脱毛前日までにやっておくべき事と脱毛当日NGな事

いざ脱毛を開始!と思っても、前日に何か準備しておくべきことやお手入れをしておくべきことがあるのはご存知でしょうか?

ちゃんと準備が出来ていなかったり、注意点を見逃してしまうと場合によっては施術が出来ない場合もあります。

脱毛前の皆様はご参考までにチェックしておきましょう。

前日の注意点

脱毛前日に準備をしておくことはあるのでしょうか?
当日にちゃんと脱毛が受けられるように確認しておきましょう。

ムダ毛の事前処理を行っておく

脱毛 当日

光脱毛やレーザー脱毛は毛根、細胞に光を照射して脱毛を行います。確実な照射ができるように不要な毛は前日に処理をしておくことが大切です。
しかし「抜く」のはNGです。脱毛には毛根が必要なので毛抜きでムダ毛を抜いてしまっては脱毛できません

事前処理でオススメなのが電気シェーバーです。肌への負担のなく、深剃りも防いでくれるので安心です。
適度に処理をして当日の施術に臨みましょう。
サロンによっては事前処理でシェービングを行ってくれるところもありますが、基本的には自分で処理を行っていくほうがよいです。
しかし念入りに処理をして傷を作ってしまって当日に施術を受けられない、となっては本末転倒です。
適度に傷をつけないように処理をしましょう。

アルコールはNG!飲酒は我慢しましょう

脱毛の前後半日(12時間)の飲酒は厳禁です。
お酒に含まれるアルコールは血行を良くしてしまい、赤み炎症などのお肌トラブルの引き金になってしまいます。
また敏感になっているので、熱を感じやすくなったり痛みも強く感じてしまうことも。
そして体の水分も奪われるので、お肌が乾燥してしまい脱毛がうまくいかない場合もあります。
前日のスケジュールも確認して、飲み会などは調整しましょう。

保湿を行っておく

脱毛の際にお肌が乾燥しているとうまく脱毛が出来ない場合があります。
前日までなら保湿クリームなどでお肌にうるおいを持たせておく準備をしておくと効果も高まります。
当日の保湿は光の過度な吸収をしないように控えることが無難でしょう。

日焼けは禁物!

日焼けは脱毛前も脱毛後も禁物です。
脱毛前に日焼けをしてしまうと、うまく脱毛ができません。
光脱毛やレーザー脱毛は毛や毛根の「黒さ」に光を反応させて照射します。
日焼けによりお肌が黒いと「毛の黒さ」と区別がつかずに脱毛処理が出来ないという問題が。
前日に限らず、日焼けは脱毛中には控えるべきでしょう。

また日焼けはお肌にダメージを受けている状態。それに脱毛での光を当ててしまうと、さらにお肌へ負担が掛かり深刻なお肌トラブルへ発展しかねません。

当日の注意点

脱毛 当日

大事な脱毛当日。無事に脱毛施術を受けるためにも注意すべきことがあります。
今後の脱毛にも影響してしまうので、しっかりと確認しておきましょう。

体調が優れない場合は延期をすること!

頭が痛い、風邪をひいたかもしれない・・など体調が万全でない状態で脱毛を受けると悪化したり、予期せぬ他の症状も引き起こしてしまう可能性があります。
無理をせずに当日キャンセルをしましょう。当日キャンセルに関してはサロンやクリニックによってキャンセル料金が発生する場合もありますので事前にチェックしておきましょう。

キャンセル料が発生するから・・といって無理をして施術を受けても、効果がうまく出なかった場合はそれこそ「ムダ」になってしまいます。

当日も飲酒はもちろん、薬の服用にも注意!

