メンズ脱毛はクリニックでしたほうがいい?メリット・デメリット

脱毛を考えたときに迷ってしまうのがエステサロンでするか、クリニックでするか…ということ。

「料金はサロンの方が安いけど、クリニックの方が脱毛効果が高いって聞くし…」とどちらがいいかで悩んでしまいますよね。

それぞれにメリット・デメリットはあるものの、トータルで考えるとクリニックの方のメリットが大きいと言えるかも知れません。

今回は、クリニックで行なう脱毛のメリットについて詳しくご紹介します。

メンズ脱毛をクリニックで行なうメリットとは?

脱毛にはエステサロンで行なう光(フラッシュ)脱毛と、クリニックで行なうレーザー脱毛、そしてニードル脱毛があります。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、クリニックで脱毛を行なうメリットは次の通りです。

医師や看護師に施術してもらえる

クリニックで脱毛する大きなメリットとして挙げられるのが、医療資格者による施術

「たかが脱毛」と思う人もいるかも知れませんが、「されど脱毛」でもあります。

脱毛することは大なり小なり、体にダメージを与えていることには間違いありません。

「今日は肌の調子があまり良くないけど、施術しても大丈夫かな…」という不安がある時でも、医師が常駐しているクリニックであれば適切な判断をしてもらえます。

これは医療機関で行なう脱毛だからこその、大きなメリットと言えるでしょう。

肌トラブルがあった時でも安心できる

脱毛による肌トラブルは決して珍しいことではありません。

レーザー脱毛では施術後に軽い火傷のような状態になったり、毛嚢炎肌荒れなどを起こしたりします。

肌の弱い人はもちろんですが、顔やVIOなどの肌がデリケートな部位の脱毛では、何らかの炎症が起きやすくなります。

そんな時でも施術をしたのがクリニックであれば、医療機関ということで迅速・適切な処置が行なわれるという安心感があります。

エステサロンでの脱毛で肌トラブルが起きた場合は、改めて医療機関を受診しなければなりません。その治療費をサロン側が保証してくれるかどうかは、ケースバイケースとなっています。

肌トラブルが悪化すると、次の脱毛を延期しなければならなくなり、スムーズに進めることができなくなります。

肌トラブルの対応の良し悪しは、効率良い脱毛を行なう上で非常に重要なポイントとなっているのです。

脱毛の期間が短い

クリニックで行なうレーザー脱毛は、エステサロンで行なう光(フラッシュ)脱毛よりも照射力が強いため、脱毛効果が実感できるのも早い傾向にあります。

施術する部位や毛の量、毛の質や肌質などの個人差もありますが、同じくらいの脱毛効果を得るためには、光脱毛はレーザー脱毛の1.5~2倍程度の回数や時間が必要と言われています。

同じ脱毛回数で金額を比較するとエステサロンでの脱毛の方が安くなっていますが、その期間が1.5~2倍になると考えると、クリニックでの脱毛と変わらない程度の金額になることもあります。金額を比較する際は、時間・回数・脱毛効果をトータルで考えることが大切です。

麻酔が使える

「痛みに弱い」「脱毛の痛みが辛い」という人には、軽い麻酔を使って施術を行なうことができるのもクリニックならではのメリットです。

麻酔は医療行為に当たるため、医療機関以外では使用できません

脱毛時に用いる麻酔は「笑気麻酔」か「麻酔クリーム」が一般的です。

麻酔を使う場合は別料金になることが多いので、金額については事前に確認しておくといいでしょう。

勧誘なし!

「エステサロンで脱毛するとオリジナル商品の購入や、ほかの施術への勧誘がしつこい」という話を良く耳にします。

せっかく脱毛したいと思っても、この勧誘が嫌で行きたくなくなったという人も少なくありません。

その点、クリニックではこのような勧誘は一切ありません。

「はっきり断るのが苦手な人」「勧誘に弱い人」でも安心して通うことができます。

デメリットはあるの?

脱毛料金が高い!?

