脱毛方法のいいとこどりができる!セルフ脱毛サロンを利用しよう!!

男性、女性に限らずこれまで脱毛をする場合の選択肢は2通りしかありませんでした。

脱毛サロンやクリニックでその道のプロに脱毛してもらう。 自宅で除毛剤や毛抜き、家庭用脱毛器などを使って自分で脱毛をする。

しかし、最近ではこの2つの方法の中間に位置するような「セルフ脱毛サロン」が増えてきているのです

セルフ脱毛サロンとは?

セルフ脱毛サロン

セルフ脱毛サロンは簡単にいうと、エステサロン内で自分で脱毛をするお店です。

これまで脱毛というと最初に書いた2つの方法が主流でどちらの方法にもメリット、デメリットがありました。 脱毛サロンやクリニックを利用する場合は、業務用の機械とプロによる脱毛でしっかりと効果を感じることができます。

ただし、わざわざ脱毛のたびにお店に足を運ばばければいけない、費用が高い、スタッフに体を見られてしまう、といったようなデメリットがあります。

自宅で脱毛をする場合は、他人の目を気にすることなく自分のペースで脱毛ができ、脱毛の方法にもよりますが費用をかなり安く抑えることができます。

安く済ませることができる分、脱毛サロンやクリニックを利用するのと比べるとどうしても効果が出づらかったり、納得のいく結果を得るのが難しいというデメリットがあります。

そのため、ほどんどの人がどちらの方法を試しても 「効果が出たのは嬉しいけどもう少し費用が安くすまないかな…。」 「安い除毛剤じゃこのくらいの効果が限界か…。」 となにかしらの不満を抱えてしまいます。

そんな不満を解消できる可能性があるのが、セルフ脱毛サロンなのです。

もちろんセルフ脱毛サロンにはデメリットもありますが、イメージとしては脱毛サロンやクリニックでの脱毛と自宅での脱毛のいいとこどりをしたようなものなのです。

セルフ脱毛サロンのメリット

セルフ脱毛サロンが、2つの脱毛方法のいいとこどりをしたような脱毛方法といえる理由をメリットとあわせて紹介していきましょう。

メリット1…業務用の脱毛機器を使える

自分で脱毛をする場合でなるべく脱毛サロンやクリニックの仕上がりに近づけるためには、家庭用脱毛器を使う必要があります。

家庭用脱毛器を使っても、サロンで行う脱毛と同じように光を照射して脱毛をすることができます。

しかしどうしてもサロンにある業務用の脱毛機器と家庭用脱毛機器では光の出力に差があり、その分効果にも違いが出てしまうのです。

そんな効果の高い業務用の脱毛機器を使えるのはセルフ脱毛サロンの魅力です。

ただし、業務用の脱毛機器といっても素人が使用しても安全なように出力はある程度抑えられているため、完全に脱毛サロンと同じような効果を得られるわけではありません。

メリット2…一回あたりの費用が安い

ただ業務用の脱毛機器を使えるだけなら、普通の脱毛サロンとなんの違いもありません。

セルフ脱毛サロンは普通の脱毛サロンと比べると1回あたりの脱毛費用が安くすむのです。

なぜなら普通の脱毛サロンではプロのスタッフに施術をしてもらっていましたが、セルフ脱毛サロンでは自分で脱毛をするためスタッフに頼る必要はなく、その分費用も安くすむのです。

メリット3…他人に体をみられずに、好きなペースで脱毛ができる

脱毛サロンに行く場合、必ずスタッフに体を見られることになります。

脱毛部位が腕や足ならいいですが、お腹やデリケートゾーンとなってくるとさすがに他人に見られるのは抵抗があります。

男性の場合は「ぶよぶよなお腹は見せられないから、筋トレをしてから脱毛しに行こうかな?」なんて考えることも…。

身体を鍛えることはいいことですが、これではなかなか脱毛をすることができません。

セルフ脱毛サロンでは、その名の通り自分で脱毛をするのでスタッフに体を見られることなく、自分の好きなペースで業務用の脱毛器を使うことができるのです。

セルフ脱毛サロンのデメリット

もちろんセルフ脱毛サロンにもデメリットはあるので、しっかりとそちらも確認しておきましょう。

デメリット1…脱毛サロンよりは効果が劣ってしまう

メリットの欄にも書きましたが業務用の脱毛機器は出力が高く脱毛効果も高いのですが、出力が高いということは肌への負担も大きくなるということです。

この出力が高い状態の脱毛機器はしっかりと研修を受けたスタッフだからこそ安全に使えるのであって、素人に使わせるわけにはいきません。

そのため、セルフ脱毛サロンでは使える器具は業務用の脱毛器でも、脱毛サロンでスタッフが使う場合と比べると出力が抑えられて素人でも安全に使えるように設定されています。

