Oラインに最適な脱毛は?自己処理の注意点と医療脱毛のすすめ

Oラインに最適なのは、クリニック脱毛とエステ脱毛のどちらなのでしょうか。

ふたつにはそれぞれ特徴がありますので、違いを比較しながら説明していきます。

またどちらがデリケートゾーンにふさわしいのかについてもご紹介しつつ、最適なOライン脱毛を実現しましょう。

 

Oラインの脱毛方法は?

Oライン 脱毛方法

Oラインの脱毛方法には大きく分けてクリニックとエステの2つがあります。 どちらも毛の黒色(メラニン色素)に反応する光を当てて行うので一見似ているように感じますが、違いもあるのでチェックしましょう。

クリニック

クリニックでのOラインの脱毛方法は、基本的にレーザー脱毛になります。レーザーを当てて脱毛していくのですが、レーザー脱毛器にもさまざまな種類があるでしょう。

現在では冷却装置がついていて冷やしながら施術できるものや、皮膚を吸引し痛みを軽減しながら施術できるものもあります。 痛みは輪ゴムを弾いたくらいに感じられるという方が多いですが、レーザー脱毛器の種類や個人差によって感じられる痛みはまちまちでしょう。あまりにも痛みを感じてしまう場合は麻酔クリームを使って施術するクリニックもあります。

また一部のクリニックでは絶縁針脱毛を行っているところも。毛根ひとつひとつに針を刺して1秒ほど電流を流し、毛根にダメージを与えて脱毛していきます。どの脱毛方法よりも痛みが強く、ましてやOライン脱毛では特に激痛を伴うので不向きと言えます。

エステ

エステでのOライン脱毛はフラッシュ脱毛です。ジェルを塗ってから脱毛器のフラッシュを当てて行う方法と、保冷剤で冷却しながら脱毛器をかけるのが一般的でしょう。

痛みにはやはり個人差があり、輪ゴムを弾かれたくらいという方から、チクッとした痛んだという方まで様々です。

医療脱毛とエステ脱毛、ベストなのは?

では医療脱毛とエステ脱毛でどちらがOラインの脱毛に向いているのかと言うと、結論は医療脱毛になります。

医師が付き添って行うから安心

Oライン 脱毛方法

Oラインは粘膜付近で非常にデリケートなパーツです。色素沈着や乾燥しやすいパーツであることから万が一の事態に備えるとすると、エステ脱毛よりも医師が付き添っての医療脱毛のほうが安心でしょう。

エステの場合医療従事者による脱毛ではないので、万が一のトラブル処置もその場でできません。脱毛器の出力が弱いから安心とも考えられますが、フラッシュ脱毛器のフラッシュのエネルギーも強いのでトラブルを起こさないという保証もないのです。よって医療脱毛のほうが安心して受けられると言えるでしょう。

ムダ毛が濃いから医療脱毛がベスト

全身の中でも特にムダ毛の濃いゾーンのひとつにOラインがあります。太いムダ毛を確実に脱毛するのなら、やはり医療脱毛がぴったりだと言えるでしょう。特にレーザー脱毛器は太いムダ毛に効果を発揮するので、Oライン脱毛にはぴったりです。

エステのフラッシュ脱毛の場合、太いムダ毛には多くの脱毛回数が必要になってくるので、Oライン脱毛を完了するには不向きだと言えるでしょう。レーザー脱毛なら5・6回で完了するのに対し、エステでは10回から20回と倍以上の時間や期間が必要になってきます。

Oライン脱毛の回数 Oライン脱毛の期間
フラッシュ脱毛 10回から20回 30ヶ月から60ヶ月
レーザー脱毛 5・6回 1年から1年半

あまりにも痛みに耐えられなかったり、金銭的にレーザー脱毛を受けられなかったりする場合には、フラッシュ脱毛を利用する方法もあります。

しかし効果が出にくいことや万が一のトラブルを考えると、医療従事者が付き添っての医療脱毛のほうがOライン脱毛には向いていると言えるでしょう。スピーディに効果的な仕上がりも期待できますよ!

