髭脱毛は痛い?痛みを試してみる方法と口コミ体験談

男性の脱毛の中で一番人気がある髭脱毛。

しかし顔という敏感な部位ということもあって、その痛みは非常に強いとも言われています。

やってみたいけど、不安も大きい髭脱毛。 今回は髭脱毛の方法、それによって違う髭脱毛の痛み、また麻酔についても詳しくご紹介していきます。

髭脱毛には、どんな方法があるの?

髭脱毛は、 「光(フラッシュ)脱毛」 「レーザー脱毛」 「ニードル(針)脱毛」 以上の3種類が主な方法。

ここでは、それぞれの脱毛方法を詳しくご紹介します。

光(フラッシュ)脱毛

主にエステサロンで行なわれる脱毛方法です。

複数の波長からなる特殊な光を照射し、毛根にダメージを与えて発毛を抑えます

レーザー脱毛やニードル脱毛と違い、「永久脱毛」としての効果は得られませんが、継続して施術を行なっていくことで毛が細くなり、「減毛効果」が見られるようになります。 照射力が弱いため、脱毛効果を実感するまでに時間がかかりますが、肌トラブルが起きにくいとも言われています。

3種類の脱毛の中では、この光脱毛の費用が最もリーズナブル。

各種キャンペーンや割引制度などが充実しています。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、クリニックなどの医療機関でしか行なえない医療行為です

医師の管理下のもと、看護師などの有資格者が施術を行ないます。 光脱毛と違い、単一の波長の光で毛根を集中照射。発毛のもととなる細胞を破壊するため、再び毛が生えて来ることはほとんどありません。

照射力が強いため、短期間の施術で脱毛効果を実感することができます。

一方で施術中に「輪ゴムで弾かれるような痛み」を感じたり、施術後に軽い火傷毛嚢炎などの肌トラブルが見られたりします。

しかし医療機関であることから、そういったトラブルにも迅速・適切な処置が行なわれるという安心感もあります。

費用は光脱毛より割高になりますが、脱毛期間が短くて済むため、トータルで見るとあまり変わらないケースも出てきています。

光脱毛とレーザー脱毛の共通事項

光脱毛もレーザー脱毛も、黒い色素に反応して光を照射して脱毛する仕組みになっています。そのため色の薄い毛や白髪などに対しては、施術ができない場合があります

また日焼けした肌などの濃い色の肌では、毛の色との識別が難しく、脱毛が上手くいかないこともあるので注意が必要です。

これらの不安がある場合は、事前のカウンセリングなどで脱毛が可能かどうかを判断してもらいましょう

ニードル(針)脱毛

絶縁処理した特殊な針を毛穴に刺し、微弱な電流を流して発毛のもととなる細胞を破壊していく脱毛方法です。

レーザー脱毛がメジャーになる以前は、「永久脱毛」と言えばこのニードル脱毛が主流でした。

毛穴のひとつひとつに針を刺していく施術方法なので、非常に時間はかかりますが、脱毛効果は一番高いとされています

高度な技術が必要であるため、施術者によって進み方や痛みの出方に違いがあると言われています。

手間と時間がかかることから費用も高額。

光脱毛やレーザー脱毛の場合は部位別や照射回数によって金額が異なりますが、ニードル脱毛の場合は「1本=○○円」や「1分=○○円」といった金額設定になります。

痛みの感覚には個人差があるので一概には言えませんが、3つの脱毛方法の中では一番痛みが強いと言われています。

広範囲の脱毛を行なうには時間がかかってしまいますが、光脱毛やレーザー脱毛が苦手としている細かい部分の脱毛や、白髪や色の薄い毛の脱毛も可能です。

麻酔が使えるって本当?

昔よりはだいぶマシになったと言われる脱毛の痛み。それでも「脱毛=痛い」というイメージはなかなか払拭されず、施術を躊躇してしまうという人も少なくありませんよね。

特に髭脱毛は顔の敏感な部分であることから、痛みを感じやすいと言われています。

特に痛みに弱いという人のためには麻酔が用意されているのをご存知でしょうか。

但し麻酔は医療行為であるため、医療機関でしか使用することができません。

エステサロンの脱毛では麻酔を使うことができないので御注意を!

脱毛の施術で使われる麻酔は次の通りです。

笑気ガス(笑気麻酔)

亜酸化窒素医療用酸素を使用した麻酔です。酔ったような状態になり、痛みに対しての感覚が鈍くなります

鼻に専用のマスクを着用し、吸入することで効果が表れます。

吸入をやめると、すぐに醒める麻酔です

鼻吸入なので、鼻から呼吸できない場合(風邪や鼻炎等)は使用できません。

麻酔クリーム

肌に塗ることで、麻酔のような効果が表れるクリームです。

肌表面の神経を麻痺させて、痛みやかゆみを感じないようにします

肌表面だけでなく、肌の奥の方まで麻酔の効果を発揮できるものもあります。

塗ってから麻酔の効果が表れるまでに30分~1時間程度の時間が必要になります。

具体的には、輪ゴムで弾かれるような痛みから、肌の深部の鈍痛に変わるような感じです。

※アレルギーを持っている人は、どちらの麻酔でも事前に医師に相談する必要があります

痛みを輪ゴムで実験してみる方法!

