Original

産毛の脱毛には回数が必要?

目次

  1. 薄毛の脱毛について
  2. 産毛を処理するとどんな良いことがあるの?
  3. 産毛の脱毛方法
  4. 産毛の脱毛施術に必要な回数は?

薄毛の脱毛について

腕や足の濃い毛はもちろんなのですが、顔や背中やお尻のあまり目立つことはない薄毛も気になってしまいますよね。 とくに背中やお尻などの手が届きにくく自己処理が難しい部位の産毛はクリニックなどで脱毛の施術を受けるしかありません。 カミソリや毛抜きでは自己処理できないことから除毛クリームを使用しているという方の中には、除毛クリームによる肌トラブルに悩まれている方もいらっしゃるようです。

産毛を処理するとどんな良いことがあるの?

ほとんど目立つこともないけど産毛も処理したいと思っている方も多いと思いますが、産毛を気にしたことがない方からすると「何でわざわざ産毛を処理するの?」という意見もあるようです。 産毛を処理するとお肌が明るく見えるようになります。 お肌がくすんで見えるのも実は産毛が原因であることも多くあります。 お肌が明るくなると若々しさも蘇りますよね。 また、産毛を処理すると肌が光を反射しやすくなり、美肌効果を得ることができます。 さらには産毛がなくなることで毛穴が小さくなり、毛穴が目立たなくなるというメリットもあるんです。

産毛の脱毛方法

産毛の脱毛は医療脱毛でも難しいとされています。 脱毛で使用されるレーザーやフラッシュは毛の黒い色に反応することで効果を得ることができるものであるため、産毛のように色素の薄い毛には反応がとても弱いんです。 どのような毛を産毛と呼ぶのかは人それぞれにあると思いますが、肌の色よりも産毛の色の方が濃い場合にはレーザー脱毛やフラッシュ脱毛による施術が可能です。 肌の色よりも産毛の色の方が薄い場合にはレーザーやフラッシュでは施術ができない可能性もあり、ニードル脱毛をおすすめされる場合があります。 ニードル脱毛とは毛穴ひとつひとつに針を挿入し脱毛するため、どのような毛にも効果を得ることができるものです。

産毛の脱毛施術に必要な回数は?

腕や足などの濃いムダ毛を処理するよりも産毛の脱毛には回数が必要です。 どれくらいの回数が必要になるかはカウンセリングを受けてみなければわかりませんし、実際に施術を受けて効果を実感してみなければわかりませんが、だいたいの回数はカウンセリングの際に尋ねてみてください。



医療脱毛/メンズ脱毛の教科書 Bravo

医療脱毛/メンズ脱毛の教科書 Bravo

人気記事ランキング

タグ一覧

この内容で送信します。よろしいですか?