男性のムダ毛は濃いから目立つ!肌を痛めず処理する方法は?

ムダ毛というと女性が処理するものというイメージがありますが、男性でも体毛がムダな毛だと感じることはあります。

ここでは男性がムダ毛を処理する場合に使える方法を紹介していきます。

なぜ男性の毛は濃くなる?

そもそもなぜ男性の毛というのは濃くなるのでしょうか? 考えられる原因は3つです。

遺伝

人は誰もが親や祖父母、さらにはその上の世代から色々な特徴を遺伝しています。

そして毛の濃さというのも実は遺伝するものなのです。

遺伝というとついつい親のことを思い浮かべがちですが、祖父母の遺伝子を受け継ぐ「隔世遺伝」もあります。

そのため自分の両親の毛が濃くなくても、祖父母からの遺伝で先天的に毛が濃い場合があります。

生活習慣による男性ホルモンの増加

男女という性別に関係なく、体の中には男性ホルモンと女性ホルモンが存在しています。

このふたつのホルモンは本来バランスよく存在しているのですが、生活習慣などによってホルモンバランスが乱れてしまうことがあります。

男性ホルモンの量が女性ホルモンより極端に多くなってしまうと、体毛が濃くなってしまうことがあるのです。

肌への刺激

体毛の処理をするのはあまり気がすすまないという男性でも、一度はカミソリなどで髭の処理をしたことがあるでしょう。

実はカミソリなどで体毛を剃ったりすると、肌が傷付いてしまうことがあります。

こういった刺激を肌が受けると、身体を守るために生えている体毛はさらに濃い毛を生やすようになるのです。

そのため、髭剃りだけでなく毛抜きを使って毛根から毛を抜く場合も毛が濃くなることがあるのです。

このように毛が濃くなる原因はいくつかあるわけですが、最近ではこのムダ毛を処理したいと考える人が増えています。

どうしてわざわざ時間と手間をかけてムダ毛を処理するのか? それはやはりムダ毛を処理することにメリットがあるからです。

ムダ毛の処理をすることで、清潔感が出て若々しくみられるようになるケースはよくあります。

これは特に営業マンなどにとっては嬉しいメリットですよね。

またヒゲの脱毛をすれば、毎朝の煩わしいお手入れから解放されるのも嬉しいポイントです。

体毛を薄くするためのポイントはこちら

ムダ毛処理方法

ムダ毛 処理 男 方法

ムダ毛処理をすることで得られるメリットに世の中の男性が気づきはじめ、それに伴って様々なムダ毛の処理方法が試されています。

いくつもあるムダ毛処理方法の特徴をおさらいしてみましょう。

毛抜き

ムダ毛処理として最も手軽な方法が毛抜きでムダ毛を抜く方法です。

毛根と一緒に毛を抜くことができるので、毛を剃るのと比べると次に毛が生えてくるまで多少時間がかかります。

ただし毛を抜くことで埋没毛が発生したり、毛が以前より太くなることがあるのが難点です。

ワックス

液体状のワックスを肌に塗って数十分放置すると、液体状だったワックスが固まります。

これを一気に剥がすことで固まったワックスと一緒に毛が抜けます。

この方法はある程度の範囲の毛を一気に抜くことができるというメリットがありますが、原理は毛抜きと一緒なので埋没毛や毛が太くなるデメリットがあります。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器にもいくつか種類があるのですが、最も普及しているのがフラッシュ式という脱毛方法を採用しているものです。

これはムダ毛が気になる部分に光を照射して、光と黒いメラニン色素を反応させ熱を発生させることで脱毛を行ないます。

剃る、抜くといった方法とは違い、脱毛が成功すれば徐々に毛が細くなったり生えづらくなったりしていくというおおきなメリットがあります。

カミソリ・シェーバー

この方法も毛抜きと並んでポピュラーなムダ毛処理の方法です。

費用も安くすむうえ手軽にできる方法ですが、肌の表面に出ている毛しか剃ることができないので、ムダ毛処理の方法の中では最も効果の持続時間が短い方法ともいえます。

除毛(脱毛)クリーム

除毛クリームを肌に塗ると毛が溶けてくれるので、簡単にムダ毛の処理をすることができます。

カミソリとは違って毛を溶かすだけなのでチクチクすることがないのですが、クリームが肌にあわずに皮膚が赤くなったりすることが多いです。

脱色

脱色はムダ毛を処理するというより、ムダ毛を目立たなくする方法です。

黒いムダ毛を脱色して、なるべく肌に近い色にすることで目立たせなくすることができます。

しかし実際にムダ毛を脱色してみると確かに黒い毛のときよりは目立たないのですが、見方によっては長い産毛が生えているようにみえるので違った意味で目立ってしまうこともあります。

このように自分でできるムダ毛の処理方法はいくつかありますが、どれも一長一短といった印象が強いですね。

抜かなくても見えにくくなる抑毛ローションの効果を紹介!!

