脱毛が原因で硬毛化!?起こりやすい部位と対処法

脱毛している部位に、それまでより太くて濃い毛が生えて来たり、毛が増えたりする現象を「硬毛化・多毛化」と言います。

せっかく脱毛しているのに、逆の現象が表れるため、ショックを受けてしまう人も少なくありません。

はっきりとした原因は解明されていないものの、いくつかの対処方法は考えられています。

ここでは硬毛化・多毛化の症状、表れやすい部位、起こってしまった時の対処法について詳しくご紹介します。

硬毛化・多毛化とは、どんな現象?

硬毛化とは…

光脱毛やレーザー脱毛の施術を行なった部位の毛が、施術前より太くなる現象を指します。

産毛などの色の薄い毛を脱毛した後に、その部位の毛が太く濃くなってしまったり、そもそも殆ど毛が生えてなかったような部位の毛が目立ち始めたりします。

多毛化とは…

光脱毛やレーザー脱毛の施術を行なった部位の毛が施術前より増える、もしくはそう感じることを言います。

そうは言っても毛穴の数は変わらないため、どんどん増え続けていくことはありません。

もともと目立たなかった産毛などの薄い毛が硬毛化したため、多毛化したと感じることもあるようです。

どうして硬毛化や多毛化が起こるの?

硬毛化・多毛化する現象の原因は、今の時点ではまだはっきりと解明されていません。

しかし一部の見解では、光脱毛やレーザー脱毛による熱が原因になっている可能性があると言われています。

光脱毛やレーザー脱毛は、特殊な光が黒い色素に反応して脱毛するという仕組みになっています。色が濃ければ濃いほど光を集めやすくなるため、しっかりとした太い毛には光が集まり、熱が伝わりやすくなります。

反対に産毛などの色が薄い毛に対しては光を集めにくく、熱がしっかり伝わらず、脱毛が上手くいかないというデメリットがあります。

中途半端な熱量が照射されると毛母細胞を破壊することが出来ず、逆に細胞を活性化させてしまう働きがあるのではないかと指摘されています。

こういったことが原因となって、硬毛化・多毛化が起こると言われているのです。

硬毛化・多毛化が起こりやすい部位とは?

硬毛化・多毛化が起こりやすいと言われているのは、前述したように産毛などの色の薄い毛が集まっている部位にあります。

一般的にこの現象が起こりやすい部位としては首回り・肩・二の腕・背中・脇腹・太ももなどが挙げられています。

硬毛化・多毛化は産毛などの毛が薄い部位に起こりやすいという特徴があるため、ひげ・ワキ・すね毛などの濃い毛が密集している部位では起こりにくいと言われています。

この硬毛化・多毛化が起きる確率は7%~10%と言われており、約10人に1人の割合で見られる可能性があります。決して「稀なこと」ではなく、自分にも起こり得ることと捉えておく必要があるでしょう。

硬毛化・多毛化が起こってしまった時の対処方法

実際に硬毛化・多毛化の現象が起きてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。

まずは現在施術を行なっているクリニックやエステサロンで相談してみましょう。

この現象を改善するには、次に挙げるようないくつかの方法があります。

照射力を強くする

硬毛化・多毛化の原因は解明されていないものの、前述したような理由が考えられるとするならば、中途半端な熱ではなく強い熱を照射することが効果的な方法と言えるでしょう。

但しこの方法では、また新しく硬毛化・多毛化のリスクを増やしてしまう可能性もあります。

そのリスクを視野に入れ、何度か照射して効果が得られないようであれば、ほかの方法に切り替えることが必要です。

照射力を弱くする

光脱毛やレーザー脱毛は黒い色素に反応して脱毛を行なう仕組みとなっています。黒いものであれば光を集めやすいため、照射力が弱くても脱毛を行なうことが可能なのです。硬毛化・多毛化は産毛や薄い色の毛、細い毛が太く濃くなっている現象。