飲酒は前日の注意点でもご説明しましたが、脱毛後も12時間は控えましょう
またお薬も服用しての施術はできない場合がほとんどです。
頭痛薬などの市販の鎮静剤なども体調不良とみなされますし、副作用の可能性もありますので施術できません。

長く服用をしている場合はかかりつけの医者、脱毛場所のスタッフに必ず相談しましょう。
薬によっては光脱毛やレーザー脱毛の光に過敏反応をしてしまい、思わぬ副作用を引き起こす可能性があり危険です。

低用量ピルなど服用しているかたも事前に相談することが大切です。

激しい運動は控えましょう

脱毛施術直前に運動してくる方はあまり考えられませんが、慌てて走ってきた・・!なども注意が必要です。
激しい運動を行なえば、体は温まり体温の上昇や汗をかきます。
体温が高い状態での施術は痛みや熱を感じやすくなり、炎症などのお肌トラブルを引き起こす可能性を高めます。

もちろん脱毛直後も運動はよくありません
安静にしておくことが大事です。

サウナ、岩盤浴、ヨガなどの汗をかくものは禁物!

脱毛前にサウナや岩盤浴、温泉などもNGです。特に汗は雑菌なども含まれるので、毛嚢炎になってしまう可能性も。
サウナや岩盤浴は汗をかくのはもちろん、「熱」も与えてしまうので脱毛をするお肌には危険です。

生理がきてしまった!

施術当日に生理がきてしまったら、必ずサロンやクリニックに申告しましょう。脇や背中などの脱毛の場合は施術できる可能性もありますが、サロンやクリニックによります。
もちろんVIO脱毛の場合は脱毛できません

保湿クリーム、化粧水、制汗剤はつけていかない!

当日、施術をする部位にボディクリームや制汗剤などは使用しないようにしましょう。
脱毛に影響が出てしまう可能性があるからです。
お肌に何もついていない状態で行うのが基本です。虫よけスプレーや香水なども控えましょう。

メイクはOK?

顔脱毛でなければメイクはOKです。もしも顔脱毛の場合でメイクをしいていくとクレンジングなどで落とすことになりますので注意が必要です。

お手入れ終了後の注意点

脱毛 当日

さて無事に脱毛を受けたところで、お肌へのケアも大切です。
理想の脱毛肌を手に入れるためにも確認しておきましょう。

冷却ケアを忘れずに

脱毛後のお肌は熱を持った状態です。クールダウンしてお肌を労わりましょう。
氷や冷やしたタオル、冷却剤がオススメです。
脱毛部位に当ててクールダウンさせましょう。

脱毛後のお風呂は軽くシャワーで済ませる

お風呂好きにはちょっと酷ですが、熱を与えたりや血行をよくするお風呂は注意が必要です。
湯船には浸からず、シャワーにしましょう。温度にも気を付けてください。

紫外線に要注意!日焼けは避けて

先述した通り、日焼けは脱毛前も後も禁物なので、光を当てないようにしましょう。
UVクリーム日焼け止めを塗って対策しましょう。

お肌にうるおいを、保湿ケアは入念に

脱毛後は光の熱で乾燥しがちです。もともと乾燥肌の方はもちろんですが乾燥肌ではなかった方でも脱毛後に乾燥肌に変化してしまうこともあるので脱毛後の保湿ケアは必須です。
保湿化粧水クリーム乳液を塗ることをオススメします。

脱毛後の自己処理は要相談!

脱毛は徐々に毛が抜けていくものです。毛の周期によって施術して2~3週間後に毛が抜け始めます
しかし毛が抜けない場合もあります。照射漏れであったり、出力の低さが原因でうまく効果が出なかったりと考えられる原因は複数です。もしも脱毛後に毛が抜けない、などの場合はサロンやクリニックに相談しましょう。

次の施術まで自己処理で済ます場合は、毛抜きはダメです。
電気シェーバーを利用しましょう。

 

脱毛前も準備、脱毛後もしっかりとケアを行い美しいお肌を手に入れましょう

脱毛 当日

脱毛前日、当日、終了後の注意点をまとめてご紹介させていただきました。
気になっていたことは解決しましたか?

もしも「これっていいのかな?」「これは大丈夫?」と疑問がある場合は遠慮せずにサロンやクリニックで相談しましょう。施術スタッフとも信頼し合える関係を作るのもとても大事です。

しっかりと注意点を把握して、理想の脱毛肌を手に入れましょう。
​​​​​​​

 

まとめ

  • ムダ毛の事前処理は電気シェーバーで。肌を傷付けない程度に。
  • 飲酒・日焼けは絶対ダメ。
  • お肌に何もつけていない状態で施術するのが基本なので、化粧水・保湿クリーム、香水等はつけずに行く。