もみあげ脱毛で顔色アップ効果が!脱毛方法教えちゃいます!

男性にとって、もみあげの形は身だしなみを整える上でとても重要な部分。

もみあげの形や濃さ次第で、髪型も顔色も全く違う人に見えるくらい、印象が変わります。

さて、では男性のみなさん、ご自分のもみあげを整えるときはどのような方法で行っていますか。

もみあげのおすすめ脱毛方法や自宅での自己処理方法、人気の形や薄さなどを紹介します。

もみあげ脱毛のカミソリ処理、自己処理のリスク!?

最も多い処理の方法として挙げられるのが、カミソリによるものです。

顔を洗ってヒゲを剃った時に、一緒に処理をすることができるので、忙しくてなかなか身だしなみを整える時間がないという人や、面倒臭がり人には便利な方法です。

ここでよく使われるのがカミソリですが、これは肌にかかる負担が大きいので、おすすめできません

もみあげ 脱毛

肌に直接刃を当てるので、専用のジェルやフォームをつけて肌をガードしていたとしても、皮膚の表面にある角質を少なからず削ってしまうため、赤みや傷の原因となってしまいます。

全身の皮膚の中でも、特に顔の皮膚はデリケート。 特に、ヒゲやもみあげは毎日処理が必要なので、トラブルを起こした部分を避けて処理をしようとしても、結局もう一度同じ部分を傷つけてしまうなどで治りが遅くなり、トラブルが長引きやすくなります。

そこで、もみあげを処理する時におすすめなのが、電気シェーバーやトリマーを使う方法です。 これらは、直接刃が肌に当たらないようにできており、肌へのダメージを最小限に抑えながらその処理をすることができます。

いつもケアする部分だからこそ、肌に気を遣ってあげたいですよね。

男性だってトラブルのない肌は理想であるはず。だからこそ、処理には肌への負担が少ないものを選んでくださいね。

もみあげ脱毛の自己処理方法

もみあげは、髪の毛の短い男性にとって、毎日人から見られていることを意識するとても重要な部分。 だからこそ、しっかりお手入れをして整えておきたいですよね。

最もポピュラーなのが、もみあげの処理をヒゲ剃りと共に行う方法です。 気になる部分に毛が生えてきたらそこをそり落とすことで、毎日きれいな形を保ち続けることができ、また、洗顔、ヒゲ剃り、もみあげの処理とセットで済ませることができるのが特徴です。

もみあげを剃る時に、ぜひ使ってほしいのが、電気シェーバーやトリマーです。

これらは、直接肌に刃が当たらないように作られているので、皮膚への負担が少なく、カミソリ負けなどで赤みや傷などのトラブルが起きることが少ないのがメリット。

また、ヘッドの小さいものだと、もみあげの形を細かく調整することができるので、形にこだわりのある人にはおすすめです。 中には、気になる部分を毛抜きなどで抜いてしまう人もいますが、もみあげは、その時によって流行のスタイルが変わります

その時はきれいになっても、流行が終わってしまえば、もう一度もみあげを生やそうとしてもうまく生えてこないことが多く、後悔しか残らないので、避けておいたほうがいいでしょう。

長く伸びて、癖などが出て髪の毛が渦巻いたような状態になってしまった場合には、ハサミで短くカットしましょう。長さを揃えるために、目の細かい櫛を使って毛先を揃えながらカットすると、初心者でもうまく整えることができます。

はじめは後ろから前に髪の毛を梳かし、もみあげの輪郭部分からはみ出したところをカットします。

次に、後ろから前に梳かし、同じくもみあげの輪郭からはみ出た部分をカットします。 これだけで、だいぶスッキリとして、見た目の印象が大きく変わるはずです。

もみあげ脱毛方法おすすめ【5選】!その効果と回数

男性にとって、もみあげは全身の中で最も目立つ部分のひとつ。 髭と同じように、毎日の事故処理できれいに形を整えている人はたくさんいますが、中には、毛深くて毛の量が多く、毎日のお手入れにたくさんの時間がかかってしまうと悩んでいる人が多いのも事実です。

そこで、お悩みの男性におすすめしたいのが、もみあげの脱毛です。 もみあげ脱毛は、現在多くのエステサロンやクリニックで行われていますが、この方法には、主に5つあります。

もみあげ 脱毛

フラッシュ脱毛

別名で光脱毛とも呼ばれていますが、皮膚にメラニン色素に反応する特殊な光を当て、その時発生するエネルギーで毛が抜けていくのを促す方法です。

このフラッシュ脱毛は主にエステサロンで行われており、皮膚への負担が少ないのが特徴です。

レーザー脱毛

主にクリニックで行われている方法ですが、エステサロンで使われるものよりも高出力の機械を使い、同じようにメラニン色素に反応するレーザーを照射していくことで、脱毛します。

医療関係者で、資格のある人しか使うことができないので、その効果の高さには定評があります。

ニードル脱毛

針脱毛とも呼ばれ、一つ一つの毛穴に針を刺していき、微量の電流を流して毛や毛を作り出す細胞に直接ダメージを与える方法です。

前述の方法の中でも最も痛みがある方法ですが、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛で目に見えて効果が表れるのが約半年ほどであるなら、ニードル脱毛はその場ですぐに効果がわかり、スピーディーなところがメリット。

