背中の産毛は正しくお手入れしなければ、増毛化・硬毛化のリスクがあります!

みなさんは背中のムダ毛の処理ってどうされていますか? カミソリや毛抜きでは自己処理が難しいですし、ワックスや除毛クリームで自己処理されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 自分では手が届きにくく自己処理が難しい背中のムダ毛をキレイにお手入れするための方法と自己処理の危険性についてご紹介したいと思います。

目次

  1. 肌と毛穴への負担について
  2. 家庭用脱毛器
  3. 医療脱毛

肌と毛穴への負担について

ムダ毛の自己処理をする場合、ほとんどの方がカミソリや毛抜きを使用されていると思います。 短時間で自宅で簡単に処理することができて便利なのですが、肌や毛穴への負担がとても大きいですよね。 とくに毛抜きで抜く場合の毛穴へのダメージはとても大きく、赤く腫れてしまったり、出血と伴う場合もあります。 背中の場合、手が届きにくく見えない部位なので、カミソリでは肌を切ってしまったりなど傷つけやすく、毛抜きでの自己処理は困難です。 肌への負担が少ないイメージのある除毛クリームも、肌が弱い方であれば肌トラブルが起きやすく、除毛後の肌の痒みや痛みに悩まされる方もいらっしゃるようです。

家庭用脱毛器

脱毛サロンやクリニックには通えないけど、家庭用脱毛器なら…という方もいらっしゃると思います。 自宅で好きな時間にお手入れすることができて便利ですよね。 中には医療脱毛と同じくらいの脱毛効果を得ることができるとして人気の脱毛器もあります。 しかし、どんなに効果の高い脱毛器でも、自分では手の届きにくい背中のムダ毛をキレイに処理することができるのでしょうか。

医療脱毛

自己処理が難しい背中のムダ毛のお手入れは、医師の適切な施術を受けることができ、安全に確実にキレイにすることができる医療脱毛が最も効果的なのではないでしょうか。 背中のムダ毛のほとんどは薄い薄毛だと思います。 薄い産毛にもしっかり効果を得ることができるレーザーもありますし、脱毛サロンで採用されている光脱毛よりも高い効果を得ることができます。 背中の産毛は増毛化・硬毛化のリスクが非常に高く、脱毛するためには高い技術も必要になります。 経験豊富な医師のもとで正しく脱毛するのがおすすめなんです。