男性ホルモンを抑える生活改善

ムダ毛 処理 男 方法

ムダ毛の処理方法をご紹介しましたが、少し見方を変えて「ムダ毛を濃くしない=男性ホルモンを抑える」ためにできることを考えてみましょう。

身体の中の男性ホルモンの割合が増えるのには、次のことが関わってきます。

そのため、これらの症状を改善できれば毛が太くなるのを防ぐことができるかもしれないのです。

これらの症状を改善するために特に気をつけたい、実践したいポイントは次の4つです。

  • 過度なストレス
  • 栄養不足
  • 睡眠不足

休息をとる

人が生きていく上で休むことは欠かせないことですが、毛を濃くしないためにもしっかりと休むことが重要なのです。

社会人になると特に無理をしてしまいがちですが、疲れたときにはしっかりと体を休めるように努めましょう。

適度な運動や入浴、あなたが気持ちいいと思える休み方を普段の生活から取り入れていきましょう。

無理なダイエットを控える

男性でムダ毛が気になっているという人は、きっと自分の見た目も気になっているでしょう。

「ムダ毛もそうだけど、このぽっちゃりした身体じゃいくら脱毛しても意味ないかな。」と思ってダイエットに励む人もいるかもしれませんね。

ダイエットをすることは決して悪いことではありません。

しかしあまりにも極端なダイエットは大きなストレスの原因になります。

大豆イソフラボンでホルモンバランスを整える

豆乳や大豆、納豆に含まれている大豆イソフラボンは、体のなかで女性ホルモンに似た働きをしてくれます。

そのため、大豆イソフラボンを摂取することによって、男性ホルモンが優位になっていたホルモンバランスを整えることができるのです。

質の高い睡眠をとる

人は眠ることで身体をやすめ、心を癒し、頭の中を整理しています。

つまり質の高い睡眠をとれるようになれば、そのぶん体の疲れもとれストレスなども感じづらくなるのです。

なかなか現代では十分な睡眠を得ることも難しくなっていますが、時間がとれないなら短時間でも深い眠りにつけるような睡眠環境を作るように努力してみましょう。

ムダ毛の処理をするだけでなく、普段からの生活を見直すことでムダ毛が濃くならないようすることも可能なのかもしれません。

脱毛専門クリニックとは

ムダ毛 処理 男 方法

ここまで自分でできるムダ毛の処理方法や生活改善について紹介してきましたが、やはりすぐにでもはっきりとした脱毛効果を得たいと考えるのであれば、脱毛専門のクリニックの利用をおすすめします。

脱毛専門のクリニックでは、脱毛サロンではすることができない「レーザー脱毛」をすることができます。

レーザー脱毛は脱毛サロンでも行なえるフラッシュ脱毛の光の出力がさらに高くなり、その分効果も高くなっている脱毛方法です。

男性のムダ毛の脱毛を専門に行っているクリニックの中では、次のお店が有名です。

ゴリラクリニック

とてもユニークな名前の脱毛クリニックですが、アンジャッシュの児嶋一哉さんやアンタッチャブルの柴田英嗣さんなども利用しているようです。

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と比べると効果が高い分、痛みも強くなります。

ゴリラクリニックでは、この痛みを少しでも軽減するために麻酔を導入してお客さんの負担がなるべく少なくなるようにしています。

メンズリゼクリニック

全国に展開しているメンズリゼクリニックでは数種類の脱毛マシンを用意して、個人個人で異なる毛質にも対応できるようになっています。

湘南美容外科

湘南美容外科では、4年間であれば何度でもクリニックに通って脱毛ができる回数無制限コースなどを用意しています。

そのため「毛が人より濃くて脱毛に時間がかかりそう…」と考える人でも安心して脱毛をすることができます。

脱毛クリニックはこの他にも全国にたくさん存在します。

脱毛は一度通っただけで終了することはなく、必ず何度もクリニックに足を運ぶ必要があります。 そのため費用や施術内容ももちろんですが、自宅から通いやすい距離にあるかどうかしっかりと確認してお店を選ぶようにしましょう。

男性のムダ毛の処理方法はたくさんあります。

やはりなるべく処理にかける手間を省きたいのであれば費用はかかりますが、家庭用脱毛器の購入やクリニックの利用を考えるべきでしょう。

あなたも自分にあった方法をみつけて、ムダ毛の少ない清潔な肌を手にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 男性の毛が濃くなるのは男性ホルモンの影響
  • 処理方法には抜くものと見えにくくするものがある
  • 生活改善で男性ホルモンを抑制すればムダ毛が減る