VIOのセルフ脱毛でおすすめの方法とは?安全なのは?

男性にしろ女性にしろ、デリケートな部分の脱毛は使用かしないか意外と悩むものですよね。

そもそもデリケートゾーンであるVIOには、腕毛や脛毛などの毛と同じように処理して良いのか分からないと言う方も多いと思います。

そこで今回はVIOでの脱毛に関する情報をお届けします。そもそもVIOってどこの事なのか分からないという初心者にもお勧めの記事になっていますよ。

VIOとは?

そもそもVIOって何科と言う話から進めていきますね。

VIOとはデリケートゾーンであるVライン(ビキニライン)、Iライン(ビキニラインの奥、足の付け根)、Oライン(肛門周囲)を指す言葉の頭文字を取った言葉です。つまりデリケートゾーン全体を指し示す言葉で、場所によってはVIOの事をハイジニーナと呼ぶ事があります。こちらは「hygiene」という英語が語源で、意味は衛生的という言葉です。デリケートゾーンは衛生面で注意が必要な部分だからこの名前が付けられたと言われています。

それでは細かく1つ1つの箇所について説明していきます。

Vライン

まずはVラインですね。ビキニラインとも言われる部分で、足の付け根を正面から見た時のV字の部分を指します。ちょうどビキニの布の部分がこの場所まで隠れるようになっています。デリケートゾーンの中では比較的処理がしやすい場所なので、Vラインは自分で処理している人も少なくないでしょう。
Vライン脱毛の注意点

Iライン

続いてIラインは性器の周囲に発毛している部分を指し、この部分は足を開かないと見えない所になっています。当然ながらこのIラインは自分で処理するのはかなり難しい位置になっています。基本的に気にする必要はありませんが、Tバックなどの下着を着用する人は気を付ける必要がある部分です。
Iライン脱毛のメリット・デメリット

Oライン

そして最後のOラインは肛門周囲、おしりを開かないと見えない部分の陰毛です。Iラインと同じくTバックを着用する人には必須の部分ですが、Iライン以上に手入れが難しい場所となっています。
メリットだらけ?!のOライン脱毛

vio 処理

このようにVIOとはデリケートゾーンの総称であり、どこもセルフ脱毛するには難しい部分となっています。なので脱毛する場合は非常に注意が必要になるわけですが、先にこれだけは絶対にやってほしくない脱毛方法を説明しておきます。

VIOに絶対NG!な脱毛方法

それは毛抜きで1本1本抜く方法です。これだけは絶対に避けるようにしましょう。

性器に近いVIOは感覚が敏感になっているため、1本毛を抜くだけでも他の場所とは比べ物にならないくらいの痛みを感じます。それを何10本も繰り返すのはほとんど不可能なので、絶対に止めるようにしましょう。最悪性器に何らかの悪影響を与える事もあり得ますので。

脱毛クリームを使う

それではここから具体的にVIOの脱毛方法をご紹介しつつ、どういった点に気を付けるべきかもご説明いたします。

まず最初は脱毛クリームを使った脱毛方法です。 注意してほしいのが良く脱毛クリームと除毛クリームって何が違うのという話が出ますが、そもそも脱毛クリームは存在しません。脱毛というのは毛根から毛を抜き去る事を指しますので、脱毛クリームというのはクリームを塗ったら毛が抜け落ちるという事になります。もちろんそんなクリームは存在しませんよね。正しくは除毛クリームであり、除毛とは毛を溶かす方法の事を指します。ここでも脱毛クリームと銘打っていますが、実際には除毛クリームの事なので注意してください。

さてそんな少しややこしい脱毛クリームですが、脱毛方法としては優秀な部類に入る脱毛方法です。というのも脱毛したい部分に専用のクリームを塗るだけですので、かなり簡単に処理できるからです。また肌から露出している部分に対してしっかりと効果を発揮してくれるため、仕上がりもツルツルの肌になっていて衝撃を受ける事でしょう。

腕毛や脛毛などの脱毛方法としても優秀な脱毛クリームですが、VIOにおいてもその効果をしっかりと発揮してくれるため、毛の処理が上手くいかないという事はかなり少ないです。