ただし、一つ一つの毛穴に施術を行っていくため、時間がかかってしまうのと、いろいろな脱毛方法の中でも痛みが強いというのがデメリットです。

光脱毛

こちらは主に、サロンで行われている脱毛方法です。 クリニックで行われるレーザー脱毛よりは出力が弱い為、痛みが少ないです。

2~3か月に1回の施術が必要になります。約1~2年繰り返し、施術が完了します。

ワックス

脱毛専用ワックスを脱毛か所に塗り、専用のシートを密着させ、はがす事で毛を根元から取り去る脱毛方法です。

エステサロンでも行われますが、家庭用のワックスシートも販売れています。 毛根から取り去る処理なのでだいたい1か月程度脱毛効果があります。

>>>【脱毛方法】についてもっと詳しく知りたい方はこちら

もみあげ脱毛のおすすめの形と人気の薄さ

もみあげの形によって、顔の印象はずいぶん変わりますよね。顔が人それぞれであるように、似合うもみあげの形も千差万別。 まずは、おすすめの形と人気の薄さについてお話しましょう。

髪の毛がクセ毛で、もみあげももじゃもじゃとボリュームがあるような人は、すっきりと切ってしまった方が似合います。

髪型にも言えることですが、毛先が散らばっているとだらしなく見えてしまうもの。もみあげも同じで、うまくまとまっているとそれだけで見た目の清潔感がアップします。

逆に、もみあげが薄い人は、少し伸ばしてボリュームをプラスしましょう。 もみあげの量が少なすぎると、顔の印象も薄くなってしまいがちです。 最近では、印象がやわらかで中性的な男性も多くなっていますが、男らしくクールな雰囲気を印象付けたいのであれば、耳たぶの横辺りくらいまでは伸ばすことがおすすめ。

実は、最もポピュラーなもみあげの長さが、耳たぶの横辺りまでで、この長さはどんなヘアスタイルにも合い、万能です。形は、先端を少し細くするように整えるのがポイント。 トレンド感があるのは、少し短めのもみあげです。幅はナチュラルなまま、耳穴の横辺りに長さを整えていきますが、とてもさわやかな印象になります。

パーマやワックスをもみこむことで作るボリュームヘアには特に好相性で、トップのボリュームをもみあげで少し引き算した上級スタイルが完成します。

耳たぶよりも長めに残すもみあげは、ワイルドな印象になります。ベリーショートヘアに合わせると、男らしい雰囲気を演出することができますよ。 もみあげの太さには、あまり手を加えないのがいいでしょう。

毛が一番多く生えている部分を残し、無理に太さを変えることせず、長さを調整して整えていくと、どんな人も必ず自分の似合うもみあげが完成します。

もみあげを脱毛するなら医療脱毛がおすすめ

自分ではなかなかじっくり見ることのないもみあげですが、実は人からは最もよく見られている部分のひとつ。だからこそ、きれいに形を整えておきたいものです。

もみあげの自己処理は、毎日手軽にできるというメリットがある反面、カミソリ負けをしてしまうとか、左右同じ形に整えるのが難しいなどのデメリットがあるのも事実。

特に、ヒゲが濃く、もみあげにもボリュームがあるとか、うねりなどのクセがある人だと、毎日の自己処理は本当に大変ですよね。

そこで、この際、もみあげを医療脱毛をしてしまうのがおすすめです。 医療脱毛で行われているのは、レーザー脱毛やニードル脱毛が主ですが、これらはどちらも半永久的に効果が続くので、一度施術を行ってしまうと面倒な自己処理はほぼ必要なくなります。

また、初めて施術を受けるという人も、医師が常駐しており、丁寧にカウンセリングをしてくれるので安心です。

自己処理をして失敗してしまったとか、肌トラブルになってしまったなんて悩みは、抱えなくて済むようになりますよ。

もみあげでお悩みの方は、ぜひ一度クリニックでカウンセリングを受けてみるのがおすすめです。

>>>【医療脱毛】について詳しく知りたい方はこちら

もみあげのおすすめ医療脱毛【3選】

脱毛ラボ

一回単発脱毛プランがあり、1部位が1,980円からできるのが特徴。

部位 プラン名 料金
左右もみあげ 1回単発脱毛 1,980円(税抜き)

>>>【脱毛ラボ】公式サイトはこちら

銀座カラー

もみあげは、耳の横、髪の毛周りを照射します。 もみあげは自分で形を整えるのが難しい箇所なので、整える、全体的に薄くする、などカウンセリング時にご自身が希望する形や濃さについて、カウンセラーと相談し施術をしてくれます。

お顔周りのデリケートな場所ですので施術後の状態を見ながらアフターケアのご提案もしています。 顔や鼻下脱毛とセットで行う方も多いそうです。

部位 プラン名 料金
左右もみあげ デリケートチョイス 1ヶ所 8回 21,000円~

>>>【銀座カラー】公式サイトはこちら

まとめ

  • もみあげの処理にカミソリをつかうのはNG!肌に負担がかかるのでおすすめできません。 サロンやクリニックが苦手な方は電気シェーバーやトリマーを使ったお手入れをおすすめします。
  • もみあげの脱毛方法はたくさんあります。自分に合った脱毛方法を探し処理をしましょう。
  • もみあげの形次第で髪型や表情などの印象がガラッとかわります。 自分にあったもみあげの形を探し処理をしましょう。