脱毛の痛みとして挙げられる表現で一番多いのが「輪ゴムで弾かれたような痛み」というもの。

聞くだけでも十分痛そうな気はしますが、実際に体験してみるのもひとつの方法です。

自分以外の人にやってもらえる場合は、いわゆる輪ゴムピストルで髭が生えている部分を狙ってもらいましょう。

髭 脱毛 痛い

この時、あまり離れた位置から打ちこまれると、誤って目などに当たってしまう可能性もあるため気を付けて下さい。

自分一人でやる場合は、鏡の前で行ないましょう。

輪ゴムを人差し指と親指で伸ばして形で髭の部分に当てます。

もう片方の手を使って、伸びた輪ゴムの真ん中の辺りを摘んで引っ張ります。

摘んだ部分を離せば、輪ゴムがビシッと命中します。

これを顎や頬、口下、鼻下などでやってみましょう。

痛みの感じ方には個人差がありますが、おそらく鼻下が一番痛いはずです。

これが1回でなく100発以上は続くということを頭に入れておいて下さい

中には「何度もやっているうちに痛みに慣れてしまった」という強者もいますが、髭脱毛に関しては「何度やっても痛みが強い」と感じる人も多いようです。

髭脱毛の痛みに関する口コミをチェック!

髭脱毛の施術を実際に受けた人の口コミをご紹介します。

  1. 施術を受けたキッカケ・施術前の悩み
  2. このクリニックを選んだ理由
  3. カウンセリング・施術前の説明を受けた感想
  4. 施術の内容・痛み・かかった時間
  5. 来院から施術前の様子
  6. 現時点までの通過

湘南美容外科クリニック仙台院

髭 脱毛 痛い

  1. 朝のひげそりに時間を取られること、もともと肌が弱くできる限りひげそりをしたくなく利用してみようと思いました。
  2. 他の医療機関に比べて料金が安く、大手なので信頼性があると思い利用しました。
  3. 二度目の利用でしたので、脱毛に関する詳しい内容は省いて範囲の説明まででした。 説明していただいた方が時間を気にしていたのか、腕時計を何度も見ていたので、聞きたいことが聞きにくい感じでした。
  4. 聞いていたほど痛さは特になく、耐えられる範囲でした。 フェイスですが10分程度で終わったように感じます。
  5. 顔が赤くなることもなく、特に変わった感じはありませんでした。
  6. 一週間後から、髭がぽろぽろと抜けおちていきます。 密集しているところはあまり抜けていませんが、ひげそりがしやすくなりました。 (tkm12012さん)

>> 湘南美容外科クリニック仙台院の公式サイトはこちら

浜松中央クリニック

髭 脱毛 痛い

  1. カミソリ負けがあったので顔全体の脱毛を受けました。 ついでにほかの部分もやりました。
  2. 口コミなどを見て、良さそうだと感じたので選びました。
  3. 医師や看護師さんが丁寧に説明してくれてわかりやすかったです。
  4. 場所によって痛かったり痛くなかったりしました。 範囲が広がった割にあまり時間がかかりませんでした。
  5. カウンセリング、説明を受け施術を受けました。施術が終わるとすぐに帰れました。
  6. 赤みが出ましたが、まだ1回目なのでそのほか特に変化はありません。 (てぃーおーさん)

費用

>>> 中央クリニック公式サイトはこちら

優愛クリニック心斎橋院

髭 脱毛 痛い

  1. 友人が事前に同じところで施術を受けていて、安かったと勧められたため。
  2. 場所が家から近かったことと、他クリニックに比べ安かったため。
  3. 他のクリニックと同じような感じだったが、脱毛の説明はどこも変わらないと思う。
  4. 顔全体の髭のレーザー脱毛。痛みは輪ゴムで弾かれるような感覚で1発ずつは耐えられる痛みだが、何百発も打たれるので、後半がかなりつらい。約15分間。
  5. 来院して、アンケートを書き10分ほど待機。医師から脱毛についての説明があり、そのまま別室で別のスタッフによる施術。終わったら冷やして終了。帰りに日焼け防止のマスクを貰える。
  6. 施術から1週間ほどで、ごっそりヒゲが抜けた。ただ、かなり濃かった部分(顎付近)やほっぺたの数本が抜けずに残った。 (おはぎスペシャルさん)

>> 優愛クリニックの公式サイトはこちら

まとめ

  • 髭脱毛は「光(フラッシュ)脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル(針)脱毛」の3種類が主な方法。
  • 痛みに弱いという人のためには麻酔が用意されている(エステサロンの脱毛では麻酔を使うことができないので御注意を)。
  • 脱毛の際の痛みは輪ゴムピストルで髭が生えている部分を狙って撃つとわかりやすいと言われ、これが1回だけではなく100発以上は続くということを頭に入れておいてください