女性に不人気な剛毛は放置厳禁!?すね毛を薄くする方法と脱毛

誰のせいでもないけれど、そのすね毛の量にあれこれ言われる男性達。

「すね毛が濃すぎるのは気持ち悪い!」 と嫌な顔をされる一方で、 「男のくせにツルツルの足って…ちょっと引いちゃうかも」 と、すね毛が濃くてもツルツルでも女性からは厳しい意見が出てきます。

今回は「ちょうどいいすね毛」について考えながら、すね毛を薄くする方法についてご紹介します。

女性にとってベターな「男性のすね毛」とは…?

男性のハーフパンツ姿は珍しくなくなってきましたが、足の露出が増えたことで、すね毛の濃さもはっきり分かるこのファッション。女性からは様々な声が聞こえてきます。

「電車の隣に座ったハーフパンツ男のすね毛が、自分の足に当たって気持ち悪かった」
「すね毛が濃いなら短パン履くな 短パン履くならすね毛剃れ」

まるで標語のような意見に笑いが込み上げてきます。

しかし女性の全てがすね毛を嫌っている訳ではありません。

むしろ、

「すね毛を剃るなんて男らしくない」

という意見も多いのが実情。

やはり考え方はそれぞれです。

「じゃあ、どうしたらいいの?」と思っちゃいますよね。

女性にとってベターな男性のすね毛は、

  • 濃すぎない
  • ツルツルはNG
  • 清潔感を感じる程度の量

というのが大事なポイント。

女性の中にも産毛が濃くて悩んでいる人が少なくないので、「自分より薄かったらイヤ」なんて意見もあります。

剛毛を放置し過ぎず、でも一生懸命な手入れは不要、基本はとにかく清潔感」 と覚えておくといいでしょう。

自分ですね毛を薄くする方法

すね毛を含むムダ毛の処理は、欧米では当たり前になりつつあると言われています。

女性に対してだけではなく、見た目のエチケットとして必要なことと考えられているようです。ここでは「すね毛を薄くする」には、どんな方法があるのかを見ていきましょう。

抑毛剤

抑毛剤には女性ホルモンと似たような働きをするイソフラボンが配合されている物が多く、毛の1本1本を細くしていく作用があります。本数自体は変わらなくても、毛が細くなれば、それだけすね毛も薄く見えるという効果に繋がります。

しかしその効果には個人差があり、中には全く効果が見られなかったという人もいます。

抑毛剤は使い続けることで効果が表れるので、即効性は期待出来ませんし、使用をやめると元に戻ってしまいます。

また敏感肌の人、アレルギー体質の人は、肌トラブルの可能性も視野に入れて「お試し商品」などから利用してみるといいでしょう。

家庭用脱毛器

以前に比べれば、その性能が非常に良くなっている家庭用脱毛器。

クリニックなどで行なうレーザー脱毛ほどの効果は見られないものの、エステサロンの光脱毛と変わらない効果が期待出来る商品も発売されています

家庭用脱毛器を使うメリットは、何と言っても自宅で都合の良い時間に脱毛が出来ること。

しかし脱毛は少なからず肌に負担がかかります。家庭用脱毛器の使用トラブルで一番多いのは「火傷」。また一時的な肌荒れを起こすケースも少なくありません。脱毛後には保湿することが非常に重要です。

注意事項や説明書などを良く読み、正しい使い方をするように心がけましょう。

石鹸

脱毛石鹸と呼ばれている商品が注目されていますが、実は「脱毛効果」はありません

これらの商品にあるのは「除毛効果」か「抑毛効果」。

「除毛効果」のある石鹸には、タンパク質を溶かす成分であるチオグリコール酸が配合されており、肌への負担は少なくありません。除毛クリームと同じような物と考えてもらってもいいでしょう。毛を抜くのではなく、毛を溶かすという方法です。

一方の「抑毛効果」のある石鹸には、女性ホルモンと似たような働きをするイソフラボンが配合されています。即効性は期待出来ませんが、続けて使用することで抑毛効果が期待できると言われています