つまり、そういった意味では脱毛サロンでの脱毛よりも効果が劣ってしまうのです。

デメリット2…長い目で見ると費用が高くつくことも…

メリットで「費用が安い」という点をあげましたが、確かに一回あたりの費用は安いです。

長い期間通い続ければそれだけ費用はかさみますし、それなら出力の高い家庭用脱毛器を買った方がお得になるかもしれません。

やけどの危険もある

光を照射して脱毛をする場合、そこには必ずやけどの危険が伴います。

これは脱毛サロンでプロに脱毛してもらうときも、家庭用の脱毛器を使うときも変わりません。

ただ脱毛サロンを利用する場合脱毛機器を操るのはプロですし、家庭用の脱毛器は出力が抑えられているので、そこまでやけどをする可能性は高くありません。

しかしセルフ脱毛サロンを利用する場合は業務用の脱毛機器を素人が扱うことになるので、やけどなどの肌トラブルを起こしてしまう可能性が高くなります

効果的な脱毛を希望するならセルフ脱毛サロンではなくクリニックへ

セルフ脱毛サロン

ここまでセルフ脱毛サロンについて紹介してきましたが、まずなによりも脱毛の効果を得たいと考えるならやはりセルフではない脱毛サロンやクリニックの利用をおすすめします。

脱毛サロンやクリニックでは次のような施術を受けることができます。

ニードル脱毛

昔からある脱毛方法で、毛穴に針をさして電流を流して脱毛をしていきます。 一本一本毛を処理していくため、費用も高くなり脱毛期間もとても長くかかります。

痛みもかなり強いのですが、脱毛効果はとても高いです。

フラッシュ脱毛

セルフ脱毛サロンで使われる脱毛方法が、このフラッシュ脱毛になります。 黒いメラニン色素に反応する光を照射して脱毛をおこないます。

セルフ脱毛サロンと同じ方法と書きましたが、途中にも書いたようにセルフ脱毛サロンで素人が脱毛器を使う場合とプロが脱毛器を使う場合は光の出力に違いがあります。

そのためサロンやクリニックで行われるフラッシュ脱毛のほうが効果は高いです。 費用も他のふたつの方法と比べると安くすむことがほとんどです。

レーザー脱毛

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛の光がさらに強くなったもので、その分効果もフラッシュ脱毛より高くなります

ただし、この施術は医師がいるクリニックでしか受けることができないうえに痛みが強いというデメリットもあります。

3つの方法を比較すると…?

このように3つの方法がありますが、いずれの方法もセルフ脱毛サロンで脱毛するより効果は確かです。

この3つの方法の中では費用が最も安くすむのがフラッシュ脱毛、次にレーザー脱毛、ニードル脱毛の順に高くなります。

施術にかかる時間は光を照射するだけで脱毛ができるフラッシュ脱毛とレーザー脱毛は短時間ですみますが、ニードル脱毛はかなりの時間がかかるので覚悟する必要があります。

セルフ脱毛サロンを利用するならまずはお試しで!!

セルフ脱毛サロンは、今までの脱毛方法では考えられなかったメリットを併せ持っています。

最近増えてきているセルフ脱毛サロンでは、脱毛サロンやクリニックと自分で行なうムダ毛処理の完全な良いところどりとはさすがになりません。

しかし使いどころをうまく考えれば脱毛にかかる費用を安く押さえたり、気軽に脱毛をすることができます。

基本的には自分で脱毛を行なうのですが、サロンにはしっかりとスタッフが常駐しているので、機器の使い方や正しい脱毛方法などは教えてもらうことができるので、そういった点でも安心できます。 一方で、セルフ脱毛サロンにもデメリットがあるので、「セルフ脱毛サロンが一番ベストだよ!」とは言えないのが現状です。

例えば 「すでにサロンやクリニックで脱毛が完了した場所から、数本毛が生えてきた」 「この部分をピンポイントで脱毛したいけど、脱毛機器を買う方でもないしサロンやクリニックに行くのものなぁ…。」 といった状況なら、セルフ脱毛サロンを利用するのもありかもしれません。

また家庭用脱毛器の購入を検討しているけど、購入前に実際に自分で体験してみてから決めたい、といった場合もお試しのような感覚で利用するのもいいかもしれません。

残念ながらまだ全国的に普及しているわけではありませんが近くにセルフ脱毛お店があるなら、脱毛サロンやクリニック、自分で行う脱毛方法と上手に併用して利用してみてはいかがでしょうか。

自宅でケアする時の基本はこちら

サロンで脱毛!費用と注意

セルフ脱毛とクリニックでの脱毛の方法の詳細はこちら

まとめ

  • セルフ脱毛サロンとは、脱毛サロンの機器を使って自分で脱毛をするところ
  • セルフ脱毛サロンは、自宅での脱毛とクリニックでの脱毛のいいとこどりができる
  • クリニックの方がセルフ脱毛サロンより効果は高い