Oライン脱毛はメリットが多い?自宅で脱毛する方法とは

デリケートゾーンの中でも特に自己処理が難しいOライン。今回はそのOラインを自宅で処理する方法をご紹介します。

自宅でやるOライン処理は危険も多いのでは、上手くできないのではと不安に思う点が多々あると思いますので、その辺りをしっかりと解説していきます。

Oラインとは?脱毛は必要なの?

まずそもそもOラインとはどこの毛の事か分からない方もいると思いますので、まずはその話から始めていきます。

Oラインというのは肛門周囲、お尻を開いた時に見える部分の事を指します。デリケートゾーンを総称してVIOやハイジニーナと呼ぶ事がありますが、Oラインはその中でも特に注意が必要な部分として有名です。特に位置的にセルフでは処理ができない部分のため、基本的にクリニックや脱毛サロンなどで処理する事になるからです。

肛門周囲のムダ毛って人にまず見られないから処理する必要ないのではと思う人もいるかもしれませんが、実は処理しておく事で多くのメリットが生まれます。

Oラインの毛が多いと蒸れやすいです。夏場に長時間椅子に座っていて気持ち悪くなったりしませんか。また蒸れて肛門周りの匂いが漂ってきたりした経験はありませんか。実はこれOラインの毛が多い人ほど起こりやすい状態ですので、処理しておくと爽やかな気持ちでいられます。

また大便をした時にもメリットが多くなります。毛が多いとその毛に便が付着している事が多いため、どうしても紙で拭く回数が増えてしまいます。またそれらを綺麗にしようとしてウォッシュレットを利用する方が多いと思いますが、場所によってはウォッシュレットが無くて困った事はありませんか。こういった大便時の悩み事もOラインの処理をしておく事で解決できるのです。

これらに加えて女性の場合、Oラインを処理しないとTバックから毛がはみ出す事になります。Tバックを好む女性も多いと思いますので、そういった方は必ず処理しておきましょう。

少し性的な話になってしまいますが、Oラインの毛が処理されているとパートナーにも喜ばれる可能性が高いです。体毛というのはやはり不衛生のイメージがあるため、特にデリケートゾーンの毛が無造作に生えているのはイメージ的によろしくない事が多いのです。パートナーとの夜の営みをスムーズに行うためにもOラインの処理は大事なのです。

oライン 脱毛 方法

このようにOラインは人に見えない部分ではありますが、処理しておくと良い点がいくつもあります。この記事を通してぜひOラインの処理を検討してみてください。

Oラインムダ毛のセルフ処理は危険?!

さてOラインの毛を処理するための方法はいくつかありますが、先に注意しておくべき点があります。それは絶対にセルフで行ってはいけない点です。

先ほども説明したようにOラインというのは肛門周りの毛の事ですので、自分ではまず見えない位置にあります。もちろん鏡を使ってみる事も可能ですが、Oライン周囲は皮膚が入り組んでいるのでカミソリなどの道具は基本的に使えません。使えば怪我をするのは必然と考えて良いくらいです。さらに色素沈着を起こしやすい部分でもありますので、セルフケアをしたばっかりに別の症状や病気に悩まされる事も珍しくありません。

そもそもOラインはデリケートゾーンと呼ばれる粘液に近い部分となっています。Oラインの場合は人によっては粘液内部に毛が生えている事もあるので、余計に注意が必要な部分なのです。ちゃんと見える状態でも注意が必要な場所なのに、鏡を使ったり無理な体制をしてセルフケアを行うのは、自ら怪我をしに行くようなものです。絶対にセルフケアだけはしないようにしましょう。

クリニックやエステでOラインを処理する場合

では実際にOラインの処理をする場合、どうやってするのかをご説明しておきます。ここで紹介する方法はクリニックやサロンで実際に受ける事ができる処理方法です。

ワックス脱毛

まず1つ目はワックス脱毛です。ブラジリアンワックスというのを聞いた事があるかもしれませんが、これを利用しているサロンも多いです。これはワックスを処理したい部分に塗って、固まったら剥がすという方法です。一気に大量の毛が抜けますのでOラインに毛が多い人にお勧めです。