光を集めやすい毛になっているため、弱い熱でも脱毛可能になるのです。

脱毛する機器を変える

硬毛化・多毛化する可能性のひとつとして、光脱毛やレーザー脱毛の「波長」があります。

これまで使用していた脱毛機器の波長が、その人にとっては硬毛化を招きやすいものであった可能性も考えられるのです。もちろんこれには個人差があるので、どの波長が硬毛化を促しやすいのかは、やってみないと分かりません。硬毛化・多毛化が見られた場合は、脱毛機器を変更して、別の波長で施術してみるのもひとつの方法と言えるでしょう。

ニードル(針)脱毛を行なう

硬毛化・多毛化が起きてしまった場合に最も有効な方法です。

光脱毛やレーザー脱毛は黒い色素に反応する脱毛法であるため、色の薄い毛や細い毛の施術は難しくなります。しかしニードル脱毛の場合は毛の色や細さは関係なく脱毛できるため、硬毛化・多毛化のリスクは極めて低いと言われています。

ニードル脱毛は毛穴のひとつひとつに針を刺し、電気を通して脱毛する方法です。

非常に手間がかかる作業であるため、時間と費用がかかる脱毛法ですが、脱毛効果は非常に高いと言われています。

脱毛を中断する

脱毛を一旦中断することで熱による刺激もなくなり、細胞が脱毛前の状態に戻るようにします。毛は一定の間隔で生え変わるように出来ているため、時間を置くことにより細い毛に戻る可能性があります。中断する期間の目安は半年~1年ほどと考えておくと良いでしょう。

硬毛化・多毛化では、こんなことにも注意を

「脱毛している期間に、全く別の部位の毛が増えたり太くなったりした」という話を良く耳にしますが、これは脱毛による硬毛化・多毛化とは関係ありません。

年齢や体調によりホルモンバランスにも変化が表れ、それが発毛にも影響を及ぼすことがあります。ホルモンバランスの変化が、脱毛期間とたまたまタイミングが一致したと考えてもらっていいでしょう。

硬毛化・多毛化が起きた場合、脱毛料金はどうなるのでしょうか。

前述したようにその症状がひどい場合は、脱毛を一旦中断せざるを得ない状況になることもあります。

そういった場合に脱毛料金は返金されるのか、保留状態になるのか…とても大事なことなので出来るだけ事前に聞いておくことが重要です。

カウンセリング時やテスト照射の段階では、硬毛化・多毛化が起きるかどうかは分かりませんが、自分にも起こり得る現象として捉えておくことが必要です。

脱毛で起こり得るリスクやデメリットを理解する

脱毛には硬毛化多毛化のほかにも、火傷肌荒れなどの肌トラブルのリスクがあることを忘れないようにしましょう。

最初のカウンセリングの時に「脱毛に関するメリット」だけではなく、こういった「リスクやデメリット」についてもきちんと説明してくれるかどうかが、脱毛する場所を決める上で重要なポイントとなります。

またそれらのトラブルに対して、どのような対応をしてくれるのかも確認しておきましょう。

脱毛してもらう側の私達も、脱毛に関する知識をある程度持っておくことは大切です。

ネットや雑誌などでも簡単に予備知識を取り入れることが可能なので、

  • 光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の違い
  • 脱毛の仕組み
  • 脱毛のメリット・デメリット
  • 起こり得る肌トラブルについて(硬毛化・多毛化や火傷、肌荒れが起きる仕組み等)
  • 脱毛料金に含まれるもの、含まれないもの

などをチェックしておくことをオススメします。

まとめ

  • 硬毛化とは施術を行なった部位の毛が施術前より太くなる現象、多毛化とは施術を行なった部位の毛が施術前より増える、もしくはそう感じること。
  • 硬毛化や多毛化は光脱毛やレーザー脱毛による熱が原因になっている可能性があると言われている。
  • 硬毛化・多毛化が起こってしまった時は、現在施術を行なっているクリニックやエステサロンで相談する。