但し、使用した全ての人に効果が見られる訳ではありません。

また、かゆみ肌荒れなどの症状が出てしまうケースもあるので注意が必要です。

これらの石鹸を使用する際は、その成分を確かめ、まずは目立たない部分でのパッチテストを行なってみることをオススメします

お試しキャンペーンなどで無料、もしくはキャンペーン価格などで手に入る場合は、そちらを利用して試してみるのもいいでしょう。

テープ

「一瞬で脱毛したい」という人には支持される可能性もある脱毛テープ。

しかしその効果はあまり期待できません。

産毛程度の柔らかい毛であれば抜けやすいかも知れませんが、太くて硬い毛にはあまり効果が見られないと言われています。

また「剥がす時や剥がした後の痛みがひどい」「肌が真っ赤になってしまった」「痛いわりには効果がない」という声も聞かれます。

肌荒れ炎症を起こすようなケースもあるので、敏感肌や肌が弱い人は使用しない方が良いでしょう。

詳しく知りたい!クリニックでのすね毛脱毛

確実な脱毛を望む人にはクリニックでのレーザー脱毛がオススメです。

レーザー脱毛はエステサロンなどで行なう光(フラッシュ)脱毛と違って、照射力が強く、高い脱毛効果が得られます

レーザー脱毛とは…

メラニンに反応するレーザーを照射して、毛を作り出す毛母細胞を破壊する脱毛のこと。

照射力が強いので、光脱毛より少ない回数で高い効果を得ることが出来ます。

脱毛と聞くと、その場ですぐ毛がなくなると思い込んでいる人も多いようですが、毛が抜け始めるのは施術後1~2週間程度経ってから

3週間経っても変化が表れない場合は、脱毛を行なったクリニックに問い合わせてみましょう。

医療機関で行なうメリット

レーザー脱毛は医療機関で行なうので、肌トラブルが発生した場合でも迅速・適切な処置をしてもらえます。これはエステサロンにはない大きなメリット。

医師が常駐していることは大きな安心感に繋がります。

レーザー脱毛は「輪ゴムで弾かれたような痛みがある」と良く言われます。

痛みの感じ方には個人差がありますし、施術する部位によっても痛み方が変わってきます。

クリニックの場合、痛みに弱い人には軽い麻酔を用いることも可能です。

これは事前に問い合わせて確認してみると良いでしょう。

レーザー脱毛の流れ

レーザー脱毛を行なうまでの流れは次の通りです。

電話でカウンセリングの日を予約します(殆どのクリニックが完全予約制です)。

カウンセリングを行ないます。

  • 脱毛のメリット、デメリット
  • 脱毛したい量(ツルツルか少し残すか等)や脱毛期間
  • 料金システムの内訳
  • 照射漏れがあった場合の対応
  • 肌トラブル時の対応
  • 施術前、施術後の注意点

分からないこと、不安なことは曖昧にしないようにしっかり聞いておきましょう

また「コース」を選択した場合、途中で脱毛をやめる時の返金はどうなるのかも、はっきりさせておくことが重要です。

テストショット(テスト脱毛) レーザーのテスト照射です。照射力レベルと痛みの感じ方、肌の状態の確認等を行ないます。

脱毛本番(体調や肌に異状がある場合は事前に伝えることが必要) 痛みや赤みなどの確認をしながら施術。 冷却装置が備わっている脱毛器もあるので、冷やしながらの照射も可能です。

アフターケア(施術後に行なわれます) 照射部の肌の確認、必要であれば冷却などの処置が行われます。 脱毛後の注意点の説明

  • 脱毛後の肌は無防備な状態。紫外線を浴びない、保湿をしっかり行なう、入浴や熱めのシャワーはNGなどといった注意点をしっかり守りましょう。

会計や次回の予約をして終了

脱毛の回数が知りたい

脱毛の回数は、

  • 照射部位
  • 毛の量
  • 肌の質
  • 脱毛する量

などによっても変わってきますし、個人差があることなので一概には言えませんが、男性のすね毛の脱毛の場合は平均で5~8回程度と思っておくといいでしょう。

その人その人の毛周期にもよりますが、だいたい1か月半~2ヶ月に1回の照射になります。ですから、早ければ1年かからずに脱毛が完了することも可能なのです。

まとめ

  • 女性からの高感度UPを期待するなら、『剛毛を放置し過ぎず、でも一生懸命な手入れは不要、基本はとにかく清潔感』がポイント。
  • 自宅で出来る方法については、必ず目立たない箇所でパッチテストを行う等して肌トラブルを予防しましょう。
  • レーザー脱毛の回数等も人によって異なりますので、カウンセリングで不安がなくなるまで質問することをおすすめします。