脱毛が色素沈着の原因に!?脱毛時に注意すべきこととは?

真っ白く透き通った肌・・・憧れますよね。

女性にとって、色素沈着をした肌は悩みの種となるもの。

色素沈着が起こってしまう原因は様々ですが、肌に大きく負担がかかることが主だといわれています。

脱毛と色素沈着の関係

例えば、下着がこすれてしまうとか、擦り傷など肌を思い切り傷つけるような怪我となってしまうこと、また、毛抜きやカミソリでムダ毛の処理をした場合に、それが起こりやすくなります。

そして、稀に、脱毛が色素沈着の原因となることがあります。

エステサロンで行われる光脱毛や、クリニックで行われるレーザー脱毛は、どちらもメラニン色素に反応する特殊な光を照射して行います。

レーザーや光は、ムダ毛などメラニン色素のある部分にあたると熱エネルギーとなって毛や毛根にダメージを与え、毛が抜けるのを促進します。この反応の時のエネルギーが皮膚に伝わり、皮膚の内側に熱がこもったような感覚になったり、やけどをしてしまうことがあります。

もちろん、専門のスタッフがその人に合わせて出力レベルを調整してくれるので、このようなトラブルになることはほとんどありませんし、クリニックでは医師が常駐しているので、何か起きればすぐに対応してくれるのですが、全くトラブルが起きないという保証はなく、これは脱毛のデメリットでもあります。

中には、効果を出すためにあえて出力をあげているところもあり、こういったところではトラブルが起きやすくなり、色素沈着のリスクも高まるのです。

 

脱毛後に炎症を起こさないために注意すること

光やレーザー脱毛では、肌に特殊な光を照射することで、それをムダ毛などのメラニン色素に反応させ、脱毛をします

光やレーザーとメラニン色素が反応する時、それが熱エネルギーに変換されることで、稀にトラブルが起こることがあります。皮膚の内側に熱がこもったようになり、その部分が火照ったような感覚になるとか、やけどをしてしまうというのが主なトラブルです。

このような炎症を起こさないためには、施術後、しっかりと冷却をすることが大切です。

照射する際、施術の前には、脱毛をする部分にあらかじめ冷たいジェルを塗り、その上から光を当てます。こうすることで、施術中に発生した熱を抑えるとともに、その部分の照射の冷却も行ってくれるので、トラブルを回避することができます。

施術後、冷却ジェルを外したあとに、さらに冷却シートなどでその部分を数分間冷やし、終了となるのですが、照射を行う機械によっては、ジェルが不要のものもあります。

クリニックで使われるレーザーの機械に多いのですが、照射しながら同時に冷たいガスを噴射しながら冷却を行うとか、必要最低限の出力で照射するため冷却をする必要がないというものです。

もちろん、冷却の必要がないものは、施術後も特に冷やす必要はないのですが、稀に、皮膚の弱い人その時の体調などで、肌にトラブルが起きることがあります。ですから、帰ってから自宅で冷却を行うことで、トラブルを未然に防ぐことができます

炎症は、冷やすことで痛みや赤みを軽減させることができます。

大切なのは、施術後にしっかりと冷却をすること。また、施術を受けた当日は、飲酒や激しい運動など、血液の循環が良くなり、体温が上がるようなことはしないようにしましょうね。

 

光脱毛・レーザー脱毛の仕組み

よく聞く「脱毛」ですが、実際、どのような仕組みで行われているか、ご存知ですか。

光脱毛もレーザー脱毛も、専用の機械で皮膚に直接光やレーザーを照射します。これらは、メラニン色素にしか反応しないもので、ムダ毛や毛根などの黒い部分に当たることで熱エネルギーとなり、それが毛にダメージを与えて脱毛を促す方法です。

光脱毛は、別名でフラッシュ脱毛と呼ばれ、主にエステサロンで多く使われています。

出力はそれほど高くないので、敏感肌など皮膚の弱い人や子どもでも施術を受けることができるサロンもあり、肌に負担がかからないというのが特徴です。

一方、レーザーはクリニックで使用されており、エステサロンで使われる機械よりも出力が高いため、資格を持った人しかその使用が許されていません。限られた人しか施術をすることができないので専門性が高く、効果が高いのが特徴です。

脱毛 色素沈着

光やレーザーを照射するのは、約2カ月から3カ月に1回。これは、毛の生え変わりの周期である「毛周期」に合わせて行われているためです。毛には成長期、退行期、休止期とそれぞれに時期があり、照射した光やレーザーが反応するのが成長期の毛だけです。

つまり、全体の3分の1にしか照射することができないばかりか、一つ一つの毛穴から生えている毛の毛周期が違うため、継続して照射を続けることが必要です。

エステサロンでの光脱毛とクリニックのレーザー脱毛の最も大きな違いは、毛乳頭を破壊するかどうかという点にあります。毛乳頭は、毛細血管で皮膚とつながっていて、周辺の毛母細胞の働きによって毛を成長させる働きがありますが、レーザーはこれを破壊してしまうので、より永久性があり、高い効果を望むことができます

 

注意したい色素沈着は?

色素沈着をしてしまうと、とても悩みますよね。脱毛で色素沈着をしてしまう原因が、照射した光やレーザーがムダ毛と反応して熱エネルギーとなり、そのせいでやけどや皮膚の赤みが出てしまうことによって、皮膚が受けたダメージが色素沈着となってその部分にとどまってしまうのです。

人の皮膚は、ダメージを受けるとメラニン色素でそれを守ろうとする働きがあります。

代表的なのが、日焼けです。

紫外線を浴びるとメラニン色素が生成され、日焼けとして肌が黒く変色しますが、これは、皮膚がんなどの原因となる紫外線から皮膚を守ろうとする働きからなることで、体にとっては自然な反応です。

また、カミソリや怪我による傷跡など、皮膚が刺激を受けても同じようにメラニン色素が生成されます。

通常だと、肌の生まれ変わりであるターンオーバーによってメラニン色素は排出され、新たな皮膚へと入れ替わりますが、何度も同じ刺激が繰り返されると、ターンオーバーが正常に機能しなくなり、黒ずんだままの状態が続きます。

また、肌の内部が壊され、毛細血管から出血した際、ヘモグロビンが皮膚の中に残って黒ずんで見える場合があります。これは、やけどなどで傷が化膿してしまうなど、大きなトラブルとなってしまった場合に起こりやすく、少し紫色がかっているのが特徴です。

どちらの場合も、肌が健やかであれば起こりにくいので、脱毛の後は冷却や保湿を徹底して、しっかりとアフターケアをすることが大切です。

 

自己処理で色素沈着を起こさないために!

カミソリや毛抜きなどは、思っている以上に肌への負担となってしまうもの。

どれだけ「肌に優しい」などと書いてあるカミソリでも、肌をこするという行為自体が刺激となってしまうので、できれば肌には直接触れずにムダ毛を処理するのが理想です。

刺激を受けた肌は、それから皮膚を守ろうとメラニン色素を生成します。だから、黒ずみとなってしまうわけですね。脱毛をしてせっかくきれいなお肌を手に入れようとしているのに、色素沈着によって肌が黒ずんでいてはもったいないですよね。

ですから、脱毛はできればプロの手にお任せするのが賢い方法。肌に刺激を与えずに脱毛をするのであれば、クリニックでの脱毛がおすすめです。

レーザーを肌に照射するだけで、肌をこすることもなく、皮膚の表面を傷つけることもなく、きれいな肌にすることができます。

ムダ毛のない肌を目指して、ぜひクリニックの扉をたたいてみてはいかがでしょうか。