しかし肌がデリケートな人は控えておきましょう。こちらの処理方法は脱毛になりますので、毛根から毛を抜き取る事になります。毛根が奥深く根付いていたり、毛穴が狭かったりすると内出血を起こす事もある様なので、必ずクリニックやサロンの専門家の方と相談してから施術するようにしましょう。

光脱毛

2つ目は光脱毛です。Oラインにジェルを塗って光を照射する方法です。出力の弱い光を当てるので痛みはほとんどありません。デリケートゾーンであるOラインの処理としてはかなり安全性の高い処理方法ですが、1回では脱毛し切れないので定期的に処理を行う必要があります。大体3ヶ月に1回のペースで複数回行う事になるのを覚えておきましょう。

医療レーザー脱毛

3つ目は医療レーザー脱毛です。全身の脱毛方法として1番注目を集めている脱毛方法で、Oラインにも対応しています。

こちらは毛根に直接レーザーを照射して毛の生成と成長を阻害する効果を持っています。繰り返し施術を行う事でほぼ永久脱毛に近い状態にする事も可能なほど効果が高いですが、その分痛みもあります。場所によっては麻酔を使う事もあるほどの痛みです。

しかし基本的に毛根に対して照射する物ですから肌へのダメージはそこまで多くありません。少なくともワックス脱毛よりかは弱くなっています。やるからには徹底的に脱毛しておきたいという方にはお勧めの処理方法となります。

oライン 脱毛 方法

このようにOラインは人の手を借りて施術を行うのがベストであり、それ以外の方法は基本的にタブーなので、必ずクリニックやサロンに行って専門家の方に相談するようにしましょう。

クリニックやエステでは恥ずかしい?

クリニックやエステ、サロンでOラインを処理すべき、セルフでは怪我に繋がるため絶対に避けるべきとお伝えしました。しかしやはりOラインは肛門周りという事で、人に見せる事に抵抗を覚えている人が多いのも事実です。実際に人に肛門を見られるのは恥ずかしいと思います。

しかしながら、クリニックやエステでOラインを処理するというのは実は日常的なのです。とある脱毛期間の男性の脱毛部位ランキングでは髭に次いでVIOのデリケートゾーンがランクインしています。なのでクリニックやサロンにいるスタッフからすれば当たり前の光景なのです。そこまで恥ずかしがる必要はありません。

確かに施術の時は四つん這いになってお尻を広げるポーズを取ったりする事もありますが、場所によってはうつぶせに寝た状態で処理にはチューブトップを使う事もあります。そこまで身構えるような事はありません。

実際にOラインの処理をクリニックやエステでした人も「最初の1回は確かに恥ずかしかったけど、すぐに慣れた」「スタッフが普通に接してくれるので恥ずかしがっている自分がむしろ変に思った」など、すぐに慣れたという意見が多いのです。

oライン 脱毛 方法

Oラインの処理が恥ずかしいと思っている方が多いと思いますが、クリニックやサロンの専門家やスタッフはそれも良く分かっています。なのでどうしても恥ずかしい気持ちが強い場合にはまずカウンセリングを受ける事をお勧めします。実際に処理する人と話してみれば、Oラインの処理に関する不安事も聞けますし、悩みを打ち明ける事で精神が安定してきます。処理する相手が信頼できるかどうかもチェックできますので、ぜひ1度足を運んでみてください。

恥ずかしくなんかない!メリットだらけのOライン脱毛!

参考までにとある脱毛機関でのOラインの処理は1回につき3,000円から4,000円となっています。ただしOラインの処理を完璧に終わらせるまでには5回以上は必要と言われていますので、その辺りもよく考えながら、通うクリニックを決めるようにしてください。

まとめ

  • Oラインは人に見えない部分ではあるが、処理しておくと良い点がいくつもある。
  • Oライン周囲は皮膚が入り組んでいるのでカミソリなどの道具は基本的に使えない。絶対にセルフケアだけはしないように。
  • Oラインは人の手を借りて施術を行うのがベストであり、それ以外の方法は基本的にタブー。