療レーザー脱毛より出力レベルが低い分、脱毛が終わるまでに要する時間も1年半~2年半と長期間かかります。しかし広範囲に照射できるため、1回の施術にかかる時間は短時間となり、例えばワキなら数分で終わります。

レーザー脱毛

メンズ 脱毛 痛い

医療レーザー脱毛と呼ばれる通り、皮膚科や美容外科などで行われる医療行為となります。医師または看護士の資格がないと施術できません

光脱毛に比べて出力レベルが高いため、脱毛の効果も大きいです。箇所にもよりますが、脱毛完了までの期間は平均1年~1年半と短いです。

光脱毛と同じくメラニン色素に反応させるため、日焼けやシミのような色素沈着している部分には施術できません。ヤケドを負ってしまいます。

医療行為といっても保険はきかないので費用は高めですが、安全性も高く、少ない回数で脱毛が完了するため、コストパフォーマンスを考えると高額とは言えないかもしれません

ニードル脱毛

メンズ 脱毛 痛い

毛穴に針を当て、電流を流すことによって毛根を壊す、最も昔からある脱毛方法です。

針脱毛とも呼ばれ、脱毛そのものが一般的ではなく高価な行為だった頃は「脱毛=ニードル脱毛」と考えられていました。

毛穴ひとつひとつにアプローチするため時間がかかり、痛みもかなり強いのが特徴です。色素は関係ないので日焼けや色素沈着をしていても施術ができます

広範囲で照射できる光脱毛やレーザー脱毛が主流となった現在では、ニードル脱毛を選ぶ人はあまりいません。しかし脱毛の効果は最も大きく、光脱毛やレーザー脱毛では効果が表れにくい産毛や薄い毛も脱毛が可能です。このことから、唯一「永久脱毛」と呼んでいい方法と言われています。

どのくらい痛い?

光脱毛

3つの脱毛方法の中で出力レベルが最も低いため、痛みも一番少ないです。

よく言われる痛さの例は「輪ゴムでパチンと当てたような痛さ」ですが、痛みの感覚は人それぞれなので、全く痛みを感じない人もいれば、かなり痛いと感じる人もいます。

痛みを感じない理由として、光脱毛は熱が発生するため「痛い」というより「熱い」と感じる人が多いようです。

レーザー脱毛

カウンセリングのときは、光脱毛と同じく「輪ゴムでパチンと当てたような痛さ」と説明がされることが多いです。しかし、実際の痛みはそれ以上と考えておいてください。

痛みを例えるなら、「静電気のような衝撃と痛さ」です。輪ゴムが当たる時のような物理的な痛みというより、静電気が起こったときの「ビリッ」いう感覚の方が近いです。

ただし、レーザー脱毛にも強度の選択ができます。痛みに弱い人や、痛みを感じやすい箇所には強度を弱めることが可能です。しかし、強度が弱まるほど脱毛の効果が表れにくくなるので、同じ施術回数でも脱毛の効果が変わってしまうのが難点です。

ニードル脱毛

この3つの脱毛方法の中で、最も痛いと言われています。「痛すぎて続けられなかった」という声をよく耳にするほどです。

毛穴に針を刺し電流を流し込むので、針が刺さった瞬間と、電流が流れる瞬間に痛みが発生します

特にメンズ脱毛の場合は、しっかり脱毛できるように太い毛には電流を流す時間を少し長くすることがあります。その場合は、痛みも強く長く感じることになります。

脱毛する場所にとって痛みは違う?

どの脱毛方法にも言えることですが、脱毛の痛みは脱毛する場所によって変わってきます。同じ身体でも、「痛すぎて耐えられない」と感じる場所と、「全く痛みを感じない」と思う場所があるのです。

特に痛みを感じやすい部分の目安を以下に挙げてみました。

太い毛

太い毛は痛みを感じやすいと一般的に言われています。光脱毛と医療レーザー脱毛ではメラニン色素に反応させるため、黒い部分が大きい、太い毛は痛みを感じやすいです。ニードル脱毛でも、電流を流す部分が大きくなるため特に痛みを感じます。

毛抜きで抜くと痛いところ

毛抜きで抜くと痛いところは、脱毛のときも傷みを感じることが多いです。

例えば、ヒゲや足の指の毛などは、毛抜きで抜くとかなり痛いですよね。そういった箇所は照射すると、反射で身体が動いてしまうような痛みが発生します。

逆に毛抜きで抜いてもあまり痛くない腕や足などの部分は、脱毛の痛みも比較的鈍く感じられます。

骨が近いところ

皮膚が薄く骨が近いところは、照射の痛みが骨まで響くことがあります。

例えば、鼻下のヒゲは照射の痛みが歯に響き、一時的に歯に痛みや熱さを感じることもあるのです。

痛い原因と対処法

脱毛は基本的に痛いものですが、もしかしたらある原因が痛みを感じやすくさせているかもしれません。場合によっては痛みを軽減できる可能性がありますので、是非チェックしてみてください。

乾燥

肌が乾燥していると、肌を守ろうとする機能が低下してしまいます。乾燥しているだけで、外部からの影響を受けやすく敏感になっているのです。そんな状態で脱毛をしてしまうと、余計に痛みを感じやすくなり、炎症も起こしやすくなります

保湿は施術直前に行っても意味がありません。脱毛中は毎日保湿をして、照射によってダメージを受けている肌をいたわってあげてください

体調不良

脱毛には関係がないと思われるかもしれませんが、体調管理はとても重要なのです。

熱があったり、睡眠不足であったり、二日酔いであったりすると、痛みを感じやすくなり気分が悪くなってしまう恐れがあります。

脱毛中は睡眠をしっかりとり、少なくとも施術前日の飲酒は控えましょう

不安

極端に痛みを怖がってしまうと、身体も緊張し、余計に痛みに敏感になってしまいます。

まずはカウンセリングの際に担当スタッフに相談し、パッチテスト(お試し照射)があれば是非パッチテストを受けてみてください。そこで、どのくらいの痛みか体験することができます。

「がんばれば耐えられる」と思えるくらいの痛さであれば、全く関係のないことを考えてみたり、照射しない部分に神経を集中させてみたりすると気がまぎれることがあります。

どうしても心配なら麻酔を

「どうしても痛みに耐えられる自信がない、でも脱毛したい」という方は、麻酔クリームや笑気麻酔を扱っているクリニックを選ぶことをおすすめします。ただしエステサロンや脱毛サロンでは麻酔を扱うことができないので、必然的に医療レーザー脱毛もしくはニードル脱毛となります。

もちろん、麻酔の利用はオプションとなります。カウンセリングの際に、必ず麻酔の利用を希望していることを伝え、金額を聞いておくといいでしょう。

まとめ

  • 光(フラッシュ)脱毛は熱が発生するため「痛い」というより「熱い」と感じる人が多い。
  • レーザー脱毛は静電気のような衝撃と痛さ。
  • ニードル脱毛は脱毛方法の中で最も痛いと言われていて、「痛すぎて続けられなかった」という人も少なくない。