男性のムダ毛処理はすくのが最適?すくためのグッズ4選

女性はムダ毛をツルツルにしますが、男性はツルツルにすれば絶対に好印象を持たれるという訳ではないですよね。

そういった意味で、男性のムダ毛処理は好み次第だと言えます。

ツルツルにはしたくないけれど何もしないのも気になる、という方はすくのが最適かもしれません。

自分でできるムダ毛処理とは

ムダ毛処理は簡単なものなら、自己処理で行うことができます。

まずは、自己処理をするならどんな方法があるのかということを確認してみてください。

剃る

まずは手軽な剃るという方法です。

剃る時にはカミソリ電気シェーバーなどを使うことが一般的ですが、ツルツルにするなら良くても毛のボリュームを減らしたいというような場合には、この方法だと初心者には難しくなってしまいます。

剃る場合は失敗した場合は意外と広範囲になってしまいますし、深めに刃物を当てると傷ができてしまうなどのデメリットもあります。

抜く

自己処理として簡単な方法に、毛抜きを使ってムダ毛を抜くというものがあります。

抜くのは脱毛方法としてはとてもシンプルなのですが、それと同時に皮膚が引っ張られて痛みが強く出てしまったり、本数がありすぎて自己処理をするのに時間がかかってしまうのでやっている人はかなり少ないでしょう。

男性の場合は毛が太いので、その分引っ張られる皮膚も多くなり、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

毛を完全になくす時にも薄くしたい時にも、抜くという方法は選択しにくいかもしれません。

切る

ハサミなどでムダ毛を切って脱毛するのも比較的簡単です。

ただし、衛生面や使い勝手の良さを考えると何にでも使っているハサミを使うのはやめた方が良いでしょう。

切り方によっては毛が実際よりも濃く見えることにもなってしまうので、部位によってはハサミではなく違ったもので処理した方が良いかもしれません。

焼く

やっている人は少数派かもしれませんが、特にアンダーヘアの処理で線香などで焼いて自己処理する人もいます。

毛を焼くと毛先が丸くなるのでチクチクしないというメリットがありますが、線香での脱毛方法をきちんと知っている人でなければ火傷をしてしまう恐れがあります。

火はつけたばかりの状態では使えないので、待ちながら慎重に行うために比較的時間もかかります。

焼いて自己処理をする時には、線香以外のライターなどの道具を使うのは危険なので絶対にやめてください

ムダ毛をすくためのグッズ4選

自分でできる脱毛処理方法には意外とたくさんの方法がありますが、毛が濃すぎるのも気になり、全くないのにも違和感がある男性はムダ毛をすくためのグッズを利用して毛をすくのがベストであるかもしれません。

ムダ毛をすくための道具としておすすめの4つのグッズをご紹介します。

すきバサミ

ハサミには色々な種類があり、すきバサミもその中の一つです。

髪の毛専用のすきバサミが多くムダ毛専用のものとは違いますが、男性の毛は太いのですきバサミを使うことも可能です。

それでも、髪の毛を切ることを前提に作られたものだということを考えると、切れ味としてはあまり良くないと感じてしまうかもしれません。

髪の毛と違って向きが揃っていない毛も多いのでできるだけ失敗のないように注意して使っていく必要があります

レッグトリマー

レッグトリマーはすね毛などを剃る時に使いやすいグッズで、毛を完全になくしたくはないけれど薄くしたいという男性にとってはかなり使い勝手が良いものです。

ただし、一度でかなりの毛をすいてくれるという訳ではなく、何回も使って毛をすいていくので少しムダ毛処理に時間はかかってしまうかもしれません。

もじゃもじゃだったムダ毛も、レッグトリマーを使えば見た目がナチュラルで少なくなるといった効果があります。

バリカン

バリカンは自分でも使ったことがあるという方が多いグッズの一つです。

髪の毛に使うイメージも強いかもしれませんが、実はバリカンはすねやワキの毛を薄くしたい男性が使うのにも向いている道具の一つです。

バリカンはムダ毛をしっかりと短くしてくれて、すくことができます。

ムダ毛処理にも使いやすいので、自己処理をする時のために一つは持っていたい道具です。

ヒートカッター

自己処理の方法として線香で焼く方法があるということをご説明しましたが、ヒートカッターというムダ毛処理のグッズも焼いてムダ毛処理をするグッズとなっています。

焼くということから、ヒートカッターはアンダーヘアのムダ毛処理に向いている道具です。

アンダーヘアの肌トラブルをなくすためにも、アンダーヘアのムダ毛処理を行いたいと思ったら、ヒートカッターを使ってみてください。

ムダ毛処理には色々なグッズがありますが、それぞれ部位ごとに向き不向きがあります。

そのため、一つだけ持っていれば大丈夫だという訳ではなく、使いやすい部位にそれぞれを使っていくという形で、複数のグッズを揃えておくことが大切です。

例えば、すねやワキの毛をすく時にはバリカンを使ってアンダーヘアをすく時にはヒートカッターを使うなど、使い分け用にいくつかの道具があると便利ですよね。

部位ごとで不向きなグッズを使ってしまうと肌荒れなどのトラブルの元になってしまうので、持っていないからといってその部位に向いていないグッズを使うことはやめた方が良いでしょう。

しっかり脱毛するならクリニックへ

ここまで色々なムダ毛をすくためのグッズやムダ毛処理の方法をご紹介してきましたが、より高い効果を求めるならクリニックで脱毛をすることをおすすめします

クリニックではムダ毛を全てなくすための脱毛だけでなく、量を少なくすることもできます

クリニックで脱毛をすることは、自分では見えない部分まで処理することができる、施術を受ければ受けるほど毛が薄くなって生えなくなってくる、施術を行うのはプロなので安心など、たくさんのメリットがあります。

自己処理は定期的にやらなければいけないので手間だということもありますが、それも脱毛したい部位全部の時間をかけるとかなりの時間の無駄になってしまいます。

自己処理したムダ毛が薄いのは一時的なもので、せっかく薄くしたのにまた数週間すると濃い毛が生えてきます。

脱毛サロンでは永久脱毛をすることができるので、施術を受ければ受けるほどムダ毛が薄くなっていくのが見た目からもわかるようになってきます。

時間も1回1~2時間程度で済み、回数も1~2ヶ月に一度程度と頻繁に通わなくて良いのも嬉しいですよね。

また、自己処理ですく時には量の調節も上手くいかない方もいらっしゃると思いますが、クリニックなら自分の希望を伝えればそれに合わせた施術を行ってもらうこともできます。

もちろん、費用は自己処理と比較するとやや高くなってきますが、永久脱毛という視点で見れば、自己処理でのグッズは買い替えたりいくつかを揃えたりしなければいけないので、ある程度ムダ毛がなくなったら脱毛する必要がなくなるクリニックでの脱毛はそれほど高いとは言えないのではないでしょうか。

男性の場合はムダ毛が濃いですが、女性のように完全にツルツルの状態にしたいと思わなければそれほど期間をかけずに脱毛できるでしょう。

今まで自己処理をしていて肌トラブルが多くて脱毛は合わないと思っていた方や、忙しい時の脱毛の手間を減らしたいという方は是非一度クリニックでの脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • ムダ毛をすくための道具として特におすすめなのが、バリカンとヒートカッター。
  • 使いやすい部位にそれぞれを使っていくという形で、複数のグッズを揃えておくことが大切。
  • より高い効果を求めるならクリニックで脱毛をすることをおすすめします。