クリニックで行なう脱毛のデメリットとして取り上げられることが多いのが「脱毛料金の高さ」です。

エステサロンの料金と比べると「1回の料金」や「セット料金」は、非常に高く感じられてしまいます。

しかし前述したように、大切なのは回数と金額だけで比較するのではなく、脱毛効果も視野に入れること。

レーザー脱毛5回の効果は、光脱毛では10回かかってしまうことも珍しくありません。

あくまでもトータルで考えないと、損をする可能性もあるので注意が必要です。

施術中の痛み

クリニックで行なわれるレーザー脱毛の施術時の痛みで、良く挙げられるのが「輪ゴムで弾かれるような痛み」という表現。

痛みの感じ方には個人差がありますが、顔やVIOなどの敏感な部分ではほかの部位より痛みを強く感じる傾向にあります。

エステサロンの光脱毛より照射力が強いので、痛みも強めに感じることがあると言われています。

痛みに弱い、痛みに我慢できないという場合は、クリニックなどの医療機関であれば麻酔を用いることも可能です。

我慢せずに、積極的に相談してみることをオススメします。

クリニックでのメンズ脱毛の種類

クリニックでの脱毛方法にはレーザー脱毛やニードル(針)脱毛があります。

レーザー脱毛とは…

もともとは色素沈着、シミ、ほくろの除去などに用いられていたレーザー治療。これが脱毛にも効果があるということが分かり使われるようになりました。

黒い色素を感知する特殊な光を使って、発毛のもととなる毛母細胞を破壊する脱毛法です。

医療機関のみでしか行なえない医療行為のひとつで、エステサロンなどでは用いることができません。

レーザー脱毛と光脱毛の大きな違いは、

  • レーザー脱毛→単一の波長による集中的な照射
  • 光脱毛→複数の波長による広範囲の照射

単一の波長で施術するレーザー脱毛は、エステサロンの光脱毛より照射力が強く、短期間で脱毛効果を実感できるというメリットがあります。

ニードル(針)脱毛とは…

絶縁処理された特殊な針を毛穴に刺し、弱い電気を通して脱毛する方法です。

毛穴のひとつひとつに針を刺していくという丁寧な作業になるため、時間と手間がかかるだけでなく、脱毛料金も高くなります。

レーザー脱毛がメジャーになる以前は、「永久脱毛」と言えばこのニードル脱毛だったということもあり、非常に脱毛効果が高いとされています。

施術者側にも一定の技術力が必要になるため、どこのクリニックでも行なえる訳ではありません。

施術者の技術力によって、脱毛の痛みや進み方にも違いが出てくると言われています。

光脱毛やレーザー脱毛が苦手としている白髪や色の薄い毛の脱毛、また細かい部分の施術も可能な脱毛法です。

クリニックでメンズ脱毛を行なう時の注意事項

女性の脱毛と料金が違う

女性の脱毛の方がメインになりがちなため、メンズ脱毛の料金がHPなどで見付けにくい場合があります。

しかし基本的に女性の脱毛料金と男性の脱毛料金は異なります

一般的には男性の方が毛が太く濃いケースが多いので、女性の脱毛よりは時間や回数が増えてしまう傾向にあります。

女性の脱毛料金ではなく、男性の脱毛料金を確認することが大切です。

毛抜きでの自己処理はNG

脱毛前や脱毛を始めてからは毛抜きでムダ毛を処理するのはNG

レーザー脱毛は特殊な光が黒い色素を感知して照射、その熱により毛母細胞を破壊して脱毛する仕組みです。毛抜きで毛を抜いてしまうと、毛穴の黒い色素を感知できなくなってしまうため、その毛穴の施術が進まなくなってしまいます。

肌表面に出ている毛を剃ることは構いませんが、毛を抜いてしまわないように気を付けましょう。

脱毛前後の日焼けに注意!

脱毛前に日焼けしてしまうと、肌の色が濃くなってしまうため、脱毛ができなくなってしまう場合があります。

日焼けした肌は毛の色との識別が難しく、レーザーがうまく感知しない可能性があるからです。

また脱毛後は肌が無防備な状態になっているため、紫外線を浴びるのは肌トラブルの原因になります。

そうでなくてもレーザーの照射により、軽い火傷状態を起こしている場合もあるので、施術直後は体を温めたり(入浴、運動、飲酒等)、強い刺激を与えたりすることがないように気を付けましょう

クリニックだけど保険は適用されません

医療機関ということで、「健康保険は使えるの?」と思う人もいるようですが、脱毛は美容目的であるため健康保険は適用されません

医療機関であっても、脱毛は全額自己負担になるということを忘れないようにしましょう。

まとめ

  • 肌の調子があまり良くない時など不安があっても医師が常駐しているクリニックであれば適切な判断をしてもらえる。
  • エステサロンと比べると料金が高額に感じられるが、脱毛効果も視野に入れ、トータルで考えないと、損をする可能性もある。
  • クリニックでの脱毛は、レーザー脱毛とニードル脱毛。
  • 保険は適応されず全額自己負担。