どっちをとる?医療脱毛の安全性とエステ脱毛の気軽さ

脱毛サロンと医療脱毛の違いって?

化粧をすることと同じくらいのエチケットとして、多くの女性が行っている脱毛。せっかくするのであれば、しっかりときれいにしたいですよね。自己処理にはどうしても限界がある脱毛だからこそ、プロの手にお願いするのが最もおすすめの方法です。

脱毛をしてくれる場所は大まかに分けて2つ、エステサロンとクリニックがあります。 どちらもプロの手にお任せすることに間違いないのですが、では、この違いはいったい何なのでしょうか。

それは、使われる機械の出力の大きさです。

脱毛では、光やレーザーで毛や毛根にダメージを与えて毛を薄くしていきますが、このパワーの違いが最も大きな特徴です。エステサロンで使われる機械は、クリニックに比べると出力が弱く、例えばここで10回以上の施術を行うのが、クリニックの約5回分に相当するといわれます。

つまり、クリニックで施術を行うと、同じようにきれいにするまでに約半分の時間で終わってしまうというわけです。

また、クリニックは、万が一、皮膚の赤みや痛みなどの肌トラブルが起きてしまった時には医師のフォローをすぐに受けることができます。ここまで聞くと、クリニックの方が大幅に多くのメリットがあるのではないかと思いますが、エステサロンにもメリットは多くあります

エステサロンのメリットは、肌へのダメージや痛みが少ないことです。光の出力が弱いため、痛みに弱い人やアトピーなどの肌トラブルを抱えた人にも受けやすく、中には、子供に施術を行うことができるほど刺激の少ない施術を行うサロンもあるほど。その分、脱毛期間は長くなりますが、肌への負担を考えるならばエステサロンというのも選択肢の一つです。

脱毛完了までの期間や効果が違う!

前述のように、エステサロンとクリニックでは、その使われる機械の出力の違いから、効果が表れるまでの期間に差があります。

例えば、エステサロンで10回行うのとクリニックで5~6回行うことでは、ほとんどその効果が同じです。

では、具体的な期間というのは、一体どのくらいなのでしょうか。 光脱毛もレーザー脱毛も、一度照射してから次回までの期間は約2か月~3か月。これは「毛周期」といって、成長期、休止期、退行期の毛の生え変わりの周期に合わせて行われるからであり、10回だと約20か月、つまり約1年8か月となります。

永久脱毛 皮膚科

それに比べ、医療脱毛ではその半分で済むので、約9か月程度で同じ効果を感じられます。 光やレーザーは皮膚の表面に黒く顔を出している成長期と退行期の毛にしか反応しません。

実は、全体の毛の3分の2は休止期だといわれており、ここに光やレーザーを当てることで脱毛が行われますが、クリニックで使われるレーザーのように、機械の出力が大きければ、エステサロンの光では届きにくい細い産毛にもしっかりと届くので、早く効果が表れるというわけです。

多くの人は、約2カ月で次の予約を取って脱毛に通いますが、一度照射して毛が抜けてから、ほかの毛がしっかりと生えるまで待ちたいと、3か月後に予約を取る人も多くいます。

少ない回数で、しっかりと効果を出したいという人であれば、このように3か月くらい待ってから次の施術を行うのがベター。

なぜなら、そのほとんどが毛穴の中で眠っているため、あまりに早い周期で何度も光を照射しても、回数の割にそれほど効果が上がりません。

焦って次の予約を取るよりも、気長に待ってじっくりと毛を減らしていく方法がおすすめです。

医療機関は有資格者が施術を行う

さて、エステサロンとクリニック、違いは分かってきましたか。

先ほど、この違いは使用する機会の出力の大きさにあるとご紹介しましたが、もうひとつ決定的な違いがあります。それは、施術を行う人に資格があるか、ないかということ。

エステサロンで施術を行うのは、エステティシャンです。もちろん、エステティシャンとしての研修や検定は受けているものの、施術中に何かトラブルが起きたときに医療行為を施すことができないため、もし私たちに何かトラブルが起きてしまった時には、後ほど自分で病院へ行かなくてはいけません。

クリニックでは、医療資格を持つ看護師など、専門の知識を持ったスタッフが施術をしてくれるため、施術中に何かが起きても、すぐにその場で対処してくれます。また、クリニックに常駐する医師の診察を受けることができ、問題が起きてから解決するまでの時間がスピーディで、万全の態勢でフォローしてくれるので、安心して通うことができるのです。

脱毛サロンに医師はいない!

脱毛サロンは、エステサロンです。

多くのエステサロンでは、施術中に何かトラブルが起きてしまった時に備えて、自身のサロンと提携する医療機関を必ず紹介してくれるか、入り口や受付などの分かりやすいところにその表示があります。ただ、起きてしまったトラブルをすぐに解決してくれるかといえば、そうではありません。

つまり、医療行為を行う場所ではないため、医師はいないのです。 脱毛を行う上で、一番多いトラブルが、肌の痛みや赤み、腫れなどです。起きてしまった時はそれほどでもなくても、放っておくと皮膚が黒ずんだり、どんどん悪化して完治まで長引いたりと大きなトラブルになりがちです。

このような状態には、すぐに対処することが必要ですが、エステサロンではそこに医師が常駐していないため、提携の医療機関に自ら出向き、診察を受けなくてはいけません。提携の医療機関がすぐ近くにある場合多いのですが、中には何駅も離れたところとか、隣の市や地域であることもあり、対応が遅れてしまうことがあります。

それに比べ、クリニックでは、そこに医師が在籍しているため、何か起きてもすぐに診察を受けることができ、しかも、必要であれば薬の処方を受けることもできます。また、クリニックの中に施術室と診察室があるため、どのような経緯で症状が出たのかがわかりやすく、最も適切な方法で対処してくれるので安心です。

エステサロンより医療機関!

エステサロンにもクリニックにも、それぞれにメリットがあることがわかりましたね。

エステサロンのメリットは、機械の出力が弱いからこそ、肌に優しく、痛みに弱い人でも安心して施術を受けられること。また、アトピーや子供など、肌が敏感な人に出も施術が可能なことで、このことがエステサロンを選ぶ決定的な理由となっている人も多くいます。

エステサロンでは、脱毛と合わせてフェイシャルトリートメントなどと組み合わせることができるので、脱毛だけでなく、スキンケアを兼ねて通っている人も多く、「脱毛」というよりも「美容」を目的にしている人がたくさんいるのも特徴的。

ただ、「脱毛」ということにしっかりと焦点を当て、その効果をしっかりと感じたいのであれば、クリニックがおすすめです。機械の出力が強いことで、エステサロンの光脱毛で照射しにくい細い産毛や細かな部分にもレーザーがしっかりと届き、1回の施術で高い効果が表れるのが、クリニックの最大のメリット。

また、医師が常駐しており、すぐにトラブルに対処してくれるので、初めての脱毛で心配だという人や、過去にエステサロンで皮膚トラブルを起こしてしまったことがトラウマになっているという人にも安心して利用することができます。

クリニックでの脱毛は、エステサロンよりも割高ですが、実は、かえってクリニックでの脱毛のほうが安上がりなのです。クリニックでの施術回数は、エステサロンと比べて約半分。エステサロンで回数を追加して契約をし続けることを考えると、初期投資としては高価でも、結果としてクリニックでの脱毛のほうが安くなることが多いのです。

ツルツルなお肌を手に入れたいのなら、断然クリニックでの脱毛がおすすめですよ。