クリニックやエステで脱毛する前の自己処理方法

クリニックやエステでの施術前にはあらかじめ自己処理を行います。Oラインは自分で確認できないパーツなので慎重に行わなければなりません。多くの方は下に鏡を置き、その上にまたがるようにして確認しながら行う方もいるようです。

まずはOラインのムダ毛をハサミで短くカットしてからシェーバーを使って処理すると安全です。また専用のヒートカッターを使って行うと、安全・便利に処理できますよ。カミソリを使うとデリケートゾーンを切ってしまうおそれがあるので注意しましょう。

Oライン 脱毛方法

またデリケートゾーンに傷ができてしまうと脱毛を断られてしまう可能性もあるので注意しましょう。

もしOラインの自己処理をやりにくいと感じたり、面倒だったりする場合はクリニックやエステに任せてしまうのもひとつの方法です。有料サービスになってしまう場合もあり、自分でシェーバーを用意するように言われるお店も多いので確認しておきましょう。

Oライン脱毛を受けるときの注意点

まずOライン脱毛を受ける前に守らなければならない注意点があります。通い始める前と通い始めてから、それぞれに守ってほしいことなのでまずはチェックしましょう。

ムダ毛を抜かないようにする 通い始める前にまず守ってほしいのは、Oラインのムダ毛を自己処理で抜くのはやめましょう脱毛器はムダ毛の黒い毛根部分に反応するので、抜いてしまうと脱毛できなくなってしまいます。

もし過去に抜く処理を繰り返してきたのなら、一度生え揃えてから受けるようにしたほうが短期間で済みますよ。 保湿ケアが大切 脱毛期間中は念入りに保湿ケアをしておきましょう。保湿されていないとうまく脱毛できなかったり肌トラブルの原因になったりするので注意が必要ですよ。

特に脱毛前1週間くらいから念入りに行うと効果的だと言われています。特に前日はかかさず行いましょう。

自己処理をして清潔にする 前日はアンダーヘアをしっかり剃っておきましょう。脱毛のときにスムーズに施術へ進むためにかかせません。またしっかりと入浴して清潔にしておくのも大切です。

脱毛施術のダメージを受ける肌だからこそ前もってキレイにしておき、雑菌から毛穴を守りましょう。

Oラインのアフターケア方法

Oライン脱毛後にすべきケアがあるのでしっかり守りましょう。効果的そして安全にケアするためにかかせないので必ずチェックしてくださいね。

脱毛後にも保湿しよう

Oライン 脱毛方法

脱毛後のOラインは肌ダメージを受けて乾燥してしまいがち。すると脱毛効果が出ないだけでなく肌トラブルの原因にもなってしまうので、脱毛前だけでなくアフターケアとしてしっかり行いましょう。

マメなケアが脱毛効果に関わってくるので、毎日継続して行うことが大切ですよ。 脱毛後は冷やすように

脱毛後はしっかり冷やしましょう。サロンやクリニックでケアしてくれますが、自宅に戻ってからもほてりが続くようなら冷たいタオル等でしっかり冷やすとおさまります。放置するとやけどになってしまう場合もあるので、しっかりケアしてください。 万が一痛みを感じたらすぐに受診しましょう。そのようなときに医療脱毛は魅力的ですよ。

やさしくケアしよう

トイレ後のOラインはやさしく拭くようにしましょう。脱毛後にゴシゴシしてしまうとよけい肌ダメージを受けやすくなってしまいます。できればウォシュレットを使ってやさしくふき取る程度にするほうが肌のためにもいいですよ。美しいおしりを守りましょう。

また肌ダメージになってしまうことは色素沈着の原因にもなってしまいます。色素沈着があるとレーザーの光によってやけどを引き起こしてしまうおそれがあるので注意したいところ。

よって刺激になる下着なども避けたほうが、安全にOライン脱毛を進めるためにはかかせませんね。

Oラインに最適な脱毛はエステよりも医療脱毛です。高い脱毛効果や安心度はエステと比較すると一目瞭然でしょう。

ダラダラとサロンに通い続けているとウンザリしてしまうので、スピーディに完了する医療脱毛はとても魅力的なのです。そのような理由でも今、もっとも人気のある脱毛方法なのですよ。とてもおすすめです。