Original

乳首の脱毛に伴うリスクとは?

目次

  1. レーザーで乳首の脱毛をする
  2. ニードルで乳首の脱毛をする
  3. 乳首の脱毛に伴うリスク

レーザーで乳首の脱毛をする

乳首の毛の黒い色素に反応するレーザーを照射することで脱毛することができるレーザー脱毛は、毛を作り出している細胞そのものにダメージを与えることができ、乳首の毛を生えにくくすることができます。 メラニン(黒い色素)が濃ければ濃いほどレーザーの効果が高くなるのですが、乳首の乳頭や乳輪の色の濃い部分にも反応してしまうため、とても強い痛みが伴い、火傷な炎症などのトラブルが起きやすいというデメリットもあります。 医療脱毛であれば医師による適切な施術を受けることができますし、もし火傷や炎症などが起きてしまっても、その場で適切な治療を受けることができるため、とても安全で安心なのではないでしょうか。 あまりにも痛みた強い場合には、照射するレーザーの出力を低くするなどの対応をしてもらうことができますので申し出てください。

ニードルで乳首の脱毛をする

医療脱毛にはレーザー脱毛以外にニードル脱毛があります。 産毛などの色素の薄い毛にはレーザーの反応が薄いため、ニードル脱毛を選ぶ人もいます。 ニードル(針)を毛穴ひとつひとつに挿入し、電流を流すという脱毛方法なのですが、脱毛効果がとても高いことで人気です。 電流を流すため、レーザー脱毛よりもニードル脱毛の方が痛みが強いという意見も多くあり、とくにデリケートな乳首の脱毛を行う場合には、より痛みが強くなる可能性があります。 しかし、乳首の色素にも反応してしまうレーザー脱毛よりも痛みは少ない方だ、という意見もあるようです。

乳首の脱毛に伴うリスク

炎症性浮腫と毛嚢炎という副作用のリスクがあります。 炎症性浮腫とは、皮膚の炎症による赤みや痛みが伴うものです。 これは乳首に限った副作用ではなく、腕や足などにもレーザー脱毛後には起こりやすいものです。 とくに肌が弱い方や敏感肌の方に起こりやすく、事前に申し出ることによって対応してもらうことができます。 毛嚢炎とは、毛穴に雑菌が侵入してしまい、毛穴の周りが赤く腫れたり痛みを伴うことがあるものです。 レーザー脱毛後は毛穴のバリア機能が低下するため、雑菌の繁殖や侵入が起きやすくなるためです。 脱毛後の肌のケアを十分に行うことで防ぐことができます。



医療脱毛/メンズ脱毛の教科書 Bravo

医療脱毛/メンズ脱毛の教科書 Bravo

人気記事ランキング

タグ一覧

この内容で送信します。よろしいですか?