ドラッグストアで買える!男性用脱毛クリーム厳選10商品

脱毛クリームのデメリット

しかしそんな脱毛クリームにもデメリットは存在します。

まず1つ目は市販で購入する必要がある点です。別に買うだけなら対したデメリットではないと思うかもしれませんが、このクリームを使った脱毛方法は実は頻繁に行う必要があります。

というのも最初に説明したように脱毛ではなく除毛のため、毛根はしっかりと残ったままなのです。そのため1度処理をして綺麗な肌になったと思ってもそれは表面上の話なので、数日も経てばまた毛が生えてきてジョリジョリとした生えかけの毛の触感が確認できるはずです。なので定期的に購入するため値段がそこそこかかる点がデメリットの1つです。

2つ目はIラインやOラインにおいてはヒリヒリする可能性がある点です。Vラインであれば問題ないのですが、やはり粘液に近いIラインやOラインだとヒリヒリする可能性が高くなります。

そもそもクリームの良し悪しと肌の相性にも差がかなりあるため、物によってはVラインでもヒリヒリする可能性がる点にも注意しましょう。

基本的にクリームを使用する前には肌との相性をチェックするためのパッチテストがありますので、必ずテストをしてから使用するようにしましょう。

カミソリを使う

VIOの脱毛方法としてカミソリを使うというのは一応存在します。Vラインであれば自分の目で確認しながら処理をできるのでまだ問題ありませんが、IラインやOラインはまず見えない部分に刃を当てる事になるので、あまりお勧めはしません。

そもそもカミソリで毛を処理する場合は、肌へのダメージが付き物ですので、特に敏感なデリケートゾーンに使うのはナンセンスです。脱毛の即効性としては毛を剃っているわけですから確かにありますが、その反面目立たない部分で肌へ確実な悪影響を及ぼしているので、よっぽどの緊急性が無い限りはやらない方が良いです。メリットよりもデメリットの方が強いのがカミソリの弱点です。

さらに言えば、そのよっぽどの時の処理方法としてもカミソリよりもハサミの方が良かったりします。もちろんカミソリほど短く切る事は不可能ですが、逆に肌へのダメージはほぼ抑えた状態で毛を短くできます。もちろん処理には細心の注意が必要ですが、どうしても短くする必要がある、根元から処理する必要はない、という時にはハサミを使うのも一考です。

VIOに対してカミソリを使うというのは基本的にお勧めできませんので、どうしてもセルフで処理したい時には脱毛クリームを使う方法をお勧めします。

安全にVIO脱毛するならクリニックへ

セルフ脱毛 vio

さてここまでVIOにおける脱毛方法を2つご紹介しましたが、やはりセルフで脱毛するには難しい場所であるという事が分かってもらえたかと思います。しかしどうしてもVIO部分の脱毛をしたいと考えている人もいると思います。そんな方には専門の脱毛クリニックがお勧めです。

脱毛クリニックでもさすがにVIOの脱毛はやってないんじゃと思われるかもしれませんが、実はクリニックでVIOの処理をしている方はむしろ多い方です。とあるクリニックの男性の脱毛箇所人気ランキングでは髭に次いで2位にいるのがVIOです。胸毛よりも人気のある脱毛ポイントになっているのです。

そんなVIOをどのように脱毛しているかというと、主にレーザーを照射する方法で脱毛していきます。クリニックによっては単純に脱毛するだけでなく、毛の形を逆三角形やI形などに整えてくれるところもあります。ハート形にしてオシャレをする人も中にはいるようです。それくらいにはデリケートゾーンの脱毛というのは利用する方が多いので、ぜひこの機会にVIO脱毛をクリニックで検討してみてください。

アンダーヘア脱毛おすすめクリニック

まとめ

  • VIOとはデリケートゾーンであるVライン(ビキニライン)、Iライン(ビキニラインの奥、足の付け根)、Oライン(肛門周囲)を指す言葉の頭文字を取った言葉。
  • 脱毛クリームは脱毛したい部分に専用のクリームを塗るだけなのでかなり簡単に処理できるが、定期的に購入するため値段がそこそこかかる点がデメリット。
  • カミソリを使う場合、IラインやOラインはまず見えない部分に刃を当てる事になるのでおすすめはできない。
  • VIOは脱毛するには難しい場所であるため、安全に脱毛するならクリニックでの脱毛